←サイトへ戻る
←TRPG トップへ
片道勇者TRPG
 灰の少女とヨルムンガンド
◆トップページ
◆1話『騎士と狩人
◆2話『剣士と詩人

◆3話『闇と勇者
 - 人気投票結果
 - 冒険の準備
 - 最初の城
 - 1日目 荒野
 - 2日目 山岳
 - 3日目 遺跡群
 - 世界の果て
 - 終わりに

◆4話『王女と獣
◆5話『転生と邪悪
◆6話『少女と真実
◆7 ED α

騎士
ロリア

狩人
クスクル

剣士
マリー

イーリス
NPC

 
 

片道勇者TRPG 第3話 『闇と勇者』

 
 それぞれの世界で理不尽な死をむかえた、ロリア、クスクル、マリー、ワイズマン。 
4人+αの魂は、謎の力によって別の世界へと引きずられていきます。果たして行き着く先は……? 
 

人気投票結果

以下は皆さまからお寄せいただいた、前回第2話『剣士と詩人』への人気投票結果です! 
たくさんのコメント、いつも本当にありがとうございます! 今回は1〜2位が接戦!
 
順位 名前・コメント(※PL分は本人コメント) 寄せられたコメント(抜粋)
1位
(49票)
詩人
ワイズ
マン

ワイズマン
「華のないオッサンではあるが、多くの方に応援してもらえて大変うれしく思う。第2話では無様を晒してしまったが理力を手に入れつつある今回からは活躍……否! 大活躍できるはずだ! どうか見守っていてほしい!」
「セリフがやたらかっこよかった。流石詩人。オツカレサマドスエ!」「二面性や成長具合、ヒロインとの関係などとにかくダークヒーローとしてかっこよかった」
「カットされていますが、お買い物で五稿まで作っちゃう本気っぷり、素敵です」
「ダイス目が振るわず明らかにぶっ飛んだ絵面になってもそれを感じさせないロールは真面目にやっててもギャグにしかならなかった前半組といい対比になり、とても楽しませていただきました」
「黒い…というより人間臭いなぁワイズマン。それでいて終盤の師匠とのやり取りは超燃える!シースとの仲はこれ以上進展しないんでしょうかね?再起するおじさんと健気な少女の年の差カップルとか、イケませんかね」
「マリー達のことポンコツと言いながら、盗賊には刺され、装備が壊れ、果ては女装と変態紳士まっしぐらでどうなるかと思いましたが、最後はカッコ良かったです!(女装を忘れるくらい)」 「紳士かと思いきや、二面性のある黒紳士。おいしい、おいしいと思います。今回はぜひ上位を独占して下さい」 「不審者・人身売買・露出・女装……道を外れすぎぃ!?」
2位
(47票)
剣士
ローズ
マリー

ローズマリー
「え? わたくしが二位!? 僅差で?! ……ワイズマン、覚悟なさいませ(笑顔で剣を構え、コメントの紙を奪い取り)。
 って! ちょっと! 不幸とか不運とかポンコツとかなんですの!? わたくしに向かってポンコツなんて、その口縫い付けますわよ!? し、しかしちょっと奮えなかったのも事実……(わなわな)。次回ではわたくしの本気を見せて差し上げますわ! せいぜいその首洗って待っていやがりなさい!!(びしっ)」
「安心・安定のダイス運!次回の冒険も楽しみにしています!」 「相変わらずの出目で安心しました、これから先のリプレイも楽しんで読む事が出来そうですありがとうございます」
「性能性格ともに一癖あるキャラを見事にロールするプレイヤーさんのワザが光るプレイング……なのに尽く運命を信じさせるダイス、これこそは伝説なのでは?!」 「【最強の】夢、応援します。頑張ってください!…中の人もファンブルに負けないように頑張ってください…」
「金髪耳長のダイス目は不憫」「プロローグでのメイン火力、お疲れ様でした。久しぶりの片道勇者セッションにダイスの神様も大はしゃぎだった様で何よりです」 「ポンコツかわいいポンコツさん」「今回ものっけから“最凶の運勢を持つ者”っぷりがパないですね!」 「これからもミスフォーチュン全開・お膳立てクラッシャーの活躍に期待してます!!」
「いきなりの箱開け失敗からのスタミナの減少っぷりがおいしかったです」
3位
(12票)
理術士
シース
シース
“暖かいコメントありがとうございます。男の人には恐い狼と道化師さんの両方がいることが分かった第2話でした……”
「かわいい!健気感かわいい!!」「ケモ耳ケモ尻尾はいいぞ」
「ダメですよー『差し出せるものなら何でも』とか勢いよく抱きついたりとか、男は狼なんだからあまり無防備なことしちゃ。読者としてはむしろ超出歯亀でかぶりつきですけど」
「――助け(てくれ)たのは、変態紳士でした……。ロリアの方と一緒のキャラのはずなのに、PCがすぐぼろぼろになるせいか、ちょっと頼もしく感じました」
4位
(11票)
GM
(ゲーム
マスター)

