←サイトへ戻る
←TRPG トップへ
片道勇者TRPG
 灰の少女とヨルムンガンド
◆トップページ
◆1 ◆2 ◆3 ◆4
◆5 ◆6
◆7話『ヨルムンガンド
◆ED話『エンディング

◆オマケ『お疲れ様会』
 - 再会
 - キャラメイク編
 - 第1〜3話
 - 第4〜6話
 - 7話〜終わり
 - イラスト紹介!
 - 皆さまのコメント
 - ごあいさつ
 - 最後に

騎士
ロリア

狩人
クスクル

剣士
マリー

理術士
ワイズマン

シース
NPC

 
 

片道勇者TRPG その後 『お疲れさま会』

 
 長いようで短い冒険を終えたプレイヤーたち。あのときからしばらく経ち、連載リプレイの編集もほぼ終えた頃、みんなで集まって『お疲れさま会』をやることにしました。 
 

再会

GM
皆さまお久しぶりです!
一同
お久しぶりでーす!
GM
そしてこれまでのプレイ、お疲れ様でした! 今回のテーマは振り返り回です!
よろしくお願いしまーす!
一同
よろしくお願いします!

 
 
GM
ということで、早速ですが振り返っていきましょうか!

我々の『片道勇者TRPG』との出会いといえば何でしたっけね。テストプレイでしょうか。
ワイズマンPL
テストプレイの頃は色々ありましたねえ。
ロリアPL
テストプレイ時と言うと2016年の5月頃までさかのぼりますね。
マリーPL
年月的には数ヶ月前くらいなのに1年以上昔の気分になってしまう!
クスクルPL
テストプレイで一番困った事ってなんでしたっけ?
ワイズマンPL
XXXXがXXXでみんなXXXだったことです!
クスクルPL
そうだ、それだっ!!
GM
その話題は言っていいのか分からないので、その辺りは避けてざっくりとした全体的な感想で行きましょう、ええ。
ワイズマンPL
XXXの話をした彼は、連れていかれました。ご安心ください。

『テストプレイのときはまだ慣れていなくて今よりも刺激的な冒険が楽しめました♪』
GM
いやーハードでしたね!

発売前にあった5月の体験会などのバージョンから少しの微調整があったんですよ。
おかげさまでプレイアビリティはかなりよくなりました!
クスクルPL
でもあまりの辛さにキャラの演技は誰もしていない、する余裕が無かった!

ほら、システム面にはもやっとしか触れてません、さすがクスクルはカワイイ。
GM
今のバージョンはプレイがやりやすくなったと同時に、難易度的には全体的にゆるくなりましたよね!
最低難易度が下がって間口が広がったというか。
クスクルPL
一番最初と比べると随分と死ななくなりましたよね。わたしらが慣れた部分もあるんですけど。

あ、攻撃命中しないで死ぬ人はここに何人かいますけど、それは置いといて……。
ロリアPL
【騎士】はダメです(諦め)。
ワイズマンPL
【詩人】よりは戦えますよ(笑顔)。
マリーPL
【詩人】も【騎士】も縛りプレイですね!
GM
ですねー。【騎士】は「かばう」系のスキルがないと足手まといチックでしたので、今回はオリジナルスキル【フォートレス】を入れさせていただきました。

【詩人】は仮に参戦してたとして、ラスト戦で活躍できたんですかね!?
ワイズマンPL
【詩人】は戦闘で「攻撃しない」選択ができるのならまた違うんでしょうけどね。
完全支援にまわれるのならまだなんとか。
マリーPL
テストプレイで1人で行動して雪原で1人死んでいった【詩人】アライグマの記憶は忘れられません。
クスクルPL
テストプレイの死亡カウントは、その、色々試した結果なのでむしろ褒められるべき! だもん!
GM
ですね! というかテストプレイ何回くらいやったのかなー、どう考えても最低でも5回以上はやってますよね。最終的に10回近くやったのかな。
ワイズマンPL
色んなケースをテストしてましたからとても覚えきれてないですね。

それだけやって一度も選ばれていない特徴【アンデッド】とクラス【詩人】。
マリーPL
縛りプレイですもんね……。

とにもかくにも火力や命中が出せないとあんまり意味がない、というのが、バッファーやヒーラーが好きな人には厳しいところだったのかもしれない。あくまで一般TRPGの話をすれば、なので、そういうところもすごく原作の『片道勇者』準拠ではありますが。
GM
バトラー寄りしかいないって話はキャラメイクのときもありましたね。

あと一番最初のテストプレイでは、イーリスをもっと活用しないと会話がほとんど発生しないことなどが分かったので、別々の場所にいることはあまり気にせずバリバリ話そうという話題が出た記憶が!
マリーPL
その辺を補うのにもイーリスでの会話が積極的に行われ始めていましたね。
GM
電話感覚で使われてるので「イーリスマホ」という単語が生み出されたりしてましたね。
本編では積極的に通話してくださって皆さまありがとうございます。

そんなこんなでたくさんのテストプレイを終え、いよいよこのキャンペーン収録を行うわけですが……。

キャラメイク編

GM
さて、温まってきたところでいよいよキャラメイクの思い出を振り返りましょうか!

皆さんはキャラメイクのとき、何か思い出深いことはありますか?
クスクルPL
個人的には「スタート時は【妖精】使えない。困った。どうしよう」ということです。
GM
ああー、クスクルさんは最初から【妖精】狙いでしたよね!

あとこれは身内話ですが、ワイズマンPLさんが【獣人】じゃなくて驚いてました。
ワイズマンPL
【獣人】は演(や)るのもいいんですが、みるのもまたいいですからね。
クスクルさんありがとうございました。かわいかったです。
クスクルPL
まぁ、わたしはカワイイで有名だからアライグマでも妖精でも何でも来いって感じですけどね。なんてカワイイんだ。
ワイズマンPL
ナンデ妖精ニ、ナツテシマツタノカ……。
クスクルPL
なんで、って、ワイズマンの中の人と同じで、なるべく色んなキャラやパターンを見せたかったんですよ……。
GM
クスクルPLさんは普段のプレイでも、ホビットやら妖精やら穴になりそうなタイプを選んでくださるのでとても助かってます!
クスクルPL
キャラ自体が穴ですけどね、すみません、好き勝手遊ばせてもらってます。
GM
一方のワイズマンさんは人間キャラがとても光っていたと思います。しぶい!
ワイズマンPL
ありがとうございます。ダメなオッサンが頑張るテーマで一度やってみたかったんですよね。

シース関連で思った以上においしく楽しかったです。
GM
年を取った人間キャラは、昔のしがらみが使いやすいのがおいしい点ですよね。

 
 
マリーPL
私個人として、ヒーラーやバッファーのほうが好みであったのですが、それが目指せないバランス(原作準拠で再現率高くて素晴らしい点ですが!)だったので、火力を重視した結果、一番やりやすそうで単純に火力を叩き出せそうな【剣士】にした記憶がありますね。

ルールがちゃんと(主にスタミナ管理で)把握できていないという不安もありましたが。
GM
普段のマリーPLさんは後衛キャラ多いほうでしたもんね。

あとマリーさんといえば、キャラメイク時やプレイ時、PCの男女率をかなり意識されていたことを思い出します。
マリーPL
(男女比意識は)個人的に、女の子ばっかりって苦手なんですよ……。
GM
キャピキャピしすぎないご配慮ありがとうございます!

私もあまりキャピキャピすぎるのはちょっとアレだったので(後半の一部男臭さの加速から目をそむけながら)。
マリーPL
後半の加速は主にTRPGでの運用が大変難しい【勇者】というクラスの特性のせいです!

あれは……あれは……。
ロリアPL
自分は単に、前回根は真面目な男PCだったから、すこし変化球の女の子にしようとしたんですよ、確か。

でもテストのときから周りが奇人変人ばかりになってたので、こりゃ1人は真面目タイプがいないとーって、ああなったような。

※今回のセッション参加PL全員が以前違うTRPGセッションの同じ卓でプレイしています。
マリーPL
ロリアさんの中の人はなんだかんだストッパーというか、調和役というか。

一番大事なベースを担当されているかんじがしますね。
GM
ですね、ロリアさんは最後まで正当派にまじめ少女キャラで言うことなしのプレイ!!

ギャグチックな行動ができる余地があるとロリアPLさん的に動かしやすかったのかもですね。
ロリアPL
でもいまログ見たらほら、ロリアの初期案こんなこと書いてましたよ!

「外では頑張る系少女ながら家に帰るとジャージ姿で和室ちゃぶ台におつまみとビール広げてテレビ見てる系で」
ワイズマンPL
ハジけロリアさんの芽もちゃんとあったんですね。
マリーPL
脳内で、いつもロリアさんが苦労してるシーンで「でも、この人休日はジャージでビールのんで横になってるんだよな……アラサーなんだよな……」って思ってました。
GM
今回はお外の展開しかなかったからね、しょうがないね……。
ワイズマンPL
クスクル君とマリーさんが激しくハジけてたからロリアさんがバランスをとってくれたんだ……。
マリーPL
いやあ、たまにはマジメ系じゃない人をやろうと思って……。

バッファーやヒーラーが好きという好みから、キャラクターがついつい毎回マジメになりがちなので、結構トバさせて頂きました。マリーを演じているのはとっても楽しかったです。
GM
ちなみに、実は公開されたリプレイではマリー時代よりマーシュ時代の方が長かったんですよね。

2、3回=マリー 5、6、7回=マーシュ なので。
ワイズマンPL
そうなんですよね。ズマン視点では1回一緒に冒険したあとはずっと全裸男だったんです。

ローズマリーさんとワイズマンは性格的にガツガツぶつかりあうことを想定してたのでテストプレイのときもそれを意識してたんですが、まさかそれが活かされる前に転生してしまうとは。
GM
ワイズマンはもっと危ない方向に行くかと思ったら割とまとも系になっちゃいましたね。黒かった時代は短かった。
ワイズマンPL
本当は腹黒いロールをどんどんしていくつもりだったのに、あまりにヘナチョコすぎて腹黒くする余裕がありませんでした!

チンピラにすらかなわなかったよ……。
ロリアPL
2話のワイズマン見てくださいよ、マリーいないところでポンコツとか言ってますよ。
GM
そうだった! でもそのあたりが黒さのピークだったかもしれません。
ワイズマンPL
ワイズマンも成長しましたからね。

今ならマリー(マーシュ)の目の前でポンコツって言えますよ。
GM
ある意味で成長だけどー!!!
ロリアPL
それただ気心の知れた仲なだけだ!
マリーPL
そうですね。成長しましたもんね(【聖剣レーヴァンテイン】を構えながら)。
ワイズマンPL
【守護】します。殴られたら炎ダメージを【中和】します。どうぞ。
クスクルPL
ワイズマン! マリー! わたしのために戦うのはヤメテ!
マリーPL
ちなみにプレイ回数自体はテスト含めマリーのほうが多かったので、なんだかんだマリーのほうがやりやすいし、愛着もとてもあるんですよね。

本番ではマーシュのほうが多いけど、マーシュは(バランス的に)脱がざるを得ないところ以外は結局マジメな人になりました。
クスクルPL
マリー&マーシュには色々と突っ込んでもらって助かったような気がする。
結局はあれだ、ツッコミ娘だったんだ。ふふっ。
GM
あと、マーシュさんが脱いだ後の展開が毎回面白かったですよね。

【勇者】を担当してくださってありがとうございます!
マリーPL
自分が根が真面目な所もあり、脱ぐ時に毎回、心の中で嵐が吹き荒れていたのはここだけの話。
GM
アッーすみません!!
クスクルPL
あ、そういえばプレイする前は【剣士】をやろうと思っていた時もあったんですよ。

【剣士】というか火力職担当というか……【勇者】になって脱ぐことを前提に……結果的にはこの編成で良かったと思います。はい!
GM
クスクルさんが脱いでるとなんだか日常な気がしないでもない!
マリーPL
こっちはマリーで最後まで【剣士】をするほうがよかったんじゃないかなぁ! と思ったりもしましたね!

でも前述の通り、女の子ばっかりっていうのが苦手なので、クスクルが性転換をした時に、男性にする、という案を考え、結局そうしたという記憶。
クスクルPL
実は脱ぐのはわたしかワイズマンの中の人がいいなーと、最初はぼんやりと考えていたのですよ。ええ。

あ、脱ぎたい、自発的に脱ぎたい方っていらっしゃいました?
GM
いるのかな?
ワイズマンPL
うーん……男しか脱がないのはバランス上の問題がありますので今からでも女性にゼヌーラさせましょう!
GM
女性っていまクスクルさんとロリアさんしかいないじゃないですか!
子供っぽいキャラを脱がせると規制的に危険そうなのもありますが、そもそも私はもっと盛ってある方がいいんですよ!!
クスクルPL
何を盛ってあるのがいいんですか、乳ですか、乳、このメロンパンを装備すれば、クスクルだって。

 
 
ロリアPL
そういえばロリアの命名由来は確認したらキャラメイク時の話には編集されて載ってませんね。

ロリアラサーという酷い由来のやつ。
GM
えー!? 思ったよりひどい由来だった。
ワイズマンPL
ロリアさんってそんな由来だったんですか!

本編ではあまり年をとってるイメージはありませんでしたよね。
強いて言えば性格が落ち着いてるあたりがそうなのかな。
ロリアPL
ロリ成分は完全に死に設定でしたね。
最初に14歳くらいの見た目と言いつつ子供と間違われるみたいな描写一度もありませんでしたし!
GM
知らない人から少女扱いされる程度ならありましたが、子供には間違えられませんでしたね。

見知らぬ年上の人に意外と出会ってないのと、あと話し方が大人びていたので子供扱いしにくかったのもあるかもしれません。
ロリアPL
そういえば、最初期のロリアは性格が落ち着いてるとかそんな考えは微塵もなかったんですよ。
GM
えっ、もしかしてロリなロールプレイまで予定してたんですか!?
今の状態からだと想像もできない!
マリーPL
ロリなロリアさんも見てみたかった、が、そうするとカオスなメンツはまとまりがなくなってたかも、というところで、苦労をおかけしましたね……!
ロリアPL
ロリアのキャラを形作ろうとセリフ考えてた時期のログも残ってますけどこんなんですよ。

「わたしの名前はロリア、17歳です! 新人騎士としてまだまだ未熟な所はありますが、よろしくおねがいします!!」

「この辺って15年前までは何もない村だったはずなんですけどねー、あそこの大樹も昔はもっと小さかったんですよ」

「あ、いえ、えーっと……両親から、そう、両親からそう聞いたんですよ!」

こんな感じでキャラ作りつつも時々ボロを出すような年齢詐称系アイドル騎士。
GM
おお、ちょっと気弱さというかたどたどしさもある感じでセリフからロリさが伝わりますね!
マリーPL
でも周りをいさめるのに必死でそんな余裕はなくなっていったロリアさんでした……。
GM
うん……始まった瞬間からクスクル両断しようとしてたりしてすっかりそんな気配がなくなってしまった。
クスクルPL
クスクルは悪くないよ。ほぼ確実にタクーシが悪いと思うよ。
GM
お、おう……。
ロリアPL
まあ上のままだとうさ○んにしかならなかったので結果的に良かったかと思います。
ワイズマンPL
見た目だけ少女だったのは主にタクーシに絡まれるための設定でしたね……。

 
 
クスクルPL
クスクルは男女兼用しても大丈夫な感じの名前に、一人称のボクもボクっ娘がいいという話がどっかにありましたよね。一人称も兼用。
GM
少なくとも私はそれを提案させていただいた気がします。ボクっ子。
クスクルPL
そうそう、GMが言ったんですよね。
ワイズマンPL
ワイズマンの名前の由来は特に捻りがなくて。理術士になるからワイズ(賢い)マン。

シンプルなのでした。
マリーPL
私のほうは、『<自家製>片道勇者TRPG』でもハーブの名前を由来に耳長人をさせていただいていたので、今回もそれで名付けたという由来がありますね。
◆『<自家製>片道勇者TRPG』とは

 冒険企画局さまの『片道勇者TRPG』より前に、2013年のエイプリルフール企画で自作したTRPG、『<自家製>片道勇者TRPG』のこと。リプレイもあるので気になる人はどうぞ。

<自家製>片道勇者TRPGリプレイ
 http://www.silversecond.net/contents/game/TRPG/katamichi_trpg/Replay00.shtml
 
マリーPL
マリーはローズマリーが由来で、GM要請で「名前に伸ばし棒を入れて頂きたい」というのと、「ローズだとロリアさんと字面がちょっとかぶる」というのでマリーというほうの略称をとりました。

マーシュのほうはマーシュマロウ(マシュマロの原料)が由来です。
GM
そうそう、名前は「文字の形」だけで個体識別できるようにとは最初に要望出してましたね。
文字数や「ー」の有無などで差を付けてください、という感じで。

文字の形や文字数が完全に一緒だと名前がまぎらわしくなるケースがあるので、この辺りの配慮は重要だと思ってます。
ワイズマンPL
その命名の結果、ローズマリーとワイズマンでも“ズマ”がかぶるなーと思ってましたが黙っててよかったです。
マリーPL
テストプレイ中、マリーのことは、ズマリーって呼ばれてましたものね!
ワイズマンPL
不幸コンビのズマコンビ。
ロリアPL
ズマリー、ズマン!
マリーPL
ズマリーズマンってすっごい自然じゃない呼び方!

結果的にズマン、ズマリーって本番でも呼んじゃってて、地の文ではわりとややこしいことになった、かもしれない……!
GM
ですよ! あまり直感的じゃない名前!

あまりに紛らわしいと感じたら編集時に直させていただいてますのでご容赦ください。
ワイズマンPL
ズマンって最初に呼んでくれたのはクスクル君でしたっけね。なつかしいなあ。
クスクルPL
あだ名をつけて呼ぶのは覚えやすいでしょ?
ワイズマンPL
あだ名。今回は皆さんお互いのあだ名は付けてませんでしたね。
テストプレイ時はクスクルさんのことを「タヌキ」って呼んでたんですが本番ではあまり接点が無くって残念でした。
GM
あだ名ってもう十分短い名前ですし! というかズマリーに至っては逆に長くなってません!?

しかしキャラや互いの関係に関しては、テストプレイの時点から皆さん色々と模索してくださっていたんですよ。皆さまの準備や計画なしではここまでできなかったと思います。

特に、最初に作ってくださった各キャラの設定はクエスト作成において非常に役に立ちました! どう活かされているかは本編でご覧ください。

第1〜3話

- 第1話『騎士と狩人』

GM
さて、では第1話『騎士と狩人』の振り返りから行きましょう!
第1話のPCはロリアさんとクスクルさんです!

このキャンペーンでは「別世界の勇者が同じ世界に集う」という展開をやりたかったので、最初は2人ずつプレイしていくことにしました!
ワイズマンPL
この回、運もかなりよくて、魔王も楽勝で倒してましたね。
マリーPL
そしていきなり対ラスボス装備(【火炎のシルバーランス】)を出した伝説の回。
GM
そう! 【火炎のシルバーランス】なんていう、このキャンペーンにおける最終兵器クラスの装備を作りましたね。

私はGMしながら「この2人の豪運ヤベー!」と思ってました。
ロリアPL
ああ、【火炎のシルバーランス】……本来ならラスボスまで使える武器だったのに!!!
ワイズマンPL
【シルバーランス】……いい槍を亡くしましたね。
マリーPL
決戦に入る前に消えてしまった【火炎のシルバーランス】、フラグ回収お見事でした。
クスクルPL
ロリアの心の傷に塩を塗るのはヤメテあげて!
GM
あれは残念でした……まあ最終決戦でも全然ロリアさんの攻撃が当たらなかっゲフンゲフン!
マリーPL
ケフンケフン!
クスクルPL
そう、どうせ当たらないんだから。
マリーPL
ロリアの傷に塩をぬるなといった舌の根も乾かぬうちに追撃するクスクルさん。
ロリアPL
騎士はダメです(2度目)。
GM
はい……。
ワイズマンPL
大事な装備が容赦なく破壊され、人の命もまた軽いところが『片道勇者TRPG』ルールの魅力の1つだと思ってます。
GM
諸行無常!

 
 
ワイズマンPL
あと、後発の2話組としては読んでてすごく面白くて、プレッシャーになるほどでした。
なんだこの完璧なコンビ!?
GM
ボケとツッコミが完璧!
ロリアPL
これは完全にクスクルPLさんの功績ですね、ボケにボケを重ねてくる姿勢。
クスクルPL
いやいやいや、クスクルとしては、タクーシ(GM)が最初から飛ばしていたので焦りましたよ。
GM
タクーシは思ったより変になったというか、クスクルさんのアンロック要望にあった【エッチな】をどう覚えさせようとすべきか必死に考えて出したキャラなんですよ!!
マリーPL
クスクルさんは自動習得で【エッチな】を覚えてくださりそうですよね(中の人が最初から自動習得されているし)。
クスクルPL
何を言っているんですか! ロリアの尻尾の匂いを嗅ぐとかクスクルの中の人がチャット中にドン引きしたのを覚えていますよ。たぶん!
GM
たぶん!? なおタクーシはケモノやロリアさんの臭いが大好きなだけのただの変態ですからね!

 
 
GM
それと、1話のロリアさんには井戸の中で声を出せないようにされた上に縛られたシースを救出するクエストがありました!

クスクルがシースを水責めにしたのもいい思い出です。
ロリアPL
水責めに始まったクスクルのシースいびり。
クスクルPL
アライグマキャラを模索していたので、もう洗うしかないなと、ただそれだけですよ。
ワイズマンPL
クスクルくんがタヌキではないことの主張ですね。

テストプレイのときは、クスクルさんがもう洗いに洗いまくっていた記憶があるんですが、本編だと妖精になっちゃったので控えめでしたよね。
クスクルPL
衣類を濡らして透けてタクーシと共にセクハラとか、まったく考えていませんでした!
GM
ゲフン! ちなみに、シースは今回の「かわいそう半獣人」枠でした。

NPCヒロインとしてほどほどに目立ってくれたと思います。
ワイズマンPL
被セクハラ担当のネムリさんとそれ以外の不憫担当なシースできれいにわかれましたね。
GM
シースもややクスクルさんの標的になってましたけどね!
マリーPL
さらに言うとクスクルさんは無差別攻撃ですからね。
ワイズマンPL
性別関係なくですからね。さすがです。
クスクルPL
そんな、クスクルだって相手は選んでますよ。
GM
確かにタクーシにはアプローチしなかった!
マリーPL
そうですね、ズマンのシャツを嗅いだりはしませんでしたね。
GM
で、そんなクスクルさんはタクーシとの旅!

タクーシが途中で魔王に燃やされたのもいい思い出です。
ワイズマンPL
ああ、まさかしょっぱなからモブが燃えて終わるとは思ってませんでしたね。
というか忘れてました。

クスクル君とロリアさんのポップでコミカルな旅の裏でタクーシが死んでたんでした……。
GM
そうですよ! 過酷な旅だったんですよ!(ポップに)
ロリアPL
タクーシは死に際もギャグだったような……。
クスクルPL
タクーシって鎧脱いだら、中身あるんですか?
ワイズマンPL
ないの!?
ロリアPL
まさかー。
GM
中身はありますがモブキャラなので顔が影になってて見えないんじゃないですかね。
ロリアPL
こう鼻から上が黒くなってて。
GM
そうそう。
マリーPL
昨今ではモブ立ち絵にもちゃんと顔がついてることが多いのに!
GM
っていうか、タクーシって鎧を着てないと中身が出ても誰か分からないやつだわ!
クスクルPL
タクーシが武器持ってきてない件ですが、「身体の真ん中にロングブレイドがあるじゃないか!」と言えば良かったんですよね、すみません、ロングブレイドさん。

え? ダガーくらいですか?
マリーPL
マリー が クスクル の発言を ミュートしました ▼
GM
ロングブレイドはともかく、タクーシってエッチだけど意外と性を感じさせないですよね。全身鎧だからかな。

そしてタクーシは予想以上に扱いやすかったのでエッチなキャラに自信が付きました!
今度から運良くPLできたら挑戦してみます。
マリーPL
GMのエッチなキャラ……(頭を抱え込む)。
ワイズマンPL
GMのPCといえばフードをかぶった意味深な美人のイメージがありますが、すけべキャラも楽しみですね。
クスクルPL
誰がエッチな対応をするGMになるのか、大変だなぁ。
GM
クスクルさんが言う!?
マリーPL
クスクルさん……。
クスクルPL
わたしのGMは……結構真面目ですよね、異論は認めます。すみませんでした。
マリーPL
?????
GM
いや実際まじめなんですよ、クスクルさんがGMすると。
マリーPL
そうなんですよね。ハイファンタジー王道でマジメなんですよね。GMやってる分には……!
ワイズマンPL
そうだっけなあ……マジメだっけなあ……。
マリーPL
また別の話になるんですけど、自作TRPGルールなどを遊ばせていただく機会がありましたが、その時も重厚ハイファンタジーといったていで、マジメな空気でした。
GM
はい。
マリーPL
あ、そういえば「本当にかわいいキャラクターは自分でかわいいって言わないんだよ!」というツッコミが最後まで無かった。
GM
「はいはい」って感じでクスクルさんが総スルーされてる!
マリーPL
いつものことでしたね。
GM
はい。
クスクルPL
自家製以来のスルースキルめ……。
マリーPL
もうツッコミいらないかな、という信頼ですよ(棒読み)。

 
 
ロリアPL
そういえば、1話が終わってから見返してみると、ロリアの発言ではなくロリアPLとしての発言が多くてここは次以降に活かそうって話をしてた気がしますねー。
GM
おお、そういえばそうでした! その辺りも色々試行錯誤してくださってて本当に助かります。

ちなみに、1話の終わり際には、魔王を倒したにもかかわらず強制的に闇に呑まれるようにしました。
『片道勇者TRPG』のプレイで魔王を倒すと、いちおう世界が救われてめでたしめでたしな感じが出ちゃってイマイチ不穏な感じが出ないのでこうしてみた次第です。

魔王を倒せばいちおうながら世界が救われるのって緊張感が抜けちゃいそうなんですけど、実際運用するとどうなんでしょうね。
マリーPL
そのへんはまあ、原作準拠……!
ワイズマンPL
公式リプレイではそのあたり補完してませんでしたっけ?

普通に魔王を倒して寿命を全うしたあとにまたループしちゃう的な。
クスクルPL
そうそう、公式だとその後の生活が描かれてましたよね。
GM
はい、ルールブックの公式リプレイでは魔王倒した後にめでたしシーンが入ったんですけど、あれは2回完結でしたからそれでちょうどよかったんですよね。
ロリアPL
メタ視点で言うところ、キャラデータは引き継ぐけどその世界のキャラはそこで完結しているんだぞって感じで。
GM
個人的には不穏エンドの方が次に続く感じが出て好みかなーという感じがするので、原作イメージにかかわらず、遊ばれるGMさんはその辺りも自由に考えて演出してくださいね!
クスクルPL
魔王が不穏な事(または意味深なこと)を言って死ぬ、そして数年後みたいな感じで。

……ここでの「意味深」はエッチな方の「意味深」じゃないですから、断じて違いますから!
ワイズマンPL
エッチな魔王、いいと思います。
クスクルPL
はいてない魔王。
マリーPL
なるほど。はいてない。

……クスクルさんと発言内容が被ったのが本日最大の失態です。
ワイズマンPL
ズマリーの中の人の本日最大の失態をどんどん更新していきましょうね。
GM
はいてないと言えば、TRPG版の魔王さんの服装がかなり過激なんですけど皆さま的にはどうだったんでしょうね。監修したときは「問題なし!」と思って特にツッコまなかったんですが。
ロリアPL
魔王ってズボンでは?
GM
原作ゲーム中のドット絵だとズボンですが、モタさまによる『片道勇者TRPG』版の魔王のデザインは以下のような感じでした!(※以下は私が描いたものです)

マリーPL
ふつう に はいてない。
ワイズマンPL
痴女だ。
ロリアPL
痴女では(直球)。
マリーPL
痴女ですね(直球)。
ワイズマンPL
鼠径部が。 ※鼠径部=そけいぶ、太ももの付け根のこと
マリーPL
これ右足を踏み出したらアウトでは。
ワイズマンPL
モタさんありがとうございます。
クスクルPL
これはタイツですかね。タイツかもしれませんよ。それはそれでいいです。好きです。タイツがすきです。
GM
そうですね、肌色のタイツだと思うことである程度は冷静でいられそうです。
マリーPL
しかしこの姿だと、男性と勘違いするのはなかなか難しそうだ!
GM
TRPG版だと最初から女性だと明記されておりますので!
ワイズマンPL
余談ですが、『片道勇者TRPG』の冒険ゲームイベントでは(モタさん版の)魔王のイラストの任意の場所に封印シールを貼るんだ! というイベントがありました。
GM
ブッ。この文脈で「任意の場所」という単語に笑ってしまう!
ワイズマンPL
とりあえずそのスリットを封印しておきましょうね……。

- 第2話『剣士と詩人』

GM
ではそろそろ2話に入っていきましょう。こちらはローズマリー&ワイズマン回!

マーシュが昔は女子だったことを思い出すとなんだか不思議な感じがしますね。
マリーPL
えっ、今でも私はマリーのほうが愛着ありますよ?!
GM
そうそう、内輪での総プレイ数で見たらマリーさんの方が多いのに!

そしてお二人のダイスが爆発してましたね! 悪い方向に!
マリーPL
いきなり血生臭くしてすいませんでした(土下座)。
ロリアPL
冒頭から判定がやばい回だ!
クスクルPL
ダイス操作してますよね。悪い方に!
マリーPL
プレイヤーのデフォルトスキル、不運体質<バッドフォーチュン>が発動したんです。
ワイズマンPL
王様からの贈り物を開けられない。NPCを襲ってるチンピラを撃退できない。etcetc……。
GM
でも以前のプレイでも、ロリアとクスクルさんの中の人って出目がいい方で、ワイズマンとマリーの中の人って基本的に不運な出目だったじゃないですか。

運って本当にあるんですね……と思ってしまう!
ワイズマンPL
2人揃ってここまで不運だとは思いませんでした。巻き込まないでくださいますこと?
マリーPL
巻き込んだ覚えはございませんことよ?
ロリアPL
でも最終的に私は不運ダイス側になってたので、やっぱりどこかで収束するんですよ、ええ……。
マリーPL
そうですね、最後にダイス爆発してましたし、私! 
GM
ロリアさんは地味に判定じゃないところでよく1ゾロ振ってましたしね。
そしてマーシュさんは最後、実に勇者っぽかった!
マリーPL
びくびく「悪い目が出ませんように!!」って祈りつつ振ると悪い目が出て、「はっはっはファンブルどんとこい!!」ってどうにでもなれって気分で振るといい出目が出る気がしています。
クスクルPL
クスクルずっとダイスよかったよ。
ワイズマンPL
クスクル君だけは全体的に好調だったんですよね。つよいや。
GM
クスクルさんはチート級!
ロリアPL
クスクルさんにはこれからファンブルしかでない呪いをかけましょう。
ワイズマンPL
しかしこれだけ悪い出目が続きながらも魔王は普通に倒せるんですからズマリーさんは強かったですね。

※【詩人】は戦力外
マリーPL
【剣士】という職業のポテンシャルの高さが凄いんですよね。
ワイズマンPL
耳長人の初期装備が高性能ってこともあってそれはもう恐ろしいほどに。
マリーPL
毎回増える父上の形見【耳長の細い剣】。
ロリアPL
本番でも酷かったですね、耳長貯金。
GM
資金的に強すぎるのに加えて性能的にもなかなか強い!
ワイズマンPL
次の機会があったらちゃんと【高価な耳長の細い剣】をつくって金策しましょうね。
クスクルPL
耳長貯金は便利なんだけど、耳長剣を持ってると商人に会えない呪いが……。
ロリアPL
そうは言いますけどこのセッション、全体的に商人の遭遇率異常では。
GM
確率的に世界の旅D66の「13:大荷物の商人」が出すぎでしたね!
ワイズマンPL
その商人に2回あえなかったらどれだけ苦労してたことか!
マリーPL
クスクルさんのダイスがチートすぎるんですよ、なんですかあの商人遭遇率は!
クスクルPL
知らないよー、ダイスに聞いてよ!

 
 
GM
さて2話といえば勇者のアレン君!

ちょっとスタートに意外性を持たせたいと思ってニセ勇者ポジションのキャラを一度は出しておきたいなと思っていました。
マリーPL
アレン君のこと、最初のシーンではしらないフリしてますけど、クエストの関係上最初から存在を認知していたんですよね、私。
GM
そうですね。えーと、どんなクエストだったかなーっと。
マリーPL
鎧をおいて行ってくれなくて「GMー?!」って突っ込んだ記憶があります。
GM
あ、【チェインクロス】もらいそこねそうになったヤツだ……。
マリーPL
あれ、あのまま【チェインクロス】をもらいそこねてたら、魔王戦で急に発生したりしたんでしょうかね!
GM
GMの不備なので湧いてくると思います!

ちなみにアレン君、能力はすばらしいけど人格的にはイマイチというか、冒険のしすぎでスレてるというか、原作ゲームのやり込み済プレイヤーっぽい人格をイメージしたキャラでした。

そして<自家製>片道勇者TRPGでも同名の兵士が出てます。
クスクルPL
あー自家製の衛兵A。
マリーPL
自家製の衛兵Aと同一人物ですよ、アレンくん!
クスクルPL
同一人物なの!?
ワイズマンPL
そんな繋がりが!?
GM
同一人物じゃなくて「名前が一緒」くらいですね! もしかしたら魂は一緒かもしれない。
クスクルPL
自家製の方は結構カッコいい役回りだったのに……。
マリーPL
ちなみに婚約者の名前も同じですよね、アレン君。
GM
そう。自家製では、ワイズマンの中の人のPCが婚約者コリーナに手紙を届けてましたね。
ワイズマンPL
いましたね、そんな人が……懐かしいなあ。
GM
ああ、そうだそうだ、あとアレン君がキラーハウンドをトレイン(倒さず逃げながら連れ回すこと)してたことを思い出しました。
クスクルPL
なんですか、強敵をトレインで街に逃げ込んだらダメなんですか! わたしもやってますよ!(原作で)
ワイズマンPL
不幸な事故です(真顔)。
GM
魔王トレインはよくやるよなーみんなーハハハ!
ロリアPL
衛兵に魔王押し付けてもいいじゃない!
ワイズマンPL
たまたま運悪く魔王が街にやってきちゃっただけですからー。
マリーPL
あっこれ原作でトレインして村壊滅させてる悪い人たちばっかりだ……。
私はやらないタイプですよ!!
ワイズマンPL
意図的でなくても魔王を連れてマラソンするエンディングを狙うとそうなっちゃうことが多くて、挙句には魔王様が町人に返り討ちにされたりして。
GM
あるあるですね!

 
 
GM
そして2話のこちらでもシースが登場し、ワイズマンに助けられます!

全部の判定に失敗してワイズマンはゴロツキにボコボコにされましたが、それでも助けられたのです!
ワイズマンPL
チンピラなど軽く追い払ってみせる! → やっぱりだめでした。
クスクルPL
フラグ即回収がすごい。
ロリアPL
【詩人】には荷が重かったよ……。
マリーPL
ワイズマンの運命が始まった回ですね。この時はまだ娘設定はなかったんですよね?
GM
いえ、2話セッション前に「よかったらシースをワイズマンの実の娘にするー?」って質問をこっそり投げていました。そのときは、最終判断は保留という雰囲気でしたけれどね。

おかげさまで、今となってはそれ以外考えられない展開になりましたね!
マリーPL
既定路線だった!
ワイズマンPL
娘はかっこよく助けたかったんですけどね。

かっこよく助けてからズマリーさんについてあることないことを吹き込んでやろうと思っていたんですが。残念です。
マリーPL
娘にそういう教育するパパ、よくない。
クスクルPL
ズマンの中の人のダイス運に期待してはいけない。
GM
全部失敗してもシースが無事に仲間になるようにセッティングしておいてよかったあ……と思った一幕でした。
ワイズマンPL
普通そこまで失敗しませんもんね。【覚醒】を使い果たしてダメだなんてハッハッハ。
GM
ワイズマン、【覚醒】! 出目1! もっかい【覚醒】! 出目1!

( ゚д゚)
マリーPL
普通じゃないのが我々ズマン族です。
ワイズマンPL
チンピラに遭遇する前に商人から【試練の腕輪】をもらっていたのも何かの暗示だったのかもしれません。
マリーPL
装備してもしなくても襲いかかる試練。
GM
色々考えさせられます。

どのみち失敗するなら【試練の腕輪】を装備してた方がお得だったっていうね!
マリーPL
ワイズマンさんにそこまで失敗したいという気持ちがなかったでしょうから、ね! 結果論!
クスクルPL
この頃のズマンは卑屈で嫌味で口の悪いオッサンだったけど、【試練の腕輪】を受け取ったことにより、このままではダメだと、そう改心したのかもしれない。
GM
そういう流れにするのも面白かったかもしれません。
ロリアPL
今となっては卑屈な頃を回想されると悶えるかもしれないワイズマン。
クスクルPL
オッサンなのに中二病だったのか、ズマン。
ロリアPL
黒歴史を知る者たち。
ワイズマンPL
当時のことを知っているズマリーは消そう。
クスクルPL
は、イーリスの記憶がクスクルの中に……うあー、ズマンなんて酷いヤツなんだ……うあー。
マリーPL
シースも、最初の頃の(チョイ)悪ズマンのことはしかと覚えているんだよな……。
GM
シースは覚えてるけど徐々にまともになっていくワイズマンに惚れ直す展開ですよ。
ワイズマンPL
最初はおもいっきりダメなオッサンを演じようと思ってたんですが、チンピラにボコられたところにハキムさんの導きもあり、この次は普通に更生しちゃったんですよねー。
マリーPL
もっとダメな時期のズマンを楽しみたかったマリーでした。
ワイズマンPL
あと1話くらいダメオッサン期間があってもよかったのかもしれません。

もっとマリーさんに強くあたりたかったです(これは後のマーシュに対してぶつけられました)。
マリーPL
ひどいや!
GM
やっぱり苦しい環境によってワイズマンの心が矯正されていった気がしますね、なんだかんだでよい流れだったと思います。

挫折を知ってやさしくなれるんだ……!
クスクルPL
ズマンのあのシルクハットに怪盗ちっくな服装で失禁してほしかった。
ワイズマンPL
その服装も魔王に燃やされましたね……。

恥を忍んでズマリーにもらったパジャマも燃やされましたね。ひどいや。
GM
スッポンポン!
ワイズマンPL
こんなんでどうやって腹黒オッサンプレイができるっていうんだ!

 
 
GM
あ、あとすごくどうでもいい話!