GM
「ゲームデザイナーさんへ、マリーとワイズマンの2人には温情ジャッジ+1くらいじゃ全然足りません」
「ピンチの時にさらっと温情を出せるのはさすがです! でもその温情さえ無に帰す不運ーズ…。魔王よりおそろしいですね。」
「今回はお二人のダイスの悪さに一番心が折れかけていたのが伝わってきました」
「前半組とは対照的にイベントがどれだけギャグっぽくなっても展開としてはシリアス風に決まるところがロールの妙だと思いました。」
5位
(10票)
魔王
魔王
「みんなの票、感謝しているぞ。私だってドアはノックするし、待つときは正座だ!! 当然だな! 残念ながら、私の出番は第2話で最後だ。またいつか、みんなの卓で出会えるときを楽しみに待っているぞ、フフ」
「正座しながら回復を待つのか……戦闘中も目の前でナユタの実を……」「正座して回復を待ってくれる魔王カワイイ」
「ちゃんとノックをして入ってくるところに育ちの良さを感じます。どこぞの勇者に見習わせたい」
「4日目のドアをノックしての登場に笑いました。このセッションの魔王、全体的に締まらないというかかわいい…!」「4日目にワイズマンと再開した時は、あまりの変わりように驚いたでしょうね…。『あれっ、何で女装してるの?私ここまでやってない!』」
6位
(8票)
勇者
アレン
アレン
「僕の名は【やたら硬くて強そうで優秀な最強の勇者アレン】だ! まちがえないでほしいな! 実はようやく魔王の手がかりを掴めたんだ、今回こそ魔王を倒してみせる!」
「強いのに運が無い…魔王に会えないなんていと哀れなり」「さわやかイケメン勇者なのにやること黒い!名前が長いから全然覚えてもらえなかったですね」
「この人は勇者アレンではなく勇者アエン(魔王に)なのではないでしょうか」
「村人『…昨日アランがさー…』電話『プルルル、ピッ』『アレンだ!』」
同率
7位

(5票)
理術士
ハキム
ハキム
「まさか研究の動機に賞賛をいただけるとは光栄じゃな。今後も戦場でワシの命を賭けるチャンスは何度かありそうな気がするが、彼らがワシの命を使うとは思えんな……あとムキムキにはなれんからな!」
「ほぼワイズマンのためだけに研究していたことに感動。」
「自分を犠牲にしてフォースでダメージなんて熱すぎる展開!でもたぶんNPCまで担架で何とか助けようとする皆様なので、日の目は見なさそうですね」「教え導く事ができなかった弟子のためにその研究人生を捧げた漢気に最大限の敬意を。彼の魂も拾われたという事で、今後の漢気にも期待が高まります」
「ムキムキさん…。きっと『若いもんにはまだまだ負けんわぁっ!フンッ!』(ムキィッ)←服が破れる とかやってくれるはず…と期待してます!」
妖精
イーリス
イーリス
「こんなに応援メッセージがもらえるなんて……原作じゃありえないよ!? わたし泣きそう! TRPG版に出られてよかったー! え、最下位? い、いいもん別に……」
「イーリスを置いて行くなんてとんでもない!」
「せっかく増えたのに次回からは4人しかいないのか…寂しくなるな…。いや、4人もいたら多いよ!やっぱちょっと多すぎだよ!?でも楽しそうだよね♪やっぱ好きだー!」
「シリアル?のボケが可愛かった!」「イーリス3(さん)ワイズマンが優しくて良かったね。両手にイーリスな変態紳士…。どんな絵面なんだ」「全体的に便利な通信機みたいに使われてましたが、そのうち原作みたいに空気にならないか心配です」
その他 ●クスクルへ「投票結果で言ってることがまんまAさんじゃないですかぁ(笑)」「某妖精ファンとしてはクスクルに一票だ! 」「クスクルさんのCMコーナー、本人がやってても欠片も違和感がないのがお見事……」(←GM:実はCMはPCの中の人からの寄稿なんです)
●試練の腕輪をくれた道具屋へ「いい人ですねー(生き残ってほしかったです)」
●マリーのキャラ紹介に出てきた最強のドラゴンへ「何というかこう、ゲーム的にはただひたすら出会いたくないだけのただのモブ強敵なんですが、文章に起こすと固有の名前と高い知性を持ったボスキャラ的な字面になりますよね。因縁の相手として出てこないかしら……」
●ゴロツキへ「正統派ゴロツキで安心しました。成人男性と幼女の両刀とかじゃなくて」
●サボテン動物肉枯れ草定食へ「ゲームの片道勇者ではお世話になりました」

冒険の準備

GM
本日もお集まりいただきありがとうございまーす!
一同
よろしくお願いしまーす!
GM
前任者の私は雪原の追加【ST】消費を完全に忘れてしまっていた反逆GMでしたが、今回の私は完璧で幸福です。
マリー
完璧で幸福ですね。
クスクル
これまでのあらすじ、通算42回目の旅を終えたオレたちは43回目の旅立ちを迎えていた。
GM
まだそんなにやってなぁぁぁい!

なお、今回からはセッションの参加者を1名増やして3人プレイとします!
1人はお休みです。最終的な総参加回数は等しくしますので、その点はご安心を!
◆『片道勇者TRPG』のプレイヤー数について

 『片道勇者TRPG』の推奨プレイ人数はGM含めて「3〜5人」、つまり「推奨プレイヤー数は2〜4人」となっています。
 しかしオンラインセッション時、特にテキストチャットでのセッションの場合、プレイヤーが4人だと待ち時間が増えやすくなってしまうので、テキストオンラインセッションなら経験的にプレイヤー2〜3人でのセッションがおすすめだと考えています。

 ということで、本キャンペーンでは今回からプレイヤー3人でのセッションを中心に行っていきます(なお、最終決戦だけは4人全員での参加となります)。
 

 
 
GM
ではさっそく確認を進めていきます!
全員、名前・クラス・特徴・持ち込みアイテムを宣言してください!
ロリア
PC名:ロリア(女)  
クラス:【騎士】  特徴:【半獣人】【筋力+】【強そうな】

持ち込みアイテム:
 【火炎のシルバーランス】、【おいしいお弁当】を次元倉庫から持ち込み。

 初期装備の【ロングブレイド】はクスクルさんが持って行きました。
クスクル
PC名:クスクル(オス)  クラス:【狩人】  特徴:【獣人】【荷物整理術】

持ち込みアイテム:
 【堅固な騎士のコート】【癒しのアンプル】を次元倉庫から持ち出し、初期装備の【旅人の服】を持ったまま、売る機会があったら売るよー。

今回、特徴には【魅力+】が無いけど元々カワイイから問題ないよね。
タクーシから引き継いだ【エッチな】は泣く泣く保留なんだよね。
良い武器を拾っても装備できないし持って帰れないんじゃ意味がないから【荷物整理術】を選択、今後は特徴枠の拡張が目標かなー。

あ、それと、ロリアの重量オーバー分の【ロングブレイド】持ってます。
GM
ロリアさんはほぼ【筋力】特化へ! クスクルさんも弱点をカバーする特徴になりましたね。お二人ともお遊びプレイ状態からずいぶん最適化されてしまった……!
ロリア
攻撃判定は死活問題なんや……。
マリー
PC名:マリー(ローズマリー)  クラス:【剣士】  特徴:【強そうな】【やたら硬い】【耳長】