ワイズマンは「賢者」って意味ですけれど、実は「ハキム」も「賢者」って意味でした!
ロリアPL
ああ、だから同じ名。
GM
はい、そういう意味で同じ名前の師匠だったんですよ。
2話だけ読んだだけだとなんのこっちゃですけど。
ワイズマンPL
アラビア語でしたっけ、ハキム。
GM
確かそんな感じだったと思います。hakimだったかな。
マリーPL
へぇー、そうだったんだ……!
ワイズマンPL
同じ名前のーについて色々突っ込む前に魔王さんが来ちゃったんですよね。こないで。
GM
でも道中のお二人の出目は散々でしたが、割と無事に魔王を倒せちゃいましたね。
クスクルPL
あ、タクーシの名前の由来も知りたいなー。
GM
タクーシは一人称が「わたくし」だったからです。

ワ“タクーシ”
クスクルPL
がーん!!!
マリーPL
ヘイタクシー! じゃないんですね。
GM
タクシーとは関係ありません!!
ロリアPL
むしろそっちが由来かと思ってたのに!
クスクルPL
ワタクシはロリア隊長のスカートを、ロリア隊長の手でたくし上げしてもらいたいですぞ!
ワイズマンPL
(ロリアに踏まれるクスクルくんの姿がみえる)
クスクルPL
(ボクじゃないよ、タクーシがそう言ってたんだよ)
GM
あとついでに言っちゃうと、シースの名前の由来は「花鞘」って単語でした。

勇者たちが育つまで見守ってくれる感じの立ち位置という意味を込めて「花鞘」=「シース」と名付けたつもりなんですが、保護者というよりは被保護者だったわ……。
ワイズマンPL
花鞘! なるほどそういうお名前だったんですねー。
クスクルPL
なんと、シース死すって言いたかったからじゃないのか!!!
GM
違うよ!!!
ワイズマンPL
花のニュアンスはしらなくて(カバーなのかな?)くらいに思ってました。
GM
普通にカバーって意味もありますね! 単純に「鞘」って意味で。
マリーPL
花鞘ってなんだろ? ってググってたら、真っ先にシースって出る……! 
GM
「花鞘」は咲く前のつぼみを守る葉っぱ、というか鞘っぽい部分ですね!
マリーPL
なるほど、ありがとうございます!

- 第3話『闇と勇者』

GM
第3話! いよいよここから「監獄世界」での冒険が始まります!

3話のPCはロリア、クスクル、マリーでした!
ロリアPL
確か攻撃判定が心許なくて【筋力】特化にシフトした覚えがあります。
GM
ロリアさんもクスクルさんも、ここでやっと戦闘に本気な特徴にしてましたっけね。騎士はそれでも辛いけど。
ワイズマンPL
あとズマンの人格と肉体が平たくなった回ですね。
GM
いきなりワイズマンがペシャンコにされる事件から始まりちょっとホラーチックでしたね!
ワイズマンPL
いまおもえば、ヨルムンの“目”から見ていちばん潰したかったってことなんですかね。見た目の危険度的に。
GM
狙われたのは、たぶんお城でシースがずっとワイズマンを見てたからじゃないでしょうか。

ヨルムンガンド「ターゲット、ロックオン! ピピピ……」
ワイズマンPL
見られたら死ぬ!
クスクルPL
見た目の強さっていうズマン論法で行くと、パッと見クスクルが一番役に立たないっぽい!!!
ワイズマンPL
アライグマの獣人と妖精なんて戦力に見えませんよね。実際は一番頼りになるアタッカーなのに。
GM
ですねー。実際の戦力的にはクスクルさんが一番狙い目っぽい気がするんですけれど。

あと、3話ではクスクルの弟子、狩人レインが登場しましたね!
ワイズマンPL
クスクルくんが山登りをしながらレインを押し上げたりするようなシーンもありましたねそういえば。
クスクルPL
レインの尻は良かったよ。
GM
ちなみに、レインは私の電子書籍『片道勇者開発記』のサイドストーリーに登場する主人公の1人です。フリーダ王女の親友にして(ネタバレ防止)です!
マリーPL
レインは(ネタバレ防止)な成分で大好きだったんですが、まさか……まさかこんな世界線があろうとは……!
ワイズマンPL
開発記のサイドストーリーは原作で影が薄かったキャラクターが一気に好きになる内容だったのでご興味ある方は是非(ダイレクトマーケティング)。
◆『片道勇者開発記』サイドストーリーについて

 ファンブック『片道勇者開発記』に収録されているサイドストーリーの主人公は、なんとフリーダ王女とレインの2人! 2人の子供時代から、世界が救われるまでの間の少し切ない物語が繰り広げられます。興味がある人はよければぜひ!(税込500円)

 『片道勇者開発記』公式ページ

片道勇者
開発記
 

 
 
ロリアPL
いやーこの回はクエストが楽しかったですねぇ。
GM
そう、ロリアさんのはヨルムンガンドに操られて味方を攻撃するクエストだったんですよね。
ロリアPL
いつ攻撃を味方に繰り出してやろうかって考えるのが楽しくて楽しくて。
マリーPL
コワイ!(狙われた人)。
クスクルPL
いま見返すと、ロリアが色々伏線はってますよね。
GM
そうなんですよね、ロリアさんありがとうございます!
マリーPL
伏線がまさか自分が刺されることにダイレクトにシフトしていくとは思いませんでした。
ワイズマンPL
TRPGは殺伐とするに限るぜ!
GM
ヨルムンガンドにとって「半獣人」が都合のいい存在であることをアピールしたかったのと、監獄世界の殺伐感を出したかった回でしたからね!
ロリアPL
最初はクスクルとマリー2人が居るタイミングで2人同時に切りつけようとしてたんですよね。

合流しないでやんの!!
GM
恐い!
ワイズマンPL
このルール、シノビガミやインセインなどのサイコロフィクションの流れを汲んでクエストをヒミツにする要素があるんですけど基本は良い効果ばかりなんですよね。
マリーPL
ですね、基本いい効果。だから本当に味方がヤバくなるものがあるなんて想定外でした!
ワイズマンPL
そのなかで唯一他人に仇なすクエスト! お花畑のなかの一滴の清涼剤!
GM
ワイズマンさんの清涼剤とは一体。
クスクルPL
ワイズマンじゃなくて、ダークワイズマンが来ちゃったみたい。
マリーPL
心がスカッとするダークマターみたいなのですかね……。
GM
いちおうあのロリアさんのクエストも、結局は仲間を生かした方がお得って内容だからー!!!

でも結局【覚醒】でさらにダメージを増やしてたロリアさんであった。
マリーPL
ロリアさん、正直にいってください。殺すつもりでしたよね?!
ロリアPL
いえ、斬って困惑させるだけのつもりでしたよ!!(【覚醒】でダメージ増えた件はなかったことに)
クスクルPL
刺した後、ぐりぐりしちゃったのね。
マリーPL
そうは言っても体(ダイス)は正直なようですね。
ワイズマンPL
ダメージを減らす意図だったとはいえ殺意のほうが勝ってしまいましたねハッハ。
ロリアPL
斬る相手はどちらでも良かったんですけど、クスクルにレインついちゃったじゃないですか。

レイン斬ったら絶対後々響くなーって消去法でマリーが斬られました、南無三。
マリーPL
あぁ、殺すなら無防備な1人の背中がいいですよね……。
ワイズマンPL
マリーなら背中から刺されても許してくれる。
ロリアPL
斬るまでノリノリでロールプレイしてたのをここに告白します。
マリーPL
ほらァー!!!!!
クスクルPL
そうだよ、あのときのロリアはノリノリだったよ。
GM
おいしかったです!!
ワイズマンPL
ロリアさんなら一撃で仕留めてくれると信じてましたよ。
ロリアPL
殺すつもりはなかった。

って書くと容疑者っぽい! 実際死んでませんけど!
GM
ロリア容疑者「殺すつもりはなかった、今は反省している」
マリーPL
などと供述しており……。
クスクルPL
ロリア「(ニヤリ)」
マリーPL
これで死んでたら次から色々言われる案件!
ロリアPL
いえ実際殺意はなかったんですよ、ダメージ増えましたけど。
GM
マリーさんは2D6の最大ダメージでも死ななかったし大丈夫です。
ロリアPL
ちゃんと傷が癒える謎の弁当渡したのでチャラ!  チャラです! 
マリーPL
はい、傷はなかったことになりましたね!!
クスクルPL
弁当を傷口に塗り込むことで瞬間的に治癒します。
ロリアPL
弁当とは。
ワイズマンPL
しかしまあ、こんなシリアスなイベントをこなせるのもロリアさんならではですね。

クスクルくんやズマリーだと半ばギャグです。
マリーPL
シリアスイベントはわりと真面目にやるのにギャグって言われた!
ワイズマンPL
シリアスイベント……わりと真面目……(全裸で炎上する村を救ったイベントなどを思い出す)。
マリーPL
それ【勇者】じゃなきゃ全部真面目でしたからね?!
ワイズマンPL
さすが【勇者】です。それもまたあとの話題ですね!
GM
がんばってくださった【勇者】はかなり面白いことになってたので感謝しています。
マリーPL
タイトルにまでなってるのに【勇者】をディスりまくるPLでした。心から脱ぎたくなかったんですよォ!

 
 
GM
あ、それとレインはクスクルからのセクハラ対応慣れしているお茶目キャラになってしまったんですが、本来はまじめですよ! 仕事中は常時ていねい語だし、普段は召使いのお仕事でメイド服ですからね!
クスクルPL
まて、師匠に対する狼藉は何だったんだ!!!
GM
師匠は何やってもあんまり怒らないから(※怒ってるように見えないから)どこか友達感覚になってしまったものと思われます。
クスクルPL
まぁ、そうだよね、クスクル根が優しいからね。海のように広い心の持ち主だからね。
ワイズマンPL
原作(開発記)とは若干文脈が違ってレインさんが明るいところも救いでしたね。ええ。
マリーPL
代わりに親友のフリーダさんが大変なことになっていますが!
GM
そうですね、開発記読んだ後だとレインとフリーダ王女が両方キャラ崩壊してるんですけど!?
ワイズマンPL
原作者にしかできない荒業だ!
クスクルPL
レインはともかく、フリーダはボクのせいじゃないからね! なんですか、ロープ遊びって!
GM
なんでしょうね、私にも分かりません。

あと、先ほどもロリアさんがおっしゃってましたが、レインはクスクルが死ぬようなダメージを受けたときにかばって代わりに死ぬ予定でした。なにげなく回避されちゃいましたけど。

 
 
GM
そして3話のメインストーリーといえば勇者アレンの虐殺劇!
まさか1日目から虐殺済みの村が1ゾロで出るとは思っていませんでした。

いやーロリアさん運命力が強いなー。
ワイズマンPL
え、あれランダムイベントだったんです?
マリーPL
あらかじめ決まってたんじゃないんだ?!
GM
ランダムイベントですよ! 「集落」で1ゾロだと<襲われた集落>が出るんですが、見事にロリアさんがそれを引きました。
ワイズマンPL
あまりに自然な流れだったのでアレン君の伏線なのかなーと。
ロリアPL
なんか皆ブツブツ言ってた記憶がありますね、襲われた集落。
マリーPL
ブツブツ独り言を言う人ばかりのセッション。
GM
本来は2日目にも固定で<襲われた集落>があって、そこで事件について語られる予定だったんです。
マリーPL
へぇぇ……。
ワイズマンPL
しかしそんなイベントをランダムで引き当てるとは、運が強いと言っていいのか悪いのか。
GM
ロリアさんの運命力の高さは抜群ですね!
マリーPL
で、襲われた村を見て、ロリアさんはマリーへの疑心を深くしていくのですね。
ロリアPL
マリーへ、というかマリーとクスクルの2人に対して、ですね。
クスクルPL
ボク、どこか不審なところありました?
ロリアPL
いえ、この3話開始時点でロリアはクスクルが「偽物」、マリーが「敵の一味」と認識を埋め込まれているんですよ。
GM
そうなんです、クエスト上のロリア視点ではすでにクスクルもマリーも敵扱い!
マリーPL
最初からぶっ殺される運命だった!
ロリアPL
なので2人共、最初の集落をわざわざ避けたという事実が2人への疑念を強めたという形なんですよね。
ワイズマンPL
そしてロリアは偽クスクル君についていく(おそらく敵じゃない)レインさんを巻き込みたくなかったと。
マリーPL
私としては、クスクルさんの得物は弓なので、ロリアさんは切り傷を見てターゲットをマリーだけに絞ったのかとばかり!
GM
一方、マリーさんの方はアレンのことをクエストで知ってたのでブツブツ言ってたと。
マリーPL
はい。マリー視点だと、そんなことを出来るのは……みたいな感じで考えていました。

 
 
GM
で、3話は他には……最終的に狂ったアレンと戦い、勝利することになります!

アレン全裸だったけど。ついでにロリア死んじゃったけど。
ワイズマンPL
ボス戦でアレン君の聖剣が折れてしまった……。
GM
何も間違ってませんね、はい。

あ、せっかくなのでここで監獄世界の「集落」の全イベント公開しましょうか!
ワイズマンPL
やったー、イベントテーブルお願いします!
GM
ではここで集落の遭遇表を公開っ!

- 「集落」遭遇表

GM
まず「集落」イベントの名前一覧だけお見せします。これだー!
◆集落の全イベント
 「集落」はランダムイベントです。2D6の出目によってイベントが変わります。

【監獄世界 集落遭遇表】
 2〜3:<襲われた集落>
 4:<傷付いた人>
 5:<寄り添う人々>
 6:<旅の薬師>
 7:<ケチな道に詳しい老婆>
 8:<旅の武具商人>
 9:<サボテンの肉屋>
 10:<スロット>
 11〜12:<優しい癒し手>
 
ワイズマンPL
ああ、このテーブルでババアやガチャとの絆を育んでしまったのか……。
ロリアPL
「サボテンの肉屋」……。
マリーPL
「サボテンの肉屋」にすごい視線がもっていかれる。パワーワードだ……。
クスクルPL
6、8、9あたりはすぐに出そうな値なのになぁ、このへんが出てたらすごい楽じゃないか……。
ロリアPL
「6:旅の薬師」「8:旅の武具商人」は1回出てたような……?
ワイズマンPL
「旅の薬師」はアンプルしか売ってくれないし買取もしてくれないしで微妙に取り回しが悪いんですよね。

最終決戦時には助かりましたけど!
GM
そんな記憶を振り返りつつ、一個ずつイベント公開していきましょう! ダララララ……!
出目2〜3:<襲われた集落>

 そこは襲われた直後の集落だった。住人の亡骸が散らばっており、辺りは血のにおいで充満している。生存者は期待できないだろう。役立てられるものを探そう。
判定:【知力】  ジャッジ:生存者を捜す描写
成功:【経験値】3獲得。ランダムドロップ表を1回振る。
失敗:【経験値】3獲得。同じエリアにいるPCと同じ数の【かつての住人】が現れて襲いかかってくる。
 
GM
これはロリアさんが初っぱなで引いたやつですね! 集落の中では一番危険なものです。
ロリアPL
うわー、なんという、なんという。
マリーPL
凄いストーリー性!
GM
これアレン回じゃなかった場合は、【終末の狼】あたりにやられたことになっていたんでしょうね。
マリーPL
それがアレン回だったので、より深い演出になったんですね。
出目4:<傷付いた人>

 滅びた集落を歩いていると野犬の群れを見つけた。その中心には倒れている人物が! 助けねば!
判定:【生命】  ジャッジ:野犬を追い払う方法
成功:【経験値】3獲得。野犬を追い払えた! 傷付いた人(人物表を振る)は唯一の生存者だった。望むならアイテム【負傷した人】を獲得できる。どちらにしてもアイテムをもらえ、その他ドロップ表を2回振る。
失敗:【経験値】3獲得。傷付いた人の救出は間に合わなかった……同じエリアのPC数+1体の【野犬】と戦闘になる。
 
GM
これはワイズマンさんが引いたやつですね。
マリーPL
ゴーストドック(猫の獣人)さん……。
ワイズマンPL
このイベントありましたっけ……? なんだっけ。
GM
出てもたかだか野犬なのであんまり恐くないイベント……ってちょっとワイズマンさーん!?
ワイズマンPL
じゃあ次いきましょうか。
GM
ゴーストドッグ「あっー」
マリーPL
あっ、ズマンさんが忘れたがっているぞー?
ワイズマンPL
「片道勇者オンライン」のエンディングで監獄世界にやってきたっぽい設定があったりなかったりなゴーストドッグ(猫)さん。忘れましょう。
◆「片道勇者オンライン」って?

 片道勇者TRPGの販促用に行われていたツイッターゲーム。1日1回引くことができるランダムイベント(診断)を積み重ねて冒険を進めていく。ワイズマンPLの冒険ログもご本人によって作られているので、気になる人はぜひ! 私はアルバートで冒険していました。

→ 片道勇者オンライン https://ssl.fujimi-trpg-online.jp/twittergame2/index.html
→ ワイズマンPLのまとめ 〜狩人ンクの終点への旅路〜 http://togetter.com/li/1007598
→ GM(原作者)のまとめ アルバート片道冒険記 http://togetter.com/li/991022
 
GM
では次! 5番!
出目5:<寄り添う人々>

 人が住むとは思えないような場所に、戦えない人々が寄り添って集まっていた。君を見て恐れている。
判定:【魅力】  ジャッジ:安心させる会話
成功:【経験値】2獲得。「消費アイテム:食料」を「3個」まで購入できる。子供を世界の果てまで連れていってくれと頼まれ、承諾するならアイテム【弱き子供】を獲得。
失敗:【経験値】2獲得。信用されず、何も得られなかった。
 
GM
これはまだ出てないはず!
マリーPL
【弱き子供】とかめっちゃロールプレイがはかどりそうですね!
ワイズマンPL
【弱き子供】はどんなアイテムなんでしょう?

育てると『洗脳の薬』とかつくってくれるのかな。
GM
それは『片道勇者プラス』に出てたあの子じゃないですか!
こっちは本当に何もできない子供を連れて冒険することになるコースでした。
マリーPL
【魂の絆】になるのかな。
GM
イエス、性能は以下の通りです!
アイテム【弱き子供】 重さ0 アイテム枠1
 世界の果てまで連れて行くと【魂の絆:弱き子供】になる。
 
マリーPL
あ、やっぱり!
ワイズマンPL
1枠……0.25猫。
GM
子供は自走できるだけあって、ゴーストドッグさん(アイテム4枠)よりだいぶ軽いですね。
マリーPL
ゴーストドックさん……。
ロリアPL
でも【魂の絆】はなんだかんだでクエスト分だけで足りましたね……。

死なせなかったのもあるんでしょうけど。
マリーPL
取りこぼさなかったのが強かったですね。
ワイズマンPL
GMの温情ですね。
GM
ねー、意外と失敗しなかったですよね。
タクーシが1話で燃えたの見てもっとハードになるかと思ったんですが。
クスクルPL
ボクのせいじゃないよ。
GM
アッハイ。
ロリアPL
無くなった現世だからノーカン! ノーカンです! 
GM
ガハハ!
出目6:<旅の薬師>

 廃墟となった集落で旅の薬師に出会う(人物表を振る)貴重な薬を分けていい相手かどうか、君を見定めているようだ。
判定:【意志】  ジャッジ:世界を救う意気込みを見せる
成功:【経験値】2獲得。認めてもらえ、「消費アイテム:アンプル」を「4個」まで購入できる。
失敗:【経験値】2獲得。「消費アイテム:アンプル」を「2個」まで購入できる。
 
ロリアPL
ネムリ枠?
GM
実はこれ、ランダム人物だったので特にネムリと限定はしていません。
マリーPL
そうだったんだ……!
GM
で、これとそっくりな固定イベントとして「薬師ネムリ」イベントがありました。
そっちはアイテム買える数が無制限だったかな。
ロリアPL
ああ、別イベント。
ワイズマンPL
ここぞというときに頼りになりましたね。ありがとうネムリさん。
GM
この<旅の薬師>は来た人の好みそうなキャラを出そうと思ってましたが、ネムリの出番が増えてたのでもうネムリでいいやってことで最終話ではネムリになりましたね!
ワイズマンPL
すっかり便利な半獣人枠として活躍してましたよねネムリ。
GM
まったくです。
ワイズマンPL
ときとしてさらわれ、ときとしてさわられ、ときとして化けてボスとして活躍し。
クスクルPL
記憶をたどっているんですが、ボク、ネムリと遭遇してないような気がする。
GM
そうなんですよねー、クスクルさん一回も出会ってない!
マリーPL
こちらは裸の時に遭遇、してしまった……。
出目7:<ケチな道に詳しい老婆>

 道に詳しい老婆に出会った、が彼女は金に汚かった。道を教えてもらうには工夫がいるだろう。
判定:【知力】  ジャッジ:100シルバ支払う
成功:【経験値】2獲得。この先の情報を教えてくれた。次の日のイベントが全てオープンされる。
失敗:【経験値】2獲得。この先の情報を少しだけしか教えてくれなかった。次の日の、隣のエリアのイベントだけオープンされる。
 
GM
これはワイズマンが計3回も振ったやつですね!!
クスクルPL
ズマンの現地妻イベント。
マリーPL
【魂の絆:ケチな道に詳しい老婆】
GM
【魂の絆:ババア】はあながち嘘じゃない。
ワイズマンPL
しまいにゃ分裂してましたもんね。もうババアは食べられないよ。
マリーPL
(腹を抱えて笑っている)
クスクルPL
食べられない(意味深)。
GM
ひどい。
ワイズマンPL
フォース、【生命探知】! ババアPOP2!
ロリアPL
魂の絆以上の絆がそこに。
出目8:<旅の武具商人>

 旅の武具商人に出会った。武具を売るにふさわしい相手か見定めている。
判定:【筋力】  ジャッジ:自分の肉体をアピールする。
成功:【経験値】2獲得。認めてもらえ、「武器」「防具」「追加装備」の中から「2つ」まで購入できる。あらゆるアイテムの売却可。
失敗:【経験値】2獲得。信用してくれないが「武器」「防具」「追加装備」の中から「1つ」だけ購入できる。あらゆるアイテムの売却可。
 
GM
これはマリーさんが一回引いたやつですね!
マリーPL
肉体をアピール。に戸惑った記憶がありますね!
GM
マリーさんが深読みしてくださったおかげで意味深になってしまいました。
マリーPL
筋肉をアピールだったら意味深にならなかったんです!

女性に、「肉体をアピールしてもらおうか」ってこれはもう!
GM
誤解されてもしょうがない! そして同時にマリーさんにまだ女性らしさが残ってたのかと安心しました。
マリーPL
酷い。
GM
ちなみに、地味にすごい万能装備屋です。腕輪も買い放題!
出目9:<サボテンの肉屋>

 【サボテンの肉】だけ売っている店に遭遇した。
判定:【生命】  ジャッジ:サボテンの肉の活躍しどころを語る。
成功:【経験値】2獲得。認めてもらえ、【サボテンの肉】を「【魅力】+1D6」個まで購入できる。あらゆるアイテムの売却可。
失敗:【経験値】2獲得。ぼったくられる。【サボテンの肉】を400シルバで「2つ」だけ購入できる。あらゆるアイテムの売却可。
 
GM
じゃーん! 期待の新星! 「サボテンの肉屋」だぁー!!
ワイズマンPL
一度も遭遇しなかった模様。
GM
せっかく作ったのに1回も出なかった……。
ロリアPL
遭遇してないのに存在感強いサボテン肉。
マリーPL
【魂の絆:サボテンの肉】
ロリアPL
燃えないのは強いですよ、【サボテンの肉】。
クスクルPL
幾度となくパーティを救った【サボテンの肉】。
ワイズマンPL
商人遭遇時の草草肉肉パーティーにはお世話になりました。
GM
草草肉肉定食なんてあんなの滅多にできないんですからね!
しかもエラッタが入って【こげた草】と【枯れた草】が買えなくなったので今や幻の定食です。

事実上、「大荷物の商人」専用の定食なのに、定番になるほど出ちゃったなあ……。
出目10:<スロット>

 カラフルでレバーの付いた機械が置いてある。スロットマシーン? 異世界から紛れ込んだのか?
判定:【意志】  ジャッジ:出てほしいものを願い、力強くレバーを引く描写。
成功:【経験値】2獲得。スロットマシーンが点滅し、謎の言葉を発してアイテムが出てきた。アイテムドロップ表を3回使用。
失敗:【経験値】2獲得。アイテムドロップ表を1回使用。スロットマシーンは壊れる。
 
GM
バーン! ワイズマン曰く、「ゴミ箱」。
ワイズマンPL
はい。次のイベントにいきましょう。
クスクルPL
これ、もっとやりたかった。
マリーPL
ガチャだー!
クスクルPL
もっとやらせて!
マリーPL
クスクルさん、そのへんで。
ワイズマンPL
ゴミ箱からはゴミしか出ないのよ!!!!!!
クスクルPL
いやだー、耳長剣を売ってガチャするー。
マリーPL
やめて!
GM
はい。とりあえずただのガチャですね、次!
出目11〜12:<優しい癒し手>

 こんなすさんだ世界でも優しい癒し手はいるようで、その人物は君をむりやり治療してこようとしてきた。
判定:【意志】  ジャッジ:怪しい治療を受け入れる覚悟の描写。
成功:【経験値】2獲得。無事に治療は終わり、同じエリアにいる全員の【LIFE】、【ST】をそれぞれ2D6回復。
失敗:【経験値】2獲得。傷は治ったがおそろしく疲れた。【LIFE】を2D6点回復、【ST】−3。
 
GM
これが出目最高のイベントです!
マリーPL
優しい癒やし手なんていなかったんだ。
GM
優しさの定義について議論するためのイベントです。
ワイズマンPL
「集落」が出るであろう序盤にひいても実は嬉しくないイベントかも……。
クスクルPL
「傷は治ったがおそろしく疲れた」……?

また写生大会でもしてたんですか?
GM
前に言ったのは「写真撮影会」って言ってませんでしたっけ!?
マリーPL
↑(元ネタ:<自家製>片道勇者TRPGのリプレイ!)
ワイズマンPL
懐かしいですねそれ。ロリアの中の人が不憫半獣人の少女を拾ってきた回ですよ。
GM
とにかく、このイベントはマッド治療してくる癒し手が出ます。一回は引きたかったですね。

という感じで以上、集落遭遇表の内容でした!
全体的にバランス良く出てよかったと思います!(おばあちゃん以外)
ワイズマンPL
もうガチャと老婆は食べられないよ。

第4〜6話

GM
ではいよいよ後半へ! 第4話からです!!

- 第4話『王女と獣』

GM
4話のPCはロリア、クスクル、マリー!

ドMのフリーダ王女が登場! エッチなクスクルも大活躍でしたね。
マリーPL
【エッチな】はいつもついてる気がする……!
クスクルPL
気のせいですよ。
ワイズマンPL
ロリアさんが週末の狼化に怯える回でしたよね。
GM
それだと土曜日だけ狼になるだけで済みそう。

あとロリアさんが【終末の狼】(というか元半獣人)とやや繋がってるっぽい伏線もここで入れてました。

ここで出てきた【終末の狼】はロリアに念を送ってましたが、これはどこかの戦闘力のない半獣人が獣化させられちゃったものです。誰かというのは特に決めてませんでしたので、ネムリ案が出たときはなるほどと思いました。
ロリアPL
しかし半獣同士が繋がりやすい念話、便利すぎでは!
GM
ついでにヨルムンガンドとも繋がってるからー!
マリーPL
ついでに。
ワイズマンPL
「念話」というと胡散臭いですけど、仕草や耳や尻尾の角度から感情が読み取れるとかそんなのかもしれませんよ。
GM
そうかも。伝わる何かがあるんでしょうね。
クスクルPL
【半獣人】の【騎士】がいまいち戦力にならないから特徴追加したとか。
GM
それもあります。ストーリー上くらいは活躍していただきたい部分があったのは事実!
マリーPL
どんどんディスられていく【騎士】と【半獣】……。
ロリアPL
言っていいのかわかりませんが【半獣人】特徴も中々に死に特徴でしたね。

みなさん、獣耳を生やしたい場合は覚悟しましょうね!
マリーPL
見た目はカワイイんですけどね。【半獣人】。

ロマンがあるというか、ロールプレイ的に使い勝手がよいというか。中2心をくすぐられるから好まれやすそうというか。
ワイズマンPL
【半獣人】はストーリー上迫害されやすいという色もあるので、好みは余計に分かれそうですよね。
GM
いかにも主人公的ポジション、という感じはあるんですけどね!
ワイズマンPL
私を迫害し遠ざけた世界に復讐するんだ! 的な。
GM
それ魔王だー!?
ワイズマンPL
第2部、魔王ロリア爆誕。お楽しみに!
ロリアPL
あんなにきれいに終わったのに!
ワイズマンPL
【獣人】ならステータス補正があって普通に強いのでオススメだZO!
クスクルPL
【獣人】の厄介なところって持ち物が持てないところだけかなぁ。

 
 
GM
あと、この回に出たドMなフリーダ王女は、レインやデュークガルツと一緒に魔王を倒して世界を救ったという世界線をたどったフリーダ王女です!

その現世でのフリーダ王女の冒険には、妖精イーリスは同行していません。
ワイズマンPL
同行していない。なるほど。なるほど。
マリーPL
(ネタバレ防止)が(ピー)している時点で、イーリスは同行できないんですよね。
ロリアPL
そんな華やかな経歴なのにロープで事故死だなんて。
ワイズマンPL
死因がびっくりですよ。なんですかロープ遊びの興が乗りすぎた って。
GM
『フリーダ王女:ドMが行きすぎてロープ遊びで死亡』 ドゥゥゥ〜ン!
マリーPL
ヴィクター王に同情が集まる……(王女の死因)。
ワイズマンPL
そのロープ遊び、猥褻なやつですか。
ここ1000年くらいロープ遊びの卑猥な奴も流行っていると書物で読みまして。
マリーPL
卑猥なやつ、とは……。
GM
こっちはヒワイじゃないやつを想定してますよ!?
ただ1人で緊縛プレイしようとしてたらロープが首に絡まった感じです。
ワイズマンPL
よかった、王女のイメージはギリギリのところで保たれました!
クスクルPL
よくわからない。GMの言っていることがよくわからない。
GM
フリーダ王女は1人で自分を縛れるスキル持ちだと本編でも申し上げています!
クスクルPL
それをする意味がまず分からないんですけど、どう思いますか、ズマン。
ワイズマンPL
わたしは健全で純真なのでよくわからないですー。
クスクルPL
もうドMでいいよ!
ロリアPL
自分は駿河問い(するがどい)のイメージがありました! ※駿河問い:江戸時代に行われていた拷問の一種
ワイズマンPL
『駿河問い』 やがて、全身から汗と脂が、鼻や口から血が噴き出すという。出典:Pixiv百科事典

ヤバイ。
GM
恐い!
マリーPL
駿河問い、中々悲惨な拷問ですね?!

 
 
GM
で4話は特にアクシデントもなく穏やかに終了したんですっけね。
ロリアPL
ありました、ありましたよアクシデント!

私の! 【火炎のシルバーランス】が!
GM
ああああああああああー!!
ワイズマンPL
ああー……。
GM
実はほぼ最終兵器であることが判明してから破壊された【火炎のシルバーランス】!
ワイズマンPL
勇者アレンの聖剣に続いてロリアさんの槍もぽっきりと。
クスクルPL
これは卑猥な槍ではありません。
ロリアPL
どこぞのトカゲ人メイドが掃除している槍ではないです。
クスクルPL
【火炎のシルバーランス】はみんなの心の中に。
GM
あ、あとこの回で妖精イーリスが消滅したことをすっかり忘れてた。
ワイズマンPL
重大だ!
クスクルPL
わたしが、わたしがイーリスだ!
GM
というかこの振り返りを通してイーリスが一回も話題になってないじゃないですか!! ビバ空気!
ロリアPL
全然穏やかじゃない4話!
マリーPL
穏やかの定義とは。
ワイズマンPL
えーとそうですよね。本当なら最初にイーリスが人数分配付されることがまずオドロキなんですよね。

テストプレイ時代にオドロキを消化してしまっていたから再空気化!
マリーPL
そうなんですよねー。すっかり慣れてしまっている……。
GM
でもルールブック読んだ時点でイーリスたくさんの驚きは消化されてそうだから! もういいの!

んで、このキャンペーンで世界の過酷さを表現するために、いつか妖精イーリスには消えていただこうと考えていました。
クスクルPL
イーリスに人気が集中しないようにイーリスには消えていただきました(違います)。
マリーPL
イーリスが消えると、当初の会話が発生しにくい問題が! という懸念点はあったのですが、「念話」をそれぞれが習得しているということでフォローが出来ましたね。
GM
そうですね。偶然にもシースがいてよかったと思います。

そして、こうして全然穏やかじゃなかった4話が終わり……ついにイーリスの魂が消えてしまいました。

- 第5話『転生と邪悪』

GM
5話のPCは、クスクル(妖精化)、マリー→マーシュ、そしてワイズマン!

ワイズマンから見るとイーリス含めて仲間がみんないなくなってる回!
マリーPL
ゴメンね!!!
クスクルPL
ボクの真の姿を見たのは君たちがはじめてだよ(第2形態)。
GM
ようやくここで『片道勇者TRPG』ならではのキャラ変化要素が入りましたね!

クスクルは【妖精】へ、マーシュはめでたく【勇者】へクラスチェンジ!
ワイズマンPL
マーシュをいじめるの楽しかったです。
クスクルPL
マーシュは細い耳長剣くらい。
マリーPL
ひっどい感想が並んでいる。

マーシュ(男性)にするかどうかは散々悩んだ末に、決断しましたね。
【ゼヌーラ】の問題がありましたので。
GM
もしマリーさんがそのまま女性だったら髪でガードする予定でした。
ワイズマンPL
不自然な構図!
GM
実際のところ載せられない挿絵だ!
ロリアPL
なあに不自然な光でどうとでも。
クスクルPL
クスクル越しのマーシュ。
マリーPL
普通にロールプレイのことを考えてヤバいと思ったので男性にしたんですがそれでもヤバかったので、男性にしていてよかったな、とは思いました。
GM
それは思いましたね。全裸の女性PCに出会ったNPCとかどうしろと。
ロリアPL
全裸の男性PCでも大概ですけどね!
GM
ダグド「ワーオ!」
ワイズマンPL
全裸男でもシースは近づけたくなかったのに、全裸女だったら余計に接近させたくないですね。
マリーPL
ちょっとジェンダー観の差別感はあるんですが、男性のほうの裸はまだ笑いに出来るみたいなところが。女性だと犯罪と年齢制限の匂いが……。
GM
ええ、ご配慮ありがとうございます。

マリーさんのマーシュ化は予想外にもセッション開始時に発生したので、男女バランスを取ろうと意識して予定していたセッションがかなり男臭くなってしまったのが印象深かったです。
ワイズマンPL
最終的にはたくましい鍛冶屋のオッサンが全裸男に背負われるという絵面になってしまいましたね。
GM
ですね。この回はダグドさんがメインヒロインでした!

たぶんマリーさんのままで来ると思ったのでマリーに合いそうなキャラとして用意していたダグドさんでしたが、まさかの全裸マーシュがダグドさんをかついで走ることになってしまいました。

絵面が最高にひどい。
マリーPL
想像しないでください!!
ロリアPL
おっとこーおとっこーおっとこーがほーえーるー。
GM
いや全裸マリーだったら余計に犯罪なのでまだマシな結末でしたよ!
ワイズマンPL
まったくです。
クスクルPL
そこでドMな女勇者ですよ。

ってのをやりたかったんですが、やらなくてよかったと思います。
マリーPL
みんな! 【勇者】になるのはロールプレイ的に上級者向けなのでオススメできないぜ!
GM
はい、マーシュさんを見てご判断をお願いします。
ロリアPL
まだロールプレイ的に不利? になるだけなのが救い!
マリーPL
ロールプレイで不利ってTRPG的に完アウトじゃないですかァー!
ロリアPL
ロールプレイでは不利ですが判定には直ちに影響はございません。
GM
むしろ面白い方向にしてくださったのですばらしかったですよ。上級者向けですけど!!
マリーPL
ありがとうございます。上級者向け過ぎましたね!
GM
扱える人なら笑いを取れます! ファイト!

 
 
GM
あと、5話のボスとして出たダークワイズマンですが、彼は道中で力をチラつかせては暴虐の限りを尽くしていました。

具体的にはダークワイズマンがネムリを捕まえて無理矢理ケモ耳のにおいをかいだり尻尾の長さを精密にはかったりしていたのです! なんてひどいんだ!
ワイズマンPL
ネムリをさらって暴虐の限り(全年齢版)を尽くしていたんですね。

悪のワナビーでしょうか。
マリーPL
ダークワイズマンさんは「マリーを食べた」という中々のパワーある発言をしていましたね。
GM
はい。紹介してませんでしたが、ダークワイズマンは相手の心臓を食べるとその強さを奪えるという能力持ちでした。

ダークワイズマン戦は大変な戦いになりましたね。
ワイズマンPL
尊厳を捨て去ってまで得た強さで、ダークワイズマンも楽勝でしたねマーシュさん!

さすが脱いだ勇者様は強かったなー!
マリーPL
もうマーシュの裸のことは忘れてェー!
GM
って2人ともダークワイズマンにボッコにされてたじゃないですか!
片方は自らの過失ですが!
クスクルPL
ダークワイズマンのまえで、勝手に倒れていく仲間たち。
ワイズマンPL
マーシュさんが2回も攻撃をはずさなければ【治癒】なんて撃たなくて済んだんですよ!
マリーPL
もうそのあたりはデフォルトですから! というか、【勇者】の意外な扱いづらさも露呈したんですよね。データ的に。攻撃があたりゃしないんですよね。
GM
いやーダークワイズマンの【防御値】12は高かった。さすがに誰かは死ぬなーと思いながらダークワイズマンの能力を設定していたんですけれどね。

5話は最悪、全員死んだ場合のルートの用意もしていました。
クスクルPL
す、すみません、生き残っちゃった(ガタガタガタガタ)。
ワイズマンPL
全員死んだ場合シースがアレされるということでしたが、ダークズマンの世界では娘は生まれてたんですかね?

別の世界の自分の娘だと知ってたんでしょうか。
GM
ここで全滅してたら、シースがワイズマンの娘だということが明らかになる予定でした!
ワイズマンPL
そういう! それもドラマチックな展開でしたね! ひどいけど。
GM
ダークワイズマン「おいで、シース……私が“パパ”だよ」

という本当か嘘か分からない言い方で。
マリーPL
パパ違いかな?
ワイズマンPL
アイムユアファーザー……。
GM
その後、何十年くらいか連れ回された末にシースが帰ってきます。
ワイズマンPL
何十年も!?
クスクルPL
屈強な女勇者となって?
ワイズマンPL
ムキムキマッチョで隻眼眼帯なシース。
ロリアPL
チャームポイントは獣耳。
マリーPL
シースはどんな“教育”を受けてしまうんでしょうね。
GM
ダークワイズマンは闇の中でも平気で生存可能な能力を持っています。

シースがどうなったかはあんまり考えてません。どっちにしてもゲッソリして帰ってきます。
マリーPL
連れ回したいっていうズマンの欲望に忠実に行動するわけですね、なるほど。
ワイズマンPL
何十年も連れ回されたら精神的にはズマンより年上になりそうです。

ズマンはきっと体感的には二十代後半くらいですよ。
GM
そうだ、ワイズマン17年くらい寝てたんだった!
マリーPL
若いなあズマン。
ロリアPL
(精神は)
クスクルPL
なるほど、中二病こじらせてる二十代後半なら全然いるわ!
ロリアPL
心は若いって言い方すると酷いな!
マリーPL
精神年齢低いって大分な言い方ですからね!
クスクルPL
だからこそ残酷じゃないですか? 若いと思ってたら身体がついてこないんですよ。
ワイズマンPL
ボコボコにして更生の機会を与えてくれたチンピラの皆さんには感謝のしようもございません。

 
 
GM
何はともあれ、皆さん5話の決戦に勝利されてよかったですね!