持ち込みアイテム: 【耳長の細い剣】 【チェインクロス】 【スケイルシールド】

予備:
 【ショートブレイド】 【耳長の細い剣】(特徴【耳長】効果で獲得) 【旅人の服】
GM
マリーさんもすごい戦闘特化感。最初から装甲6! さらに耳長剣×2! 隙がない!
マリー
「私が隙がない? 当然ですわ! 完璧で完全ですもの! おーっほっほ!」
ロリア
騎士より硬くて耳長剣2刀持ち……?
クスクル
【耳長の細い剣】を量産して成金プレイしましょう。

ん? もう世界を救わなくてもいいんじゃないかな?
ロリア
周回するたび耳長剣が増えるよ。
GM
耳長剣は売るだけで実質的に【伝説P】+10相当ですからねー、大きいですね。

 
 
GM
では次! 「所持金の算出」です!

騎士ロリアは1D6×100シルバ、
狩人クスクルは(1D6+4)×100シルバ、
剣士マリーは2D6×100シルバです。
それぞれ出してくださーい!
マリー
2D6 おかね!   (コロコロ…) ダイス (1+6) 7  700シルバ!

期待値(7)の所持金!
クスクル
1D6+4 お金欲しいなぁー
   (コロコロ…) ダイス 6 + 4 10  1000シルバ!
ロリア
1D6 お金!   (コロコロ…) ダイス 2 2  200シルバ!
GM
クスクルさんだけどっさり!
クスクル
ふふ、これが運命力。
ロリア
200シルバ、こっちは相変わらず貧乏騎士。
GM
クスクルさん以外の2名は普通くらい!

では次、PCはお互いにたいして【好意】を1ずつ結んでください!
今回ワイズマンはいないので、ロリア・クスクル・マリー間でお願いします。

……ん!? クスクルさんの【好意】欄にある「ロリス」とは一体……!
ロリア
だれ。
クスクル
もー、仕方ないなー(修正している)。
GM
ありがとうございます! 以上で準備OK!
ロリア 騎士 女   魂P:6

最大LIFE 13  最大ST 10  
所持金 200シルバ  所持重量 4/4
能力値 筋力3/敏捷0/生命3/知力1/意志0/魅力1
特徴  【半獣人】【筋力+】【強そうな】

装備 【火炎のシルバーランス】(攻撃力3D6)
    【騎士のコート】(装甲2)
    【レザーシールド】(装甲1)

アイテム 【おいしいお弁当】
 
クスクル 狩人 男  身長80cmくらい  魂P:6

最大LIFE 9  最大ST 13  
所持金 1000シルバ  所持重量 2/2
能力値 筋力2/敏捷4/生命1/知力2/意志2/魅力0
特徴  【獣人】 【荷物整理術】

装備 【狩人の弓】(攻撃力1D6)
    【堅固な騎士のコート】(装甲3)
    【木製の矢】(攻撃力0)

アイテム 【ロングブレイド】 【旅人の服】 【癒しのアンプル】
 
マリー(ローズマリー) 剣士 女   魂P:6

最大LIFE 14  最大ST 10
所持金 700シルバ  所持重量 3/4
能力値 筋力3/敏捷2/生命2/知力0/意志0/魅力0
特徴 【耳長】【強そうな】【やたら硬い】

装備 【耳長の細い剣】(攻撃力2D6+1)
    【チェインクロス】(装甲3)
    【スケイルシールド】(装甲2)

アイテム 【ショートブレイド】 【耳長の細い剣】 【旅人の服】
 

- オープニング

GM
ではオープニングフェイズに入りまーす!

さて、ロリア、クスクル、マリー、ワイズマン、シースの5名は不思議な空間をただよっています。

体はここになく、なんとなく意識がここに「ある」と感じられる程度のぼんやりした状態です。クラゲのように海にふわふわ浮いてるイメージが近いかもしれません。
クスクル
「クラゲだ、触手があるよ、やったね!」
マリー
「な、なにが起こっていますの……?」
ロリア
「ここは、どこ、でしょう……?」
GM
みなさんの魂はいま、何かに引きずられています。
邪悪で、いまわしく、きつく締め付けられるような圧迫感と共に――。

そして魂が引きずられていった末に、皆さんは新たな世界に降り立ちます。
どう楽観的に考えても、安穏とした世界を期待することは難しそうです……。
クスクル
「あ、もう降り立っちゃったのか、触手使う前になくなっちゃった……」
GM
イーリス「触手なんて生えてないからー!」