ワイズマンだけはクエスト報酬の(ダーク)【ワイズマンの杖】がなくても平気だと思ってたので、とびっきり難しくさせていただきました。
ワイズマンPL
非常に際どいところでした。
マリーPL
5話クリアはひとえにクスクルパワーですね……。
ワイズマンPL
クスクル君の安定度は素晴らしい!
クスクルPL
あ、褒められてる。珍しい。
ロリアPL
セッション全体でダメージディーラーですよね、クスクル。
GM
最後まで出目たっぷりですもんね。
ワイズマンPL
死んでもいいやと思ってない限り一度も死線を渡っていない強者。それがクスクルくん!
クスクルPL
……まって、まって、みんなが酷すぎるだけっていう。
ロリアPL
暗に攻撃判定に弱い近接武器持ちに人権はないって言われた!!
マリーPL
いやあ酷いことを言われましたね(こちらにもグサッ)。
クスクルPL
【筋力+】を3つくらい付けたらいいんじゃね?
ロリアPL
実際それぐらいの特徴付けですよ、ロリア。それでも外すという。
GM
【騎士】と【勇者】は近接でも戦闘がちょっと苦手だからー!
マリーPL
戦闘が苦手な【勇者】とは……。

- 第6話『少女と真実』

GM
そして第6話! 物語のターニングポイント!

シースが実はワイズマンの娘であることが判明したり、シースが獣化しちゃったりしました!
ワイズマンPL
シース、死す。
GM
死んでない!!
クスクルPL
シース死す! シース死す!
GM
6話のPCはロリア・ワイズマン・マーシュさんでした! クスクルさんがお休みです。
ワイズマンPL
クスクルくんの強さに目をつけたヨルムンはついに彼をスタート地点で叩き潰す……。
マリーPL
クスクルくん実際強すぎですからね!
GM
クスクルさんがいないとこんなに真面目なのかと思ってしまった一回でした。
クスクルPL
ひでぇ!!!!!

真面目な回でしたっけ? 真面目な回だったか検証しなければ……。
マリーPL
クスクルさんが必死に真面目じゃないのは自分のせいだけじゃないと証明しようとしている。
GM
ワイズマン的には、狼になったシースがもう救済困難だと思われてたんでしたっけこれ。
ワイズマンPL
多分このままシースを倒して決別だと思ってましたね。

だからこそロリアさんのクエストで救いの芽があることがわかってよかったのでした。
GM
おおー、そう言っていただけるとクエストを別のPCに分けて良かったと思います。

シースが化ける&助けられるってバレないようにクエストの流れを別PCに分けたんですよね。
ワイズマンPL
シースが死んだら次元倉庫がフル活用できなくなるぞーと何度も脅されていたのでいずれ死ぬだろうとは思っていたんですよね。

ハッ、ゴーストドックはこの回だ!
ロリアPL
そんな者はいなかった。
ワイズマンPL
ゴースト? 知らん。
GM
1日目に助けた猫獣人ゴーストドッグがなかったことにされようとしている!
マリーPL
ゴーストドッグさんに罪はないのに!
ロリアPL
このゴーストドッグの名前作る時に使われたランダム生成、「スモーキングウルフ」って組み合わせも生まれるんですよね、デザイナーさんのお茶目。
GM
そうなんですよ、お気づかいありがとうございます!
ワイズマンPL
ドッグは置いておいて、6話はシースの動きで完全にシリアス一辺倒でしたね。
最終決戦前だってこともあり引き締まりました。
GM
あと他にもマーシュが全裸で最強のドラゴンと戦って(幻影の)耳長の里を救ったり、ロリアさんが魂を賭けて狼シースを何とかしようとしたりと6話はクライマックス盛りだくさんでした!
ワイズマンPL
プレイ中は意外に全裸であることを忘れてしまうこともわかりましたねー。
マリーPL
全裸でなければ普通に真面目だったのに。
GM
耳長の里で全裸であることを忘れて耳長人の皆さんとの演出がなかったことになりました。すみません。
ワイズマンPL
思い出したように全裸全裸言うんですがなかなかコトの最中には思い出せなくて。
ロリアPL
そして辻褄を合わせるためにドラゴン以外が幻に……。
マリーPL
悲しい。
クスクルPL
もうアニメ化するしかないよ。アニメ化したら全裸は忘れない。
ロリアPL
里の人々が幻となった場面で口には出しませんでしたけどロ○紋思い出したり(脱線)。
ワイズマンPL
ああ、○ト紋の雰囲気は確かにわかります。
マリーPL
全裸はイヤだけど、勇者は本当に攻撃に向いていなくて、【ゼヌーラ】前提のバランスなので、泣く泣く脱いでいましたね。
GM
そうなんですよねー、剣士のフルパワーと同じくらい出すには勇者【レベル】7以上でゼヌーラしないといけない!(それでも【筋力】が1少ない)
マリーPL
正直、【剣士】のマリーのほうが最強に近いという。
ロリアPL
【勇者】とは。
クスクルPL
笑いを取れる分、強いよ。勇者!
ワイズマンPL
そうです、【剣士】では能動的に脱げないんですよ。
GM
ただ【勇者】は1日目から強敵と戦うなら最適なんですよ。
低レベルでも強いし【LIFE】が高いですし早熟ですしね。

なので勇者が得になるように設定しないとなーと思って出してたのが例の【ヨルムンガンドの触手】でした。
マリーPL
ありがとうございます!(勇者が得になるような配慮)

低【レベル】で戦うことには向いているんですが、このたびのセッションのようなバランスだと中々いざというときの戦闘には弱い!
GM
そうですね、今回はボスの【防御値】が全体的に高かったのもありましたしね!
ロリアPL
あと、脱いでも次の世界で着れるのはまだ救いでしたね。
ワイズマンPL
ああ、そうでしたね。【ゼヌーラ】を仕切り直せるのは強い!
ロリアPL
魂に【ゼヌーラ】が刻まれてたら救いがない。
マリーPL
そんなことになったら、【剣士】であり続け、マリーであり続けてましたわよ!!
クスクルPL
あ、いま思い出したので言います。
3話でアレンが全裸で「ぶるんぶるん」してましたよね。折れる前の聖剣。
GM
リプレイにも残ってますよ! ブルンブルンしてたのは剣なので健全ですね!

剣って隠喩じゃないよ!
ワイズマンPL
それをダグドさんが鍛え直したと。
クスクルPL
ボクもぶるんぶるんやりたいー。
マリーPL
クスクルさんそろそろいい加減にしましょうね。
クスクルPL
ち、ちが、ボクのは尻尾だから!

 
 
GM
あと、6話の【最強の終末の狼シース】戦ではロリアさんがシースに魂を打ち込むクエストがありましたね。

ここで魂を打ち込んでロリアさんの【魂P】が尽きていた場合、7話の決戦ではロリアがシースの体で助けに現れる展開を想定してました。
ワイズマンPL
おおー、そんな展開が。
GM
7話の3体の【終末の狼】がやってくるシーンあたりで、シース狼(中身は半分ロリア)が暴れて一匹倒すとかそんな流れで合流です。
ロリアPL
描写が変わっただけで、最終話でも死んだターンに敵が生き残ってたらシース狼の体になっていたはずですもんね。
GM
はい。というかむしろ、ロリア魂0のルートがボツになったので最終話にロリアのクエストとして流用した、という流れでした。
ワイズマンPL
シースの体なら【騎士】の火力不足は補われるかもしれませんが、独自スキルの【フォートレス】はとても強かったのでそれが欠けるとなると辛いですね。
GM
でも盾は持てたんで、【グレートウォール】して装甲11でフォートレスできたんですよ、狼になっても。
ロリアPL
盾はこう背中に背負って。
ワイズマンPL
盾持ちの巨大狼とは……。

7話〜終わり

- 第7話『ヨルムンガンド』

GM
そして最終決戦! 決戦までに次元倉庫から『2個』しかアイテムを出せない縛りが、いい塩梅で判断を求められる感じに機能していたと思います。
ワイズマンPL
ラストバトルで発生する制約! アツくて好きですね! 
GM
というかこの縛りを用意してなかったらヨルムンガンドさん今ごろ蹂躙されてるわ!!
ロリアPL
ヨルムンガンドさん舐めプするから……。
GM
ではここで7話の全員のクエストを振り返っていきましょう!
ワイズマンPL
イエーイドンドンパフパフ。
GM
ネタばらしすると、何がなんでもクリアさせようという強い意志が込められた、ややズルいクエスト構成でした。

裏ではこんなことになってたんですよーと言う意味を込めて、ご参考にどうぞ。
●ロリア クエスト『灰の少女と騎士』

・公開条件:ロリアの【LIFE】が0になったまま全員の攻撃を終了する  【経験値】:0

・イベント:
ロリアは死んだ。その身の魂は砕け、己はもう転生できない……そう思ったはずが、目を開けると君は仲間たちと相対していた。驚くべきことに、シースに与えたロリアの魂がいま『そこで』目覚めたのだ! 今の体は終末の狼シースの体だ。君は目の前にいた黒い【終末の狼】を一撃で屠り、ヨルムンガンドの強固な守りに隙を生みだした! これにより、ヨルムンガンドの【防御値】が1減少する。
さらにロリアは防具として【終末の狼の体】を強制装着した上で、【LIFE】を全快し、【ST】を2D6回復できる。武器・追加装備はそのまま使用可能。

・クリア条件:イベントを終了する
・報酬: なし
 
防具 【終末の狼の体】
 最大【LIFE】+10、装甲2、攻撃判定+2、ダメージ+2D6
 
ロリアPL
最初、防具欄を見落としてたんですよねー。なので冒頭で鎧を持ちだそうとしてました。
GM
それで確認後に盾になったんですよね。

で、これはワイズマン大喜び? のクエストでした!

これが出ると戦いがラクになるし、ただでさえ攻撃判定の基本値が低いロリアの命中率が上がるので早い内に出るといいねって思ってました。

まあ、出なかったんですが!
ワイズマンPL
実際ロリアさんが変身しないままのほうが流れが美しかったのでよかったと思います。
マリーPL
ですね!
GM
ですねーっていうかなんだかんだでギリギリ勝っちゃうもんなー! すごい。
クスクルPL
真面目な話、キャンペーンで話の回数も決めてた場合、GMはこういった見えないところでクリアできるように準備しておくの大事ですよ。
マリーPL
表面上では、厳しいバランスであろうように見せて、プレイングを楽しめるようにする配慮! 中々マネできないですよね!
ワイズマンPL
起きたことに対して起きなかったことへの事前準備が何倍あったかって話ですよね。改めてお疲れ様でした!
マリーPL
GMは表に出たシナリオの3倍以上は中身を作っている……!
GM
ありがとうございます! できれば未知の中でドキドキしてもらいつつ、ストーリー的な展開で自然にお助けできるような感じでご用意したいですね。

次、クスクルさんのクエストー!
●クスクル クエスト『妖精の祈り』

・公開条件:PCが1名以上幽霊になった(クスクルが幽霊状態でも特別に公開可能)  【経験値】:0

・イベント:
 仲間は倒れ、敵はあまりに強大だった。たとえクスクルが諦めていなくとも、この状況は危険だった。そのとき、君の中のイーリスの魂が呼び覚まされる。「もう、しょうがないなあ〜」 なつかしいイーリスの声。イーリスはこんなときのために、みなを救うための魂を君に預けていたのだ。イーリスが魂を解放すると、【生命】力が仲間たちに注がれる。倒れたはずの仲間たちが立ち上がり、君の弓が輝きだした。
PC全員の【LIFE】が2D6点、【ST】が1D6回復する(サイコロはそれぞれのPCが振ること)この力で、幽霊化したPCも回復する。さらに、望むならクスクルの弓を【聖弓ル・アルシャ】に付け替えてよい。 

・クリア条件:イベントを終了する
・報酬: なし
 
GM
クスクルはイーリスがいなくなったとき、【魂P】を1ポイント分だけイーリスからもらってました。それがここでようやく機能します!
ワイズマンPL
イーリスさん、ちょっとその力を原作でも発揮してくれませんか。
GM
あとアタッカー群の中だと武器がたぶんクスクルだけしょっぱかったので、武器をちょっと補助する機能も持たせましたね。
クスクルPL
このクエストを戴いた時、ボクの頭の中で勝手に「あ、これ連鎖するクエストっぽいぞ」と思いまして。

とにかく死のうと思ってました。
ワイズマンPL
決戦時のクスクルくんはちょっと死に急いでましたもんね。

あっこれ絶対クエストがオイシイやつだ!って思ってました。
マリーPL
たしかに!
クスクルPL
しかし、それ以上に、ロリアが攻撃をはずしまくって……。
ロリアPL
攻撃しない選択肢ほしいですね、ええ、切に。
GM
しかも求められるのがロリアと同じ出目7なのにクスクルさんが当てまくる!
クスクルPL
【ドMの】を取らなかったのも死ぬためだったのになぁ。
ワイズマンPL
あのときロリアさんのPLは実はマーシュさんのPLと入れ替わってたんですよね? ね?
マリーPL
ええ実はそんなことは……ないですよ?!

「はははは……もうヤケだー!」みたいな気持ちでダイスをふってたから、こう、寄ったのかなみたいな気持ちが!
ロリアPL
こっちは元々本番には弱い子なんです、きっと。

確か6話でも決戦時に大分外してましたしね、ロリアは。
GM
ロリアさんは早めに死んじゃって攻撃判定+2の狼の体を得る想定だったんですけど、結局最後まで戦いましたからねー。
ロリアPL
装甲だけは硬かったので……。
GM
1日目に「集落」のランダムイベントで薬屋が出たのも大きかった!
その分だけ戦闘が長続きした影響もありましたね。

ちなみに、クエストの解放条件は以下の通りでした!
ロリア:自分が死ぬ
クスクル:1人以上死ぬ
マーシュ:2人以上死ぬ
ワイズマン:3人以上死ぬ。
 
GM
ザ・シンプル!
ワイズマンPL
ズマンクエストは実質ゲームオーバーの救済用ですね。
マリーPL
マーシュのクエスト(2人死ぬ)まで出ちゃったんですよね、一応……。
ワイズマンPL
マーシュさんはほら、トドメの一撃を外した代わりのフィニッシュムーブ的な側面が強かったですからほら、ね。
GM
ですね! そのマーシュさんのクエストはこちら!
●マーシュ クエスト『勇者が背負うもの』

・公開条件:PCが2人以上幽霊になった(マーシュが幽霊状態でも特別に公開可能)  【経験値】:0

・イベント:
 激戦のさなか、君の信頼できる仲間が、あるいは君自身が倒されていく。勇者アレンの魂が、救うべきだった耳長の同胞たちの魂が、これ以上仲間を傷つけさせてはいけないと叫んだ。その瞬間、マーシュの勇者としての真の力が目覚める。
 このクエスト公開後、【覚醒】1回分と自身の【LIFE】を1D6点回復(幽霊でも復活可)し、『次の攻撃のみ』攻撃判定+5、最終ダメージを2倍にすることができる。

・クリア条件:イベントを終了する
・報酬: なし
 
ロリアPL
捨て身的な攻撃!
マリーPL
これをフィニッシュにしたかった!
GM
たぶん普通に行けばこれがフィニッシュになるかなと思ってたらヨルムンガンドが死んでから公開されましたね。
クスクルPL
攻撃判定+5で、ファンブルするマーシュも面白そうだよね。

1を振りなおして、1が出るのを1回はやってほしいじゃないですか。
ロリアPL
まあその対策に【覚醒】がきっと。
GM
はい、そうなると思って【覚醒】も1回増やしてあるからー!
ワイズマンPL
(そうなると思って)
GM
このメンツだとどこまで不運な事態を想定しなきゃいけないのか不安でした。
マリーPL
ファンブルが想定されているという、この悲しみ。わかりますか。
ワイズマンPL
安らかに眠ってくださいマーシュさん。
GM
いやーおいしいところでファンブル出す確率が20%くらいありますよ!
マリーPL
中々に高い?!
GM
それくらい想定してないと不運力に勝てない!
クスクルPL
逆に考えるんだ。36回に1回のファンブルをおいしいところに持ってこれる才能だと!
マリーPL
読者のみんな! どこまでもツイてないプレイヤーというのは実在するぞ!
それを想定してGMするのは大変だということが、とてもわかるリプレイだな!

 
 
GM
そして最後に……。

皆さんがどんどんファンブル出したり、攻撃判定がまるで成功しなかったケースでしか出てこないと予想していたのが、このワイズマンのクエストだぁぁぁーッ!
●ワイズマン クエスト『最期の一撃』

・公開条件:PCが3人以上幽霊になった(ワイズマンが幽霊状態でも特別に公開可能)  【経験値】:0

・イベント:
 仲間の大半が倒れた。もうヨルムンガンドには勝つことはできない……そう感じたとき、杖となったダークワイズマンと、理術士ハキムが君に提案した。君と、2人の魂を燃やし尽くす最期の一撃を今こそ使うべきだと。
 このクエスト公開後、【覚醒】が2回分回復し、無条件に一回だけ追加攻撃が可能となる。ハキムの理力をダークワイズマンが増幅し、君の体を通して撃ち出すことで、攻撃判定+5、最終ダメージ5倍の【超火炎】による攻撃を放つことができる。この攻撃を行うと【魂の絆:理術士ハキム】と【ワイズマンの杖】は失われ、ワイズマンの【魂P】は0になり、君は死亡する。

・クリア条件:イベントを終了する
・報酬: なし
 
ワイズマンPL
要約:ヨルムンガンドは死ぬ。
マリーPL
なんだ、ただのチートか。
GM
ドンッ! 5倍ダメージ!!
ロリアPL
最終ダメージ5倍って期待値のダメージどんなもんです?
GM
実際のプレイでは【ワイズマンの杖】を出してない状態で1発27〜30ダメージくらいだったので、5倍にして140ダメージくらいですかね?
ロリアPL
ひどい。
GM
さすがに半分は削れると思ってたのでそれとマーシュとワイズマン足せば勝てるかなー? って。
クスクルPL
せんせー、ボクのクエストが他の人に比べてしょっぱいんですけど。
GM
すみません!!!!!!
マリーPL
用意してくれた立派なクエストに文句言うんじゃありません!
ロリアPL
リザレクションですよ! 死者蘇生ですよ! 【魂P】ないとダメですけど!
ワイズマンPL
こっちはコストが高くてクエストを出す前にゲームが終わりますから!
クスクルPL
ん、んー、ま、まぁ、不幸順にいいイベントが配置されてたと考えるか(煽る)。
GM
場合によってはクスクルさんのが最後に出るかなーとも思ってたんですよね、クスクルさんの中の人ゲーマーだから。

そういう意味では地味だけど使いどころが一番重要なクエストという立ち位置で入れていました。
ワイズマンPL
もしこのクエストでズマンが死んだ場合、【魂P】が0になるようですが、エンディングだと関係者一同しか思い出せないくらいに存在ごと消え去るんですかね。そのパターンも見たかったですね。
GM
そう、クエストを公開するとワイズマンは【魂P】0になっちゃいますが……その話は、次のエンディング回のところで話しましょうか!
マリーPL
わくわく。

- ED話『エンディング』

GM
エンディングは私の好みで割とガッツリやっちゃいましたね!
やれるチャンスがあるならエンディングにも時間を割きたいタイプなので!
ワイズマンPL
エンディング部分も割とガッツリ戦闘があってイベントてんこ盛りでしたね。
GM
イエス! まずマーシュ前編から!

マーシュが故郷を襲った【最強のドラゴン】と戦う展開です!