あ、そういえばイーリスもいたの忘れてた。群体だからいっか。

 
 
GM
さて、新しいシステムの説明をします!
今回から『魂』ポイントという概念を新たに設定します!
◆『魂』ポイントについて (本キャンペーンのみのオリジナルルール)

 新たな世界では、死ぬたびに絶望や疲れや痛みによって『魂』の元気度が削られていきます。『魂』がゼロになると復活する気力を失い、そのPCは物語上、その魂での転生ができなくなります。ゲームシステム上は、そのタイミングでPCの名前と性格、種族が変わったり、あるいは誰かNPCが犠牲になって救ってくれたりします。

◇『魂』ポイントは初期で6点あります。減り方は以下の通りです。
 ・スタート地点で死ぬ → ±0P
 ・世界の果てでシースの助けを借りて死ぬ → −1P
 ・道中で死を迎える(シースの助けなし) → −2P
 ・味方に殺される → 追加で−1Pする
 
ロリア
“味方に殺される”!?
クスクル
まれによくある。
GM
今まで一緒に戦ってきた仲間さえも信用できないということで魂的にやる気がなくなります!
ロリア
「スタート地点で死ぬ」ってのはなんだろう。王様に殺されるとか?
GM
これからワイズマンで実例をお見せします!
ワイズマン
えっ!?
ロリア
ぶわ。
クスクル
なんという友情出演!
GM
では最初の城シーンに入りまーす。

最初の城

- 謁見の間

GM
さて、今回のプレイヤーはロリア、クスクル、マリーの3人です!
が、ワイズマン、シース、イーリスもここにいます。
クスクル
「タクーシが、タクーシがいないよ!?」
GM
はい、タクーシはいません!

周りを見渡すと、いつの間にか皆さんは最初の城の謁見室にいます。
ですが、最初に王と出会ったときは大きく違う点があります。

広い謁見室の壁際には『たくさんの人間がずらっと並んでおり』、魂の抜けたような顔で、壁を背にぐったりと座りこんでいるのです! 彼らは武器や鎧を身に着けている者が大半です。

彼らはもしや、自分たちと同じく「勇者」に志願した者では? とあなたがたは気付くでしょう。なぜこうなっているのかは分かりませんが、辺りは激戦区の野戦病院みたいな不安と絶望に満ちています。
マリー
「な、なんですのここは?! 最初の城……?」
ロリア
「あれ……私は……って、ひっ、な、なんですかここは!」
ワイズマン
先生、今日は見学の日ですがいまは普通に混じってていいんですか!
GM
もちろんいいですよ!
ワイズマン
「ヌウウ……頭がカチ割れそうだ……」
マリー
「ワイズマン、解説プリーズミー!」 頭脳労働を丸投げする関係性。
GM
要するに、いま広い謁見室の壁に大量の廃人が陳列されてます!

シース “これは一体……? 皆さん、どうしちゃったんですか……!?”

シースの念話は、PCみんなに聞こえるようになっていますよ。
クスクル
じゃぁ面白半分に並んでおこう(陳列される)。
GM
じゃあクスクルは理術士のお姉さんのひざに乗りました。もちろん無反応です。
クスクル
無反応、色々できそう。色々。

いや、まって、無反応だと面白くないよね、興奮しないよね!?
ワイズマン
「我々は最初の城まで連れ戻されたのか……? 城は闇に呑まれたはずだが……」

見た目はそれぞれ最初の世界で見たお城と同じ感じですか?(人とタヌキが並んでる以外は)
GM
そうですね、見た目は最初の城よりだいぶ汚いですが、同じ場所です!
マリー
「そして、あなたたちは……?」とロリアとクスクルのほうを見て、つぶやいておきます。一応知らない人だし!
ロリア
「(……)」
マリー
「一体何がどうなってるんですの? ここは闇の中の世界なんですの? 魔王は倒したはずですわ、どういうことですの?」
ワイズマン
「シース! シーーース! 無事か!」
GM
シース “無事です、ここにいます!”

とシースがワイズマンに近付いてきた瞬間……ゴゴゴゴゴ、と城が揺れ始めます! このとき、ワイズマンは未来視で直感します。

「あと数秒で何かに押しつぶされて死ぬ――どう逃げても回避できない!」 と!
ワイズマン
あっ。
GM
ワイズマンさん、最後に何か行動したりしたいことはありますか? 近くにシースも来てます。
ワイズマン
とっさにシースと、範囲内ならローズマリーを突き飛ばします。
マリー
ヤッターサービスしていただけた!!
GM
では2人は突き飛ばされます!
マリー
「きゃっ!」
GM
シース “えっ!?”

その直後! 突然、轟音と共に城の天井を突き破り、真っ黒な何かがワイズマンのいた場所に降ってきました!

それは人間の身長ほどもある直径の、真っ黒で超巨大な『触手』でした!

周りの人間には、ワイズマンが立っていた場所が一瞬で漆黒の壁に置き換わったように見えます! 極太の触手はすさまじい重量と勢いで、城ごと両断するかのごとくワイズマンとその他たくさんの人をたたきつぶしました! 

つぶされた下は、もう見ずとも想像が付くでしょう。グロい!
ワイズマン
(トマトジュース1杯10シルバです)
マリー
(何杯分できるのでしょう)
ロリア
(R−18かな、R−18Gかな)
ワイズマン
(観測されなければR−12です! セーフ!)
GM
(ちゃんと見えないようにうまくつぶしてますのでご安心です)

シース “ワイズマンさああぁぁぁーん!!”

それに続けて、別の場所にも天井を突き破って極太の黒触手がドガァァンと降ってきます! 最初の城はみるみるまにカットされていきます!
ワイズマン
苦しまなかったはずである。
マリー
「わ、ワイズ、マン……?」 突き飛ばされて、床に倒れた姿勢のまま、ワイズマンがいたはずの場所を愕然と見つめます。

片道勇者をやっていたとおもったらク○ゥルフをやっていた! な、なにをいってるかわからないと思うが(略)
GM
さて、次の瞬間、ワイズマンをたたきつぶした巨大な触手から、ギロリと無数の『目』が見開かれます! 1個直径10cmくらいでしょうか。

触手にびっしりと付いた『目』が、あなたがたを無機質に見つめています!
マリー
(SA○チェックですね)
ワイズマン
(減少値はD100です)
GM
シースはワイズマンがつぶされたショックからまだ立ち直れず、くらくらしています。

さて、触手の目が見開かれた後、破壊された天井の隙間から今度は『大量の細い触手』の群れがこちらに迫ってきています! 細いほうの触手は直径10cmくらいで、それがいっぱいワシャワシャしています!

イーリス「ちょっとこれ超ヤバいよ! 城から出よう!!」
クスクル
「好みのタイプの触手じゃないから逃っげろー」
ロリア
「そうですね。 ……皆さん行きますよ!」
マリー
「ま、待って、ワイズマンが!」とワイズマンがいた場所に近寄ろうとします。
クスクル
「あー、もー、いいから、こっち、こっち、逃げるよー!」と耳長の手を引っ張って。
マリー
「くっ……」 起きた状況をやっと飲み込み、他の人と共に逃げます。
GM
あたりは今もドガッシャーン! ズドォォン! と巨大触手がビタンビタン大会しており、そのそばでは細い触手が廃人化した人達を次々持ち去っていて、数少ないまともそうな人たちも阿鼻叫喚です。

あ、言い忘れてましたが皆さんの他にもちょっとまともな人がいますよ! あいさつする暇はないですけど。

さて、ワイズマンの死に動揺したシースが1人遅れています! 細いほうの触手に捕まりそうになりながら走っています。
マリー
「シース、こっちへ!」  自分も動揺してたし、多分近くにいますよね。手を取って走ります。
GM
いいですよ! ではマリーが手を取ろうとした瞬間、細い触手がシースを絡め取ろうとします!

さて、シースの運命はサイコロで決まります! 今回は1D6で『6』が出たらシースが助かります!
今回お休みのワイズマンさん、1D6を振ってみてください! 運命の出目は!?
ワイズマン
「(ローズマリー……シース……!)」

1D6   (コロコロ…) ダイス 3 3  失敗!
マリー
「シーィィィィス!!!」
ロリア
「シースさん!!」
GM
失敗! では残念ながらシースは触手に捕まってしまいます!