最強のドラゴンを倒せなかった場合はマーシュがお亡くなりになり、マリーが元通りの歴史を送るエンドになる感じでした。あるいは【ゼヌーラ】してでも勝つというエンドがありえた!
ロリアPL
エンディングなのにシビアだわ……。
マリーPL
死んでも【ゼヌーラ】はイヤでした(真顔)。
クスクルPL
読者的には【ゼヌーラ】パターンも見たかったと思いますが……。
GM
ちなみに、もしここでマーシュが死んだ場合、旅立ったマリーと全てを知ってるワイズマンが出会ってその後の旅をします。それはそれで面白いかなと。
ワイズマンPL
ああ、それは切ない。
マリーPL
その時に出会うマリーはワイズマンのことを知らないッ……!
GM
そうです。ワイズマンの方は「マーシュ死んだのか……」と内心思いながら。

マーシュが最強のドラゴン戦で【ゼヌーラ】してたケースはあまり想定してませんでした。
ワイズマンPL
【ゼヌーラ】されてたら脅迫できなくなるじゃないですかやだなあもー。
マリーPL
ダークズマンだ。

 
 
GM
そして次、ワイズマン前編!

ワイズマン前編はもう完全にイベントのみだったので特に言うことはありませんが、後編部分にちょっとした分岐が用意されていました。それは後ほど。

ちなみにワイズマンが決戦で例のクエストをぶっ放していた場合、ワイズマンの魂は消滅します!
ワイズマンPL
消滅。いい響きですね。
GM
が、狼シースが最後の自分の最後の魂をワイズマンに与えてくれて、現世ではワイズマンは無事に復活できる予定でした。

これはロリアみたいな流れですね!
ワイズマンPL
親不孝者ー!!
マリーPL
じゃあロリアもズマンも倒れた場合はどちらか片方だけ……ゴクリ。

マーシュも死んでてズマンも死んでた現世エンディングもありえたのかな。出会えない。
GM
かもしれない。

そしてワイズマンは目覚めてハキム師に呼ばれて旅に出ます!
ワイズマンPL
つよくてニューゲーム!
GM
果たしてシースと出会うことはできるのか!? みたいな引きで前編終了!

なおダークワイズマンはどっちにしても出てきません。現世では同じユニットの魂は同時に存在できない!
ワイズマンPL
ダークワイズマンをラストバトルに呼んであげられなかったことだけが心残りです。
GM
ああ、そこは少し残念でしたね。
マリーPL
杖を出したり入れたりしていましたもんね。
ワイズマンPL
ハキムさんが【(ダーク)ワイズマンの杖】を出し入れしたりしてましたねえ……。

 
 
GM
そして次! ロリアとクスクル、前編!

2人は目覚めて間もない『闇』の本体と戦います!

もしロリアとクスクルが『闇』を倒せなかった場合、タクーシが代わりに犠牲になってその場を逃げ出す展開になる予定でした。
ロリアPL
黄金の鉄の塊であるタクーシ、強い。
マリーPL
さすがはナイトだな。
クスクルPL
最終回で死んで、聖弓を手に入れてなかったらタクーシが死んでたかもしれないんだ……。
GM
クスクルが死ななくても【ヨルムンガンド】の撃破報酬で好きな聖武器をもらえたので大丈夫ですよ!
クスクルPL
お、お得。今なら聖弓もセットでついてきます。
GM
で、敗走した場合は、いつも通り世界が『闇』に呑まれ始め、お城で妖精イーリスを渡されて、合流した4人で再び『闇』に立ち向かう展開になります。
ワイズマンPL
おっと、そんな大規模な分岐が予定されてたんですね。
マリーPL
おおー、それはすごい分岐!
ロリアPL
2人はギリギリでしたもんね、『闇』の本体戦。
GM
マーシュの【最強のドラゴン】もそうですが、なんだかんだでみんなギリギリ成功させてるからすごい! 誰か失敗すると思ったのに!
マリーPL
温情がありましたし!
ワイズマンPL
テストプレイ時でも闇の本体とはやりあってなかったのでこれが初めての戦いでしたね。
GM
そして結局ロリアとクスクルがギリギリで『闇』を撃破! すごい!
ワイズマンPL
たった2人の最終決戦!
ロリアPL
いやあ、闇の本体は強敵でしたね(攻撃判定カットの温情なのに)。
GM
これでロリアとクスクルは一躍英雄です! ワーピピー。
クスクルPL
もとからカワイイんで有名なんだけどね〜。
マリーPL
クスクルさんがこれまた攻撃力で圧倒しているんですよね。
GM
ロリアさんの選んだ【聖槍ヴァルキウス】ってあんまり攻撃力高くないし! 

 
 
GM
そしてエンディングは後編へ!

城に凱旋したロリア&クスクルの後編から始まります。後編はほぼイベントばかりでしたね。
ワイズマンPL
クスクルくんが妖精からマーライオンに転生する後編!
GM
そう、世界が救われたのでパーティーやらお祭りでドンチャン騒ぎ!

魔王さんはやることがなくなったのでヴィクターの城で穏やかに暮らしてるでしょう。
マリーPL
魔王さんが心穏やかに過ごせるイフもあった。よかった。
クスクルPL
ボクが魔王のパンツを洗ってるからはいていないんだよ。きっと。
GM
クスクルさん返してあげて!!

そしてヴィクター王は人生の目標が勝手に達成されちゃいました。そりゃはしゃぐわ。
マリーPL
ヴィクター王の心情やいかに。
ロリアPL
そういえばそれとなく聞いた時ぼかされた気がするんですけど、結局クスクルはエンディングの世界では最初から【妖精】なんです?
マリーPL
結局、その辺は言及されてないですよね。
クスクルPL
妖精のような気もするけど、そうじゃないような気もする、それを決めるのは読者の皆さんです(棒)。
ロリアPL
セッション時は監獄記憶持ちがボケたせいで流された!
マリーPL
レインちゃん……。
GM
あれはレインがボケてただけで、監獄世界と関係ない人からは最初からクスクル=妖精だったと思われてます!

ロリアもそうですが、その人(PC)の望みの姿を取れる感じでしたね。
ワイズマンPL
因果は都合よくねじ曲がったんですね。
GM
むしろ監獄世界にいたからこそ、フリーダ王女やレインはクスクルがどっちが本物かよく分かってないという。
クスクルPL
王様が人工妖精を作る必要のない世界になっちゃったけど、ボクは野生の妖精なんだろうか?
GM
その辺どうなんでしょうね。基本的には好きに設定してくださって結構なんですけれども。

 
 
GM
そして次、マーシュ&ワイズマン後編!

お二人が合流してお城に行ったら、ここが『ニューワールド』の世界だということが明らかにされます! ファーストワールドでもセカンドワールドでもなかったんだ!
ワイズマンPL
(どうでもいいんですが世界の名前ってなんでしょうね。我々も世界に名前なんてつけてませんしね)
GM
(私たちの世界の呼び方は「地球」みたいになるんでしょうかね)

それはさておき、マーシュ&ワイズマン&マリーは城下町へ繰り出すわけですが……。
ワイズマンPL
主にマーシュさんが死にそうになってましたね。
マリーPL
何もしてないのについてまわる不貞の罪。
クスクルPL
新たなる武器、聖なる包丁の登場。
GM
そしてアレン君の(元)恋人がなぜコリーナなのがよく分かりませんでしたね。

脅迫されているとしか思えませんがそういう関係ってリアルに存在するんでしょうか。
ロリアPL
尻に敷かれるタイプなだけですよきっと。
ワイズマンPL
誰も見てないところではイチャイチャしてるやつでしょうか。そういうことにしておきましょう。
GM
コリーナ「キィィーブッ●してやる!」(包丁を取り出しながら)
マリーPL
コリーナさんの性格がアレンの記憶から継承されてたのなら、もう恋人になるという未来を避けそうな気がする展開でしたね!

そういう関係にならないに越したことはない! 逃げよう!! みたいな。
GM
「このまま逃げよう!」 ありそう。

でもアレンを御せるとしたらコリーナさんしかいない気もする。
ロリアPL
年単位で結婚資金貯めてまだかまだかと待ってたら女連れでやってくるんですよ、そりゃ修羅場になります、はい。
GM
そうですね、はい。
クスクルPL
かの猛将、福島正則は女性問題で嫉妬に狂った夫人に薙刀で追いかけまわされたという逸話がありますから、ありえると思います。はい。詳しくはウィキペディアあたりに書いてると思います。
GM
ひいい!
マリーPL
マーシュくんは一体何故コリーナと恋人になったのか……。
GM
永遠の謎!

 
 
GM
そしてラスト、気になるワイズマン後編!
これはワイズマンが最終決戦で死んだか否かで分岐予定でした。

ワイズマンがハキムの家に行くと、そこには……。
ロリアPL
(老婆との再会は感動的でしたね)
マリーPL
(そこ?!)
ワイズマンPL
(ババァアアアーン! ああ、老婆はループを重ねた末のシースの姿だったんだ……)
マリーPL
(ワイズマンさんが錯乱してしまった)
GM
で、ここのワイズマンのシースとの再会シーンは素直に締めに使うつもりでしたが、これまでの経緯に応じて分岐がありました。

もしワイズマンが最後にクエストぶっ放したり死んだりして【魂P】が0になった場合、狼シースが自分の最後の魂をワイズマンに与えてくれて、現世ではワイズマンは無事に復活することができます。
でもその場合、残念ながらシースは……。

……と思った?

実はハキムの家に行くと、前回やったエンディング通り、なんとシースと再会できてしまいまーす!
ワイズマンPL
おっと?
GM
なーんだエンディング分岐なんてないじゃーん、と思われるかもしれません。

が、このルートではワイズマンとシースの再会の会話中、ハキムさんからこんなことを言われます。

ハキム「ワイズマン……誰と話しておるんじゃ……?」
ロリアPL
ホラー。
クスクルPL
怖い!
マリーPL
あっ。

ワイズマンさん……とうとう幻覚を見るほどに……。
ワイズマンPL
「ハキム師が妙なことを言っているぞシース。ボケが来たのだろうか」
GM
残念ながら他のPCたちにもシースは見えません。
そう……ワイズマンは、「自分の中にあるシースの魂」と会話しているのです!

もちろん、ワイズマンはシースと一緒にピクニックに行ったりすることもできるでしょう。
ワイズマンだけが見えるシースと一緒にね……。
クスクルPL
ルンルン気分で怪盗っぽい恰好のおっさんがピクニックか。
マリーPL
周りから見たら気が狂ったようにしか!
ロリアPL
生暖かい目で見られるやつだ。
ワイズマンPL
なにを言っているんですか皆さん。幸せじゃないですか。
GM
本人的にはこれ以上の幸せはないでしょうね!

ということでワイズマンが死んだ場合はこんな「しあわせなけつまつ」をご用意していました!
いやーこっちのルートも私好みだったんですけどねー。
マリーPL
正直、私も超絶好みです。その展開。
GM
他の人視点だと、明らかに正気を失っているけど幸せそうなおじさんになるところでした。

ワイズマン「何を言ってる、シースはここにいるじゃないか(※他の人には見えない)」
マリーPL
みなさん、これが噂のメリーバッドエンドです。
ワイズマンPL
でも事情を知ってるみんなならちゃんと理解してくれますよね!

理解(ワカ)ッテクレマスヨネ……。
マリーPL
話だけ合わせて頭と心の心配をしちゃうやつだ。
クスクルPL
チーフと看護師さんのところに強制送還です。
GM
仮にそうなっても大丈夫、シースが毎日お見舞いに来てくれるから!
マリーPL
そう。あなたにしか見えないシースがね……。
ロリアPL
むしろシースのこと以外正常に振る舞うせいで余計に始末がわるいとかそういうことになりそう。
ワイズマンPL
あれだけ魂を切ったり貼ったり分けたりノリでくっつけたりしてきたみんななのにひどいや。
マリーPL
ノリでくっつけた。
クスクルPL
ズマンがノリだと思ってたやつは、貼って剥がせるヤツだったのです。
GM
でもそんなこと含めて色々考えてたら、みなさん普通に全部勝っちゃうんだからなー!!

実際のところ、決戦で3人+αくらい死んでいたなら、ワイズマンが他の人に見えないシースと幸せに暮らす切ないエンドになっててもまあよかったかなとは思ってます。
ワイズマンPL
もしラストバトルで全滅してた場合、GMなら最後まで本編エンドと同じ演出をしたあとで、

「ここで皆さんを見た人がもしいるのならば、闇に侵食された荒野のなかで這いずりまわるかつての英雄たちの姿を見たかもしれません……」

とか言い出すと思ってました。
GM
エンディングが幸せな夢オチー!?
クスクルPL
かつての英雄たちの姿、そう、ゴーストドックの姿が……。
ワイズマンPL
エンディングセクションでさえ忘れられていたドッグさんのことはもう歴史から抹消しましょう。
マリーPL
助けた人が酷いこと言ってる。
GM
しかもワイズマンさんの元PCだったのに!
ロリアPL
まあただのランダム生成NPCですし、はい。
クスクルPL
あー、これ、ゴーストドックに人気投票いっぱい入るわ。

 
 
GM
とにかく今回は全てが普通にハッピーエンドだったのでコンテンツとしてはモヤモヤしなくて済んで良かったですね!
ワイズマンPL
本当に運よくきれいにおさまりましたね!
マリーPL
みなさんの手腕によるものですね。そしてGMもお見事です……!
クスクルPL
いやいや、主にボクのダイス目が良かったからだよ!(威張り)
ロリアPL
イーリスは犠牲になったのだ……。
GM
そうそう、悲しいことですが今回のエンドではイーリスだけが出られなくなったんですよね。
マリーPL
イーリスは平和な世の中では発生しないから……。

(ネタバレ防止)さんがいる時点でいられないんですけれども。
ロリアPL
クスクルの存在が妖精として固定化したなら、魂さえ残っていれば転生していた可能性も……?
クスクルPL
イーリスはボクの中に……すらいない。
GM
はい、クスクルの中のイーリスの魂はすでに消費済みです。

出るとしたら、ロリア&クスクルの【闇の竜】戦闘で失敗してた場合ですね。
この場合、レインとデュークガルツとフリーダ王女が行方不明になる代わりに妖精イーリスが出てくる予定でした。

 
 
GM
と、いう感じで、以上、セッション振り返りでしたー! いやーずいぶん昔のように感じてしまいますね。

今回のキャンペーンの主なテーマとしては、もう片道勇者を遊び込んでくださっている方がいるのでちょっとだけ外しつつ、原作の雰囲気も出せるような感じでやれたらいいかなーと考えて作ったシナリオでした。
ワイズマンPL
そうそう、原作とはまったく違った流れだったので新鮮で楽しめましたね。
GM
そう言っていただけると幸いです!
マリーPL
とても重厚なシナリオで、大変新鮮味もあり楽しめました!
GM、みなさん、あらためてお疲れ様でした、ありがとうございました!

イラスト紹介!

 
リプレイ各話のイラストを並庭マチコ様が描いてくださいました!
初出は主にドラゴンブック編集者さまツイッターのカクヨム紹介時ツイートです。

素敵なイラストの数々、本当にありがとうございます! 

 
 
【第1話】
 
GM
これは2人の関係をすばらしく表現している一枚! ロリアのうんざりしてる顔が素敵!
クスクル
これは女風呂を覗くためにロリアに肩車の協力をして貰っている図だよ!!
ロリア
違います、クスクルさんが飛び乗ってきたので投げ飛ばす一歩手前の図です。
ワイズマン
クスクル君は本当にかわいいな!
マリー
アライグマは、見た目だけならかわいいのに……! ロリアさんもとても愛らしくてよ!

 
 
【第2話】
 
ロリア
これは一体……。
クスクル
お値段以上だよ。某家具屋さんで好評販売中「ワ椅子マン」!!
ワイズマン
これが最後にみたズマリーの姿だった……
GM
ああーワイズマーン!! マリーは高飛車キャラですが、なんだかんだで意外と(?)本編では真面目でしたよね。

 
 
【第3話】
 
ロリア
こんな真面目そうな男の人いましたっけ……。
ワイズマン
おいマーシュ、右側は誰だ?
マリー
さっすがわたくし!! 美人で可憐で華麗ですわ!! おーほっほっほ!
クスクル
「おーっほっほっほ、アレンを手のひらで転がしてあげますわ」の図だよね!
GM
全裸になったとは思えないくらいアレン君がかっこいい一枚! マリーの憂いた表情が好きです。

 
 
【第4話】
 
GM
ドMのフリーダ王女がかわいくて素敵!(そして表情がアブない!) ちょっぴり危険な雰囲気の一枚、ありがとうございます!
クスクル
王女の身体に食い込んだロープって売ったら高額になりそうじゃな?
ワイズマン
縛り方が不適切、ある意味適切ではあるな。
ロリア
私は何も知りませんし見てませんよ、はい。

 
 
【第5話】
 
GM
妖精化したクスクルさんがかわいすぎる! この2人はなんだかんだで仲がいい気がします
ロリア
思えば2人同時に姿が変わったんですね。
クスクル
ボクは知らなかったんだ。ボクがこの後マーシュの耳長剣を隠すための便利アイテムになるなんて……。
ワイズマン
その耳長剣が増殖しまくるとはな……。
マーシュ
待て。ここまで邪悪な笑みを浮かべた覚えは一度もないぞ?!

 
 
【第6話】
 
GM
今回のある意味での主役、シースとワイズマン! 決意を感じるワイズマンと不安そうなシースの表情が好きな一枚です!
ロリア
2人には幸せになって欲しいものです。
クスクル
お父さんゴメンナサイ、シースを無意識でいじめて、あ、燃やさないで……。
ワイズマン
シースゥー!シースゥー!!!スーハースーハースーハースーハー シースゥー!!!!!

 
 
【第7話】
 
ロリア
私が(レーティングを)護ります!
クスクル
このシーンてボクには色々見えちゃってるよね。実況中継すればいいの!? わーいっ♪
マーシュ
なんで……なんで脱いだところを!! よりによって!! ぐあー!
ワイズマン
我輩は!?
GM
みんな格好良く決めているのにもう少しで見えそうな危険すぎる一枚! ワイズマンさんはみんなの心の中に――。

こんなにたくさんのイラストを描いてくださった並庭マチコ様、本当にありがとうございました!

皆さまのコメント

以下は皆さまからお寄せいただいた、前のED話『エンディング』へのコメントです!
最後までたくさんのコメント、本当にありがとうございます!
 