ですがシースは触手に捕まったまま、亜空間からバラバラと次元倉庫の中身を出し、皆さんのそばに投げつけます!

ということで、今回はこういう流れで次元倉庫のアイテムを使うことができます。
クスクル
なるほど、ロリアが持てなかった【ロングブレイド】がボクの脳天に降ってくるのかー。
GM
シース “みんな、生きて……!”

シースは触手によって闇の霧の中に引き込まれていき……そして見えなくなりました。
マリー
追いかけようとしますが、触手には多分歯がたたないですよね。
GM
そうですね、他の触手も牽制してきて、場所も悪く、戦えそうにありません。
マリー
「くっ……わたくしが、もっと……強ければ……」
クスクル
とりあえず、他のまともそうな人たちの避難誘導をして、自分たちも逃げるよー。
GM
イーリス「く、クスクルが避難誘導してるー!?」
ロリア
「(……)」
クスクル
「よくわからないけど、悔やむのは後、後ー」
マリー
「ワイズマン……シース……!」と涙をこらえながら、ぴょんぴょんと触手を避けて避難します。
GM
ではそんな感じで皆さんは城の外へ脱出します……。
クスクル
まともそうな人が逃げ切ったか城を確認しにいってもいいですか?

ついでに金目のものが残っていればもらってきま……。
GM
城の色んな出入口から触手がモギャアアア! って生えてますけどそれでもよかったら!
クスクル
ちっ。

 
 
GM
それでは、皆さんは無事、闇の触手から逃げ切りました!

城の外に出ると、この世界の空は赤く、太陽は見えません。遠くの空からは雷鳴が響いてきます。すごく世界の終わりっぽい雰囲気です。
ロリア
ラグナロクだ……。
マリー
「世界が……わたくしの知っている場所と、空気がまるで違いますわ……」
クスクル
「これはあれだね、世界の半分をもらっちゃんたんだよ。竜○さんから、あれ、○王って誰だっけ?」
GM
イーリス「もらう以前に『闇』が世界食ってる最中だし!」
ワイズマン
このあたりでズマンの笑顔を赤黒い空に浮かべておいてください。
多分さっきの触手チャレンジ失敗あたりから何も知覚できてないですよね。
GM
はい、そうですね。
マリー
ワイズマン……無茶しやがって……。
ワイズマン
皆さんの健闘を祈ります!

何も知らずに死ねて幸せだったと、このとき誰が予想しただろうか。

 
 
GM
さて、いまこの辺りにはこの3人しかいません、何か話しますか?
クスクル
ふむ、ペットを装ってロリアとマリーの間でクルクル踊ってるよー。
マリー
「……ごめんなさい、申し遅れましたわ。わたくしはローズマリー、マリー、とお呼びなさいな」

とロリアさんに向かって握手を求める感じで。生き残った戦友感。
現状、クスクルくんのことはそのペットかなと思っています。
ロリア
「……はい、私はロリア。今でこそ半獣の身ですが、騎士をしています」

いくらか間を置いてからそう言ってマリーと握手をします。
マリー
「女性で、武器をとる人というのはあまり見ませんから、勝手ながら少し、親近感を抱いておりますわ(にこり)」

「さて……これから、どういたしましょうか」
クスクル
ロリアとマリーのあいさつが終わるのを待ってから、マリーに握手を求めてみよう。

「ボクはカワイイで有名なクスクルだよー」
マリー
「うわこのタヌキ喋った!?」
クスクル
「なに!? タヌキが喋ったのか!?」とキョロキョロ。
マリー
「あなたですわ!!」 びしっ。
クスクル
「だれだ!?」 キョロキョロ。
GM
イーリス「あ、いちおうこのひと、タヌキじゃないんで……」
マリー
「あ、じゃあ……えっと、品種はなんですの……?」 イーリスにひそひそ。
GM
イーリス「自称アライグマだって……」
クスクル
「自称ってなんやねーーーーーん」(棒)
マリー
「じしょう。なるほど、アライグマという名前なんですわね!」 手ぽん。

「よろしくですわ、アライグマ!」と握手。
クスクル
「よろしくだよ、耳長!」と握手。
ロリア
「(……)」

考え事をしながら2人のやり取りを見てます。
GM
イーリス「クスクルはこんなときでもいつも