名前 寄せられたコメント
騎士
ロリア
「>半獣化してる方がシースの欠片を感じられる気がするので半獣のままいきましょうか。
 これが、これが主人公力ッ!!!無駄になったけど!w」
「闇討伐おめでとうございます!その結果世界で唯一の半獣人になってしまいましたが、未来はきっと明るいですね。いつまでも愉快な変t…仲間たちと共に!」
「1人で半ケモになってしまって少し悲しいですが、もはや壁のような硬さと仲間を守る技術が手に入り、ケチなヴィクター王の元、ずっと薄給だった環境も改善され、まさにハッピーエンドですね!お疲れさまでした!」
「本編では唯一完全死亡となってしまいましたが、最ッ高に主人公だったぜ! お相手に関しては……ネタ路線で行くならタクーシ、真面目路線で行くなら謎の一般男性かデュークガルツ卿を推しますかねぇ。最後のお疲れ様会も楽しみにしております」
「『ロリア 老婆『ワシじゃよ」は今回の一番の吹きどころでした。ロールは真面目なのによりにもよってエンディングで何やってんの!」
「お疲れさまでした! 最後なのでいろいろ言いたい事があった中、≪老婆『ワシじゃよ」≫にすべて持っていかれましたwww シリアスな展開を泳ぎ切る真面目ロールな中、たまに来る↑こういうの大好きです」
「みんなが再会した時にロリアとクスクルはもう……みたいな展開にならなくてよかった」
「メインヒロインお疲れ様でした! 移動要塞さながらの堅さと主砲が甲板ごと吹っ飛んだかのごとき扇風機っぷりに二重の意味で涙が止まりませんでした!! 安定の王道ロールも最高です!」
「最初から最後まで騎士として貫いていて格好良かったです!」
「最後までダイスが最あk… いや、元凶を速攻で倒すなんてすごいッスネ!」
「この世界でおそらく唯一の半獣人となったロリアさん、今後半獣人が生まれたら、この世界では半獣人は迫害対象でなく伝説の騎士と同じ身体特徴として崇められそうですね」
「ワイズマンの中の人も言っていましたが、クスクルとのコンビが本当にハマってました。この2人でなら誰にも負ける気がしない!」
「シースを思って半獣人を選択する優しさが好きですよ……しかしそれがまさかあんなオチになるとはw」
「ただ1人残った半獣人として、アイドルデビューする次回作が始まるんですね」
狩人
クスクル
「最後までぶれずに突っ走りましたね、そこに痺れますが憧れません。出目も終始安定して、実は一番勇者としての素質があったのでは?と思ってしまいます。これからもセクハ…ムードメーカーとして期待しています!」
「ちょっと周りのスルースキルレベルが上がってきて少し苦しい感じに。でも最初から最後までボケ倒してこそのクスクルですよね。お疲れさまでした!」
「延長戦でもメイン火力! 今回はキャラよりもエンディング後の反省会?でのPL発言の方が印象に残りました。 確かに酷い事ばっかりやってたなぁ……(遠い目)。ニューワールドの世界がデッドオアマリッジな1名を除いて幸せ極まりない優しい世界になったのは間違いなく闇の竜戦アタッカーを務めたクスクルのおかげだったと言えるので、結果良ければ全て良し、ですな!」
「お疲れさまでした! 『こんなに可憐な少女』が、ムードメイカーなのに闇を倒す主なダメージソースて……堅実な戦いをするからこそ、ロールが冴え渡るんですね!ロリアと本当にいいコンビでした! 毎回下ネタとかトリックスターな振る舞いで笑かされて&楽しませてもらってました。ありがとうございます!」
「エロイグマぁー! 熊じゃなくなったらエロまで減ってるじゃん!? オッサンにセクハラとかじゃなくてさぁ、もっとこうさぁ…っていうかせっかく性転換したんなら自分も脱がんかぁぁぁッ!! などという些末な愚痴は最終便に相応しくないから胸にしまっておいt…あれ、これもう撮ってる!? あー、オッホン。アライグマクスクル超カワイイ! 妖精クスクル絶・可愛い!! ホントだよウソじゃないよただちょっとセクハラされるクスクルとかも見たかったなって思いつつそんな肩透かしや変化球まで含めてサイコーに面白かわいかったよ!! あと何気にケモ耳風味の縁取り付リボンとか細部に神よ宿れと言わんばかりで超好きなんだけど、これは中の人とGMどっちのアイデアなんでしょう?」
「師匠に憧れて【エッチな】 キャラ使いました。ひたすらイーリスにパンツの色を聞きました。楽しかったです」
「最高のムードメーカーでした」
勇者
マーシュ
「おめでとう!『全裸勇者』から『子持ちやもめ(間違い)パシリ恐妻家』にしんかした!……不幸*2の魂を持ったが故でしょうかね…。でも故郷を救えて本当によかったと思います!マリーと共に武勇伝を築くことを信じて!そしてゼヌーラを信じて!!ゼヌーラを信じて!!!」
「脱がなければ、あと攻撃を外さなければ、あとあと頭が上がらない人がいなければ、割とまともに勇者できていてカッコよかったです!背中から刺されないように本当に気を付けてね…(×5.0的な意味で)」
「そう、そのまま飲み込んで・・・俺のレーヴァテイン」
「婚約者がかなり病んじゃってる人だった事も含めて、アレンの不運力も中々の物だったのですなぁ。
ちっちゃいマリーが今後どういう出会いをして、どんな相手とくっつくのかには少しばかり興味があります。
そのあたりも語られていればいいなぁなどと思いつつ、お疲れ様会を楽しみにしております〜」
「ゼヌーラ…ハムイ…うっ頭が….」
「苦労人系勇者、なんだかんだでおいしいキャラになりましたねー」
「ついに、耳長の里を救えたんや…!幻影を救った時は切なさが残ったけど、今度こそ本当に…よかったね、マーシュ! エンディングでは脱がなくて正解ですって! あ、でもきっとこの後の飲み会で記憶が飛んで、朝になったら全裸なんですね。これはコリーナに●される……よ、よかったね、マーシュ(震え声で」
「現世でゼヌーラしなくてほんとよかった」
「最強ドラゴン戦も超燃えた!! 正直アレンとマーシュは完全に同じじゃないんだからって言ってシースとくっつく展開も有るかなと思ってたんだけど、コリーナと添い遂げると決めたからにはマーシュ、早く式上げちまえよ?」
「悲運の勇者(全裸)の運命やいかに (続け…!)」
「最初にマーシュが出てきた時は『おのれマーシュ!マリーのゼヌーラが!」と憤ったものですが、終わってみれば凄く勇者していて、最高に格好良かったです。しかし最後に言わせてください…おのれマーシュ!」
「なんだか切ない帰還でした……マリーとしての本懐を遂げつつも自分はマリーではないという。しかし、(元?)お父さんとの再会がゼヌーラでなくて本当に良かった! マーシュのダイス目にはいつもヒヤヒヤと楽しませていただきました!」
「ギャルゲーの主人公みたいになってて笑いました」
詩人
ワイズ
マン

「ワイズマンかっこよかったです」
「『マーシュは全裸ですか半裸ですか?』の冷静な確認にしびあこですwww」
「最初の時は何やら不穏な感じに思えたのも、懐かしく思います。精神的な意味で勇者だったのはワイズマンだったと今では感じます。これからはシースと共に親子としての時間を過ごしてください」
「シースと絡むとカッコよくなり過ぎでしょう…!性格もすごく丸くなって、娘たちと幸せに暮らしていける事でしょう。お疲れさまでした!」
「延長戦で大団円! 最後の最後まで良い主人公で安心しました。 奥さんの事は残念でしたが、あんなに良い娘を遺してくれたのです、是非とも幸せになっていただきたい。どこぞの馬の骨とかどこぞの変態とかが寄り付こうものならダークズマンの杖が火を噴くんでしょうなぁ……ご、ゴーストドッグさんが出なかったのはきっと今度こそ主人公になるべく違う世界に旅立ったからだから……! 決して『ここでも半ケモが英雄になりやがった」とかやさぐれて姿を消したわけじゃないから……!」
「お疲れさまでした!! シースと再会できてよかったですね!ハードな人生(+7回くらい転生)の果てに感動の結末にたどり着いてくれて、本当にうれしいです。ラストでマーシュ相手に見せた黒さもさすがです(笑)詩人の本領発揮…! あなたは間違いなく今キャンペーンの主人公でした!」
「やったな親父っさん! やり直せなんて言わない、今までがあるからこその『今から」を、今この時から積み重ねればいい。父娘の大切な、かけがえない時間を2人で。そして何年かしたら中年丸出しの親父っぷりに鼻つままれるようになって涙するがいい…」
「どこか別世界で起こった、誰も知らぬ戦いの物語を紡いでいくのは、詩人たる彼の役目になるのかなぁ...なんて空想をしました」 「娘さんとお幸せにねワイズマンさん!」
「皆さんとても素晴らしいプレイングでしたが、ロールプレイに関していえば、ワイズマンがMVPに違いない!最高に格好いいおっさんでした!」 「お父さん娘さんを俺に下さい!!!」
「シースとの再会おめでとうございます、最後の最後まで泣かせてきやがる……ッ、と思ったらまさかの後付け設定だったとは! 今回一の衝撃でしたね!」 「ワイズマーン!俺だー!中和してくれー!」
理術士
シース
「シース>< パパや皆と幸せになるんだよー><」
「良かった…世界は優しかった……。頑張りが報われて本当によかった……お父さんとの楽しい時間をこれから作っていけることを信じています!本当によかった……!」
「最初は喉を焼かれたり井戸に放置されたり水責めにされたりと、悲惨という他ありませんでしたが、動物耳も尻尾もなく、ちゃんと喋る事もできるようになって、本当によかったですね。でもズマンの趣味的には耳尻尾はあった方がよかったのかも?」
「優しい世界へ、お帰りなさい。お母さんの事だけは残念でしたが、ようやくお父さんと一緒に暮らせるようになって良かった……この娘ならきっと『お父さんと洗濯物を一緒にしてほしくない」とか言い出したりしないでしょう。何だ天使か」
「シースよかったー!!(嬉泣) やっぱりシースがいなくっちゃ!幸せになってくれてうれしいです! ピクニックとかクリニックとかいっぱい行ってあげてくださいっ」
「おめでとう。半獣でも君の近しい人達は差別なんかしないけど、今世では誰からも迫害されずに過ごした穏やかな日々があるもんね。辛かった記憶はなくならないけど、その一部はお父さん達がどんなに強く優しい人達かを知る旅路だったから。だから、繰り返した辛い記憶の分までどうか穏やかに安らかに生きてください」
「幸せなエンド!本当によかった!」
「シースぅぅぅううううう!!!!!良かったねぇ……ほんとに……(号泣)ケモ耳しっぽ無くなってもシースの魅力は全く下がらないよ!!!好き!!!ズマンお父さんと一緒に幸せに暮らしてね……!」
「生きててよかったー!あと投票時の『もと』灰髪の半獣人、というので、なんだか感慨深く」
「娘さん俺と結婚してください!!」 「うわあああああああシースゥゥゥゥゥ! 生きていてよかった・・・生きていてくれて本当によかった!これからはお父さんと幸せに生きていってくれ!」
狩人
レイン

「元気なボケっぷりで何よりです。これからも師匠との掛け合い漫才に期待しております!フリーダ王女の友情…も」
「良かった。アレに遭ってああなる事故なんて無かったんだ…。フリーダとずっと一緒にいられるようになってよかったですね。ドMでよければ」
「ようやっと本職に戻れた感がある人。イーリス……? うっ、頭が……!」
「レイン!! レイン!! レイィィィィィィィィィン!!!! しつこい? 何度でも言うわ! これが最後の機会なのに遠慮するか!! ありがとうレイン!! 生きててくれてありがとう!! おめでとうもだけどそれ以上に俺が君を好きだからとにかくありがとう!! 開発記読んで泣いた! 連載始まるや再会できてめっちゃ嬉しかった!! 師弟の夫婦漫才っぷりに嫉妬した! でも楽しそうなのがやっぱりメチャメチャ嬉しかった!! 『君がもういない世界線』がなくなる訳じゃない、それでもこの物語だけでも『遠い世界では生きてます』じゃなく『記憶を共有する“あの”皆と一緒に暮らしてます』が成ったことにただ感謝しかない。レイン、そういう訳で結婚してください!!(脈絡がない) 」
「正史ではないのかもしれないけど、レインがレインとして生きていけた可能性を見る事が出来たのは嬉しいですね。酷い接頭辞のついた友と接頭辞なしでエッチな師に恵まれて、彼女の突っ込みはきっと末永く冴え渡る事でしょう」
ドMな
フリーダ
王女

「ロリアたちとの会話では原作の面影が見えてよかったです。元気が一番ですが、どうか縄遊びは死なない程度で……」
「『闇』が瞬殺されたおかげで、レインと事故に遭わなくてよかったですね。特に描写が無かったですが、きっと記憶と特徴を引き継いだ上で、腐女子でもなくなっていますよね!」
「相も変わらず王族としての感性が腐っておられるお方。間違いなくドSでもあるドMなフリーダ王女、記憶があってもなくても平常運転だろう事が容易に想像つくので、デュークガルツ卿や英雄ロリアの胃が心配です。基本みんな生き返ってハッピーエンドですが、この人に関してはとっくの昔に自滅で死んでるんだよなぁ……」
「こっちの世界でもドMだったー?! なんてことだ…。なんてことだ…(大切なことなので二回(ry」
黄金の騎士
タクーシ

「安定のタクーシでしたね。道は世界の果てより厳しいと思いますが、ロリア隊長との結婚を密かに応援しております」
「エッチな魂を持つなりに大きく貢献してはくれましたが、別に本気で隊長を狙っているわけではないような気がしないでもない印象。魔王も復活しているので、またいつぞやの様にこんがり焼かれない様に気を付けて……」
「ああ…ロリアの婿エンドが幻視(み)える…それもまた可能性の1つか。 むしろ同志たる王女と結婚しては…えっ、普通の(=真面目な)人じゃないと嫌? …タクーシの恋の行方が楽しみです(微笑) 」
「ロリアさんを幸せにしてあげてください!!!!!」
理術士
ハキム

「NPCで一番いいとこ持ってった人だと個人的に思っているハキム師。魔物やら盗賊やらは色々な場所にいるのでしょうが、無理に戦う必要もなくなった世の中で子供達を教え導く優しくも厳しい老師として、これからも活躍を期待しております……」
「何度も身を挺して一行の旅に貢献しようとされていた師の元気なお姿が見られ、欣幸の至りでございます。それから…飲み会の場所提供ありがとうございます(笑)」
鍛冶屋
ダグド

「まさかの登場で修羅場を加速させてくれたオベリスクの持ち主。きっと英雄のために『火炎の聖槍ヴァルキウス』とか鍛えたりしてるんだろうと思ってます」
「『おっとおまえのは【ショートブレイド】だったか? ハッハッハー!』って、おっちゃんー!!確信犯じゃないですかー、やだー!! もっと言うなら『お前のそれ(腰に差した剣を指して)は俺が鍛えたんだぜ!』」
コリーナ
「満を持しての登場でこの存在感。アレンの魔王はここにおったんや……アレンがマーシュになった事については色々補正されているものの、マリーが故郷で仲の良かった妹分として紹介されているとかそういった気の利いた補正は一切ない辺りが彼の不運力を物語っている気がします。マーシュ、生きろ……!」
「ちょ、コリーナさぁあああん!!勇者殺しちゃダメですってー! マリーとダグド(ぎりぎり幼女と大男)を見ても浮気相手認定とか……愛が深すぎてマーシュの未来が不安です(微笑) 自家製では会えなかったアレン(兵士A)と、今リプレイでは再会できて本当によかったですね!」
「最終回でものすごく濃いキャラが来たなあ(笑)って思いました!」
「コリーナ(重要NPC・勇者殺しの勇者)なんてね!」
魔王
「実は原作片道(無印)で易しい旅でしか勝ててません。おかげでTRPG公式キャンペーンの内容読んで愕然としました(王&王女も)」
「ドレスがどんなのか…私、気になります!!」
「王様と併せて長く生きすぎた人ではありますが、被害が少なかった分、良心が咎める事もなく、PC版以上に穏やかな余生を過ごされる事でしょう。……問題は燃やすべき変態が多数いる事ですが、時に全裸でか弱い半獣人の女の子に『夜道に気を付けて』とかいう耳長をどう思います?」
「サラさん素敵です…!魔王にならずに、死なずにすんだんですね!本当によかった(泣) まともなドレス姿ってところにときめきました。GMが描くの大変だったら、二次創作でも送っちゃおうか…(ボソ」
「決死の覚悟で蘇らせた『闇』がすぐに倒されて……『嘘!?』って思ったのは王様だけじゃなかったでしょうね(笑)。ある意味、お疲れ様でした!」
妖精
イーリス

「イーリス(´;ω;`) 原作からして切ない設定だったけどこっちでも…GM−!イーリス救済シナリオまだー!?」
「片道勇者の某EDを思い出しました。闇と戦わなければ会えないって、凄く複雑な気分です。でも、あの明るさにはゲームTRPG両方ともほんと助けられました」
「あの時点で闇を倒せば、当然彼女は生まれない…切ないですね……。でも今の妖精クスクルがいるという事実が、彼女の生きた確かな証だと思っております」
「『闇』が生まれなかった世界では…この場合は瞬殺ですが…イーリスが存在しない、というのは原作でも言われていましたね。やっぱり、空気になりがちだとしてもいないとなると寂しい」
「無茶しやがっ・・・ありがとう・・・ありがとう・・・」
「闇を倒して平和になった世界には存在できない(生み出される機会がないから)なんて、悲しいですね…。でも、最後に登場してくれてよかったです。 『みんなの心の中で イーリスは 生き続ける』」
「イーリス頑張った!彼女はニューワールドに居場所がなくて残念だったけど、どこか別の世界で幸せになってくれていると信じてます。量産されたイーリスを集めて村を作ろう!」
「皆の旅を助けてくれてありがとう。いっぱいアドバイスして、いっぱいツッコミ入れて、賑やかにしてくれたよね。魂は最後までもたなかったけど、きっと1人分の形までは保てないちょっぴりの欠片がクスクルやレインの中に生きてるよね。ありがとう。さようなら。クスクル達の中で、また明日。ね」
「TRPGプラスの表紙の、背中がセクスィだったのでwww」
「この物語全体を通して、唯1人会えなくなってしまった人物...
取り戻した平和を見届けてから旅立てたのは、救いなのではと思います」
「イーリスが途中でいなくなってしまった時は悲しかったよ……。当たり前のようにいてくれたイーリスに、改めて感謝したい! ありがとう! そして毎回無視してしまってごめん!」
「今までお疲れ様でした、でもこれから別世界(別卓)で引っ張りだこならぬ引っ張り妖精になると思うのでこれからも頑張れ!」
「最後に飛び立って行く所で泣いた。今度ゲームをプレイする時は、忘れずに1日目に話しかけるからな!多分!」
GM
(ゲーム
マスター)

「おつかれさまでした! 自家製版もすばらしいですよ!」
「ワイズマンとシースの親子設定が2話目でできたことが意外でした。もっと前から考えていたものかと…」
「良かった……ハッピーエンドだ!面白かったです!!皆さんお疲れさまでした」
「下手をすると(出目が悲惨だと)鬱な事になってしまう展開が多かったですが、最終的にはみんな救われるハッピーエンドを用意してくださってありがとうございます!スッキリした終わり方はいいものです」
「延長戦で大団円となって最高でしたぞ!皆さんダイス目にも問題なく、最良の結果を引き当てて下さったおかげで、WOLFさんの本領発揮ともいうべきコメディ寄りの後日譚が紡がれたと思います」
「自家製みたいに打ち切りにならなくてよかったです」
「うれしい大団円!お疲れさまでした!! 終わるのが寂しいくらい、いつも楽しく読ませていただきました。読んでる側の想像以上に手間暇をかけて、こんなにも素晴らしいリプレイを読ませて下さり、本当にありがとうございます!」 「楽しい冒険をいつもありがとう!」
「PCもNPCも皆に票いれたい!けど、ここは代表してGMに!読後に余韻の残る素敵なラストでした、お疲れさまです!」 「素晴らしいエンディングでした!」
「パステル調に隅のFinは涙ボロボロエンドですよぉ!!本当にお疲れ様でしたぁ!(泣)」 「お疲れ様でした!」
「とても素晴らしいリプレイでした。思えば自分がリプレイに触れた切っ掛けは、自家製片道勇者TRPGを読ませて頂いた事から始まり、今では様々なリプレイを漁る日々を送らせて頂いています。今回のセッションも印象的なシーンが多々あり、読んでいて非常に楽しめました。これもプレイヤーの皆さんの素晴らしいプレイングと、何より優れたマスタリングをなさったGMによるものだと思います。本当にありがとうございました!次回作は…忙しそうなので厳しいかな?」
「GMの仕事にリプレイの編集と大変な作業、お疲れ様でした。そしてありがとうございます。凄く楽しめました」
●マリーへ「マリー!ローズマリー!! まさかの再登場でした!ちょっぴり普通のマリーも可愛いですね!でも口調はそのまま!」 「小さくなって再登場のマリーへ まさかの分離?登場でしたが、マリー好きなのでうれしかったです!(勿論マーシュも好きですよっ!) 里が滅ぶこともなかったので、安心して最強の剣士に育ってください^^ そしてやっぱりコリーナと三角関係になる未来が幻視されます(笑)」 「幼女マリー可愛すぎます…! マーシュの背中に隠れたり、『まあ、よろしくしてやってもいいですわよ……?』って顔を出す金髪幼女………ああ最高です……!!!」

●神様へ「何やってんですか(笑)。PCが殺る気になっちゃってますよ(笑)」

●ゼヌーラへ「君の事は忘れ(たくても忘れられ)ない……! いざこれが発動されて場合にマリーやコリーナさんはちゃんとついてきてくれるのか、とても心配です」「全裸をロールプレイする斬新すぎるTRPGにした立役者」

●老婆へ「老婆のまさかの登場で吹いたw」

●全員へ「今回はキャラに対してではなくPLさん全員に、そしてGMさんに」「自家製リプレイ版の頃から『TRPGってこんなに楽しいものなんだ…』と思いつつ皆さんのファンになりました。あれから数年、今回も楽しいお話をありがとう!そしてお疲れ様!最後にもひとつありがとう!」
「PL、GMの皆さんお疲れさまでした!」

ごあいさつ

GM
さて、ではそろそろ終わりの時間も近づいてまいりました。

このあたりで、PL一同から読者の皆さんへ最後の一言をどうぞー!
ロリアPL
あーあーそういうの苦手だーっ。
GM
では最初に出せる人ー!

前みたいにまたクスクルの中の人か!
クスクルPL
いちばーん。
GM
カモン!
クスクルPL
クスクル行っきまーす。
【クスクルより】

 自家製とは全然違うキャラで臨もうと思った今回のリプレイだったのですが、GMにクスクルの中の人はそのままでいいですよと言われて(言いましたよね?)、結局ほぼ同じようなキャラになっちゃいましたが、GMやPLのみんなの暖かいスルースキルにいつも助けていただき無事完走となりました。
 また応援して下さった皆様、本当にありがとうございます。
 クスクルはあんな感じなので、これからも元気に厄介事に首を突っ込むでしょうから、もしかしたら、どこかでまたお会いできるかもしれませんね。その時は生暖かい目で見守ってやってください。

 ……あの、普段は真面目な僧侶系とか好きなんですよ。ホントですよっ!!
 
GM
確かにそのままでいいよーって言いましたね!
要望にこたえてくださってありがとうございます!

クスクルさんはいつも通りというか、いつも以上のロールプレイが炸裂していましたねー。
ルーニーポジションをやらせたら一番だと思います。
クスクルPL
褒められた?
GM
ほめてるほめてる!
クスクルPL
わーい、ありがとうございます。
GM
そして意外にもすごくまともなコメントで皆さんのハードルが上がっていく!
ワイズマンPL
進捗だめです。
GM
3行くらいでもいいんですよ、皆さん!!

何なら前のコピーでもいいんですよ。バレへんバレへん!
ロリアPL
もう大分書けてますのでもう少しお待ち下さい!

……できました!
【ロリアより】

 キャラメイクの段階ではもう少しはっちゃけたキャラになる予定だったのですが、クスクルのセクハラ、隊長という立場などによって1話時点でかなり生真面目なキャラに仕上がってしまいました。ただ周りが濃い人たちばかりでしたので結果的に良い方向への変化だったと思います、はい。

 このTRPGセッションでは独自シナリオと小さな独自システムで進行しましたし、ルールブックにも連続する公式シナリオが掲載されていたりしますが、ふと「TRPGやりたいな」って思った時にペンと紙とダイスがあれば、ささっとボードゲーム感覚でプレイ始められるのも片道勇者TRPGの魅力だと思うのですよ。突き詰めればGMなしでもプレイ可能っちゃ可能です。なのでもし読者の中で「片道勇者TRPGやりたいけどGMやるのは面倒だな……」と感じたとしても全く問題なく、是非周りの友人を集めてプレイヤーのみでプレイしてみてくださいね。あっさり死ねますよ!

 ※キャラメイク時に攻撃判定に使うステータスは意識して高くしておきましょう。まず攻撃判定が通らないとどうしようもないので!
 
クスクルPL
なげぇ!!!!
GM
ロリアさん、ありがとうございます! これは気合入ってる!

でも本当、これすぐスタートするのにも向いてるルールなんですよね、『片道勇者TRPG』は!

そして騎士の【筋力】不足が最後まで辛かった点への言及が、はい。
ロリアPL
見直すと6話と7話の最後外しまくってるんですよね、悲しい。
GM
後半は敵の【防御値】を上げまくりましたからね!

ルールブックのラスボスはちゃんとそういうPCへの配慮もされてるので【防御値】8あたりで済んでいますが、こっちは全力で【防御値】12とか13にしてしまったので大変なことになってしまいました、本当にお疲れ様でした。
ロリアPL
あ、GMに描いていただいたロリアの絵の元となったラフ画もここに置いときます。
GM
バァァーン! ロリアさんデザイン、ありがとうございます!

最初見せていただいたときはぽやーん系かと思ったら、劇中では割としっかり者でしたね!

 
 
マリーPL
できた!
【マリー&マーシュより】

 年月が過ぎるのは早いもので、テストプレイさせていただいた頃がとても昔のように感じます。(実際は年内の出来事なのですが!)。
 いつもヒーラーやバッファーで真面目なキャラをするので、たまにはノリノリのロールプレイキャラもやってみよう! そして前線で殴るタイプ! 力でゴリ押し、思考isゴリラ! なキャラメイクをしてみましたが、如何でしたでしょうか。男女を途中で変える、というのは、マリーで結構な回数を回した後だったので、結構な勇気が必要でしたね……!

 マリーの自信マンマンな様は、プレイしていて気持ちのいいものでした。また、他のプレイヤーの皆さんともよく絡ませていただき、楽しかったです。

 少しでも読者様のお心に笑いや癒やしがお届けできれば幸いです。まこと、お付き合いいただき、ありがとうございました!
 そして、編集のヘンシャル様、ならびに原作者兼GMのSmokingWOLF様に最大の感謝を。

 追伸 【勇者】と【騎士】はハードモードです。最初はやめておきましょう。
 
クスクルPL
そして、なげぇっ!!

クスクルのごあいさつが短いような気がしてきたけど、追加するとまたバランスが崩れるに違いない。
GM
うおおマリーさんも長い! ありがとうございます! イケイケキャラがステキだったと思います。
マリーPL
拙筆ですがお役に立てれば幸いです!
ロリアPL
【勇者】と【騎士】はハードモード……。
GM
ですねー、おっしゃるとおり【勇者】と【騎士】(あと【詩人】)はちょっとハードモードだとおもいました。
ロリアPL
特徴で【筋力】系に割り振ってようやく適正に届くのかなー【騎士】は。
GM
【海賊】も【剣士】も【狩人】も【冒険家】(弓使用を想定)も【理術士】も、攻撃判定の基本値が素で5〜6までいく人達は強い、うん。

なお【騎士】は【筋力】3、【勇者】は4、【詩人】は2と攻撃判定の補正最下位3クラスだったりします。
ロリアPL
【詩人】の【筋力】、そんなに低かったの……。
クスクルPL
(ロリアが攻撃はずすと、この○ばのダ○ネスが浮かんでくるんですよね……)
ロリアPL
(あそこまでドMな騎士にはなれない……)
クスクルPL
(でも、【ドMな】とりにいったじゃないですかー)
ロリアPL
(取得自体は取りに行ったというより押し付けられたような……)

というかみんな後半はほとんど【ドMな】特徴取ってませんでしたっけ!?
GM
ですね! 使えるようになってからは、【ドMな】の人が2人ずつくらいいたような気がします。
マリーPL
【ST】が厳しいのは常時そうだったので、【ドMな】はほぼ必修科目でしたね!
GM
あ、そういえば忘れてたけど、現世に戻ったら最終特徴のままなんだ!

ということはロリアさんはフリーダ王女ともどもドMに……。
ロリアPL
もう大きな戦闘起こらないからドMが表に出ることはなさそうですね、ええ。

 
 
ワイズマンPL
できました!
【ワイズマンより】

 繰り返す中で変化していく仲間や世界、そして自分。それがこの片道勇者TRPG特有のテーマだと思っています。

 そして、どんなダメなオッサンだって変わることができる。それがワイズマンのテーマでした。いかにダメなオッサンになってやろうかを楽しみに足を踏み出してみれば、不運不幸が続いて別の意味でダメになってしまいました。そこから這い上がっていく過程は非常に楽しかった記憶があります。

 ものごと目論見通りに進まないほうがファイトが湧くというのは人生のテーマだったかもしれません。それを支えてくれたり、ときには不幸に巻き込んでくれた仲間たちには感謝あるのみです。

 ありがとうクスクル君。辛い世界の厳しい冒険のはずが楽しい記憶が多かったのはキミのおかげです。
 ありがとうロリア嬢。クスクル君のおかげで楽しくなりすぎる冒険を引き締めてくれて素敵でした。
 ありがとうローズマリー。すべての計画が崩れたのもあなたと一緒に旅が始まってしまったからだと思います。次に冒険するときは遠くから観察していたいです。

 さて。
 若い皆さんもオッサンに足を踏み入れかけた皆さんも立派なオッサンの方々も、どうか楽しい仲間たちと楽しいオッサンライフを送れるようになることを心よりお祈り申し上げます。
 物理的にオッサンになれない皆さんも、TRPGの世界ならいつでもオッサンになれます。

 エンジョイ&エキサイティング!
 
ロリアPL
って長いっ!
GM
ワイズマンのファイナルアタック!! なっがい!!
マリーPL
ながい!! そして良い。
ワイズマンPL
オッサンについて語っていたら原稿用紙が長くなってしまいました。
カットしますか! カットですか!
GM
いいえ削る必要なんてありません!

ワイズマンのプレイはなんというかまさに人生でしたよね!
マリーPL
主人公でしたね文句なしに!
クスクルPL
え? マリー&マーシュへの言葉が無いのは狙ってるんですか?

と、おもったら、予想以上にながくて見えなかった。
GM
そしてローズマリーさんへのコメントがひどい。
マリーPL
クスクルさんの思考も、ズマンさんのコメントもひっどい。
クスクルPL
見えない方が良かったかもしれない。
ワイズマンPL
ズマリーへのコメントが鋭角すぎたらもっとマイルドに調整しますよ!
GM
面白いので私としては歓迎です。

ワイズマンは当初の計画が崩壊!
最初はもっとワルっぽく行くはずが失敗しすぎてうまくいかなかった!

でもワイズマンを見て「おじさんいいな」と感じた読者の人は多いと思いますよ!
いきなりの娘との再会とか若い系のキャラだとありえませんからね!
ワイズマンPL
恐縮です。本場の方からみたら鼻で笑われるかもしれませんがロールプレイしていてとても楽しかったです。
クスクルPL
わたくし、若い見た目でオッサンキャラとはよく言われます。はい。
マリーPL
クスクルさんは本物すぎて何もいえませんね、いろんな意味で。
クスクルPL
おかしい、こんなにカワイイのに……。
マリーPL
許してないかんな! 許してはいないかんな!!!!
ロリアPL
セクハラはオッサンの特権。
ワイズマンPL
次にセクハラオッサンになるのは読者のあなたがただ!
GM
そこ推奨するの!?
マリーPL
リアル女性と二度と卓を囲めない呪いか、中身オッサンPC美少女できゃっきゃうふふとセクハラしあう呪いにかかりますよ!

セクハラはやめようね!!
GM
はい、読者の皆さまも注意深いご配慮をお願いします!
ワイズマンPL
マジメな話、クスクルPLさんから下ネタを33%オフしたオッサンになれればと思いますのでこれからもご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いします。
GM
はい! あと合法的(?)に全裸になりたいあなたにはぜひ、『片道勇者TRPG』をおすすめします!
ワイズマンPL
脱いでもセーフな獣人をゼヌーラさせて本当はセーフなのに羞恥心を感じるようなプレイングなども可能な『片道勇者TRPG』、『片道勇者TRPG』をよろしくお願いします!
ロリアPL
なんですこのゼヌーラ推奨宣伝は。
クスクルPL
なんか、クスクルを出汁にいいように言われてるような気がするゼヌーラ。

自分で言った汁で色々飛躍して笑っちゃったボクはもうダメかもしれない。
GM
クスクルさああああああああああん!
ワイズマンPL
お疲れ様会の夜食はクスクル汁よー。
マリーPL
さー鍋にしましょうねー。

 
 
GM
あ、あと原作者として原作キャラに一言あやまりたいことが!

傭兵パンティごめん! 完全に忘れてたああああああ!!
マリーPL
パンティー!!
GM
パンティ「俺のことも忘れないでくれよな……!」
ロリアPL
そんな傭兵もいましたね……。
ワイズマンPL
出たとしてもタクーシに食われていたのでは……。
ロリアPL
そういえば唯一出てない名有りNPCになるんですかね、パンティ。
GM
そうなんですよね! パンティだけルールブックのキャラでは出てない!

 
 
GM
あ、それと【ゼヌーラ】、実はルールブックには裸になるとは一言も書いてないんですよね。
ロリアPL
ん?

あっ、ルルブの【ゼヌーラ】のところみたら確かに防具破壊としか書いてない……。
マリーPL
服着ててもよかったのか……はは、はははははは……はははははははははははははHAHAHA……。

服着ててもよかった……の……か……そっかぁ……そっかぁ…………。
GM
でも原作を知ってる人が卓にいるともれなく強制的に全裸にされますのでご容赦ください。
マリーPL
ちくせうっ!!
ワイズマンPL
逆に、脱がない【ゼヌーラ】なんて全裸より恥ずかしいですよ。
ロリアPL
脱がない【ゼヌーラ】なんて【ゼヌーラ】じゃない!
GM
切ない! でも防具を弾けさせてくださってありがとうございますマリーさん!
マリーPL
ふぁい!(涙目)
クスクルPL
クスクルはノリノリで宴席【ゼヌーラ】しますから、需要があれば使ってください。
GM
そして子供っぽいキャラが脱ぐと色々危ないので妖精クスクルさんは自重して!
クスクルPL
ぬぬぬっ、じゃ、じゃぁアライグマの方で。
ロリアPL
既に殆どゼヌーラ状態では。
GM
すでに下半身丸出しじゃないですか!
ワイズマンPL
毛刈りなら任せて下さい。ズマントリマー社が引き受けます。

 
 
GM
ということで、なんだかんだで皆さんのアツいごあいさつコメントが出そろいました!

PLの皆さんのプレイがそれぞれ個性的で、毎回本当に面白い展開になってたと思います。
GMも想像以上に楽しませていただきました。心より、ありがとうございました!
ロリアPL
こちらこそ、ありがとうございましたー!
ワイズマンPL
ありがとうございました!
マリーPL
ありがとうございましたー!
クスクルPL
ありがとうございました。そして票をください。
GM
TRPGは楽しいよ! ということを伝えていきたかった今回のキャンペーン!
読者の皆さまに少しでもそう感じていただければ幸いです!

ではみなさん、最後に何か言いたいことがあればどうぞ!
クスクルPL
投票はいつでも受け付けております!
ワイズマンPL
読者の皆さん! かわいい獣人の女の子が出てくるセッションをしてリプレイを送ってくださーい!!
GM
獣人? 半獣人? ワイズマンさんのことだから頭までワンワンのほうですか?
私も賛成です。
ロリアPL
私は半獣のケモ耳の方が!
GM
もちろんケモ耳しっぽっ子も大歓迎! 私もそっちのほうがいいかな!!
ワイズマンPL
キャラクターとしては動物そのものより半獣人や獣人のほうが好きですのでよろしくお願いいたします。
クスクルPL
仕方ない、犬系の獣人やってあげるよー(ノーガード戦法)。
GM
クスクルさんまた獣人やるんですか!?
ワイズマンPL
犬「【ゼヌーラ】!」

 
 
GM
それでは、そろそろお時間がやってまいりましたので、名残惜しいですがこの辺りで締めとさせていただきます!

皆さま、今までの楽しいプレイ、本当にありがとうございました!
ワイズマンPL
改めてお疲れ様でしたー!
ロリアPL
お疲れ様でしたーっ。
クスクルPL
おつかれさまでした。
マリーPL
お疲れ様です……!
GM
そして読者の皆さまも、またどこかでお会いしましょう! シーユー!



最後に

【ゲームマスター(GM) SmokingWOLFより】


 ここまで読んでくださって本当にありがとうございました。ここからはあとがきです。
 
 幸運なことに、多くの方々のめぐりあわせとお力添えのおかげで、フリーゲーム『片道勇者』が商業TRPG化され、『片道勇者TRPG』が誕生することになりました。一番最初にTRPG化のお話を聞いたときは、「なぜ片道勇者がー!?」と驚いて鼻血が出そうになっていたのもいい思い出です。

 実はこのリプレイ、お願いされて作ったわけではなく、大部分は私自身の意志で始めさせていただいたものだったりします。その過程でカクヨムにも掲載させていただくことも決まったりして感謝の限りなのですが、私個人としては「今度こそ完結する形で連載リプレイに挑戦したい」と考えていました。最終的にこうして目標を達成することができたので、今となっては『片道勇者TRPG』というきっかけをいただけて本当によかったと思います。そしてまた、お忙しい中お時間を割いて監修してくださった『片道勇者TRPG』著者の齋藤様、様々な面でたくさん支えてくださったヘンシャル様には、本当に深く感謝しています。

 プレイヤーキャラクターならびにプレイヤーさんたちにとっては、<自家製>片道勇者TRPGリプレイのときから変わらず大変な冒険が繰り広げられたと思います。
 騎士というクラスの戦いにくさに苦戦しながらもシリアスやツッコミをがんばってくださったロリアさんの中の人、常時エッチだった気がしないでもないけど冒険ではいつも大活躍だったクスクルさんの中の人、出目が悪かったり【ゼヌーラ】で心の嵐を吹かせながらのロールプレイだったりと色々な意味で勇者だったマリー&マーシュさんの中の人、同じくやや不運ながらも表情豊かなおじさまキャラを演じてくださったワイズマンさんの中の人。皆さま本当に個性豊かで、おかげさまでとても楽しい冒険が作りあげられたと思います。


 そしてまた、願うならば、このリプレイが皆さまにとってTRPGの楽しさを知るきっかけになれば嬉しいなと思っています。あなたがいきなりTRPGのプレイに参加しなくたっていいのです。こんな冒険のリプレイを探してみたり、あなたの想像のプレイを繰り広げて形にしてみたり、TRPG的な楽しさや会話の楽しさをコンピュータゲームに活かしてくださることだってあるはずです。どんな形でも、TRPGの面白さに触れようとする意志が生まれたり、何らかの形で楽しさを生産する側になるきっかけになったのなら、これほどうれしいことはありません。

 それから、嬉しいご報告です。実は、彼らの冒険があと1話だけ続くことになりました。『片道勇者TRPGプラス』の新たなルール・データを取り入れ、近々プラス版の紹介プレイをする予定です。お楽しみに!

 これまでPCたちの冒険を見守ってくださった画面の前の皆さま、そして人気投票などで応援してくださった皆さま。ここまで読んでくださって本当にありがとうございました!
 それでは皆さま、また会う日までしばしのお別れです。お元気で!

 2016/11/25  ゲームマスター、SmokingWOLFより
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
もし面白かったら、ぜひこのリプレイを紹介してもらえるとうれしいです!→ ツイート

拍手だけでも大歓迎! → web拍手 by FC2
 

 
 
 
 
 
 
 

 
 
GMからCMコーナー

 『灰の少女とヨルムンガンド』、これにて本当に連載リプレイ完結です!
 皆さま、ここまで読んでくださって本当にありがとうございました!

 ここまで来たら多くは語りません! よかったらぜひ、皆さまも『片道勇者TRPG』を遊んでみてくださいね!
 それでは皆さま、お元気で!

片道勇者TRPG
Amazonペ−ジへ

(税込1728円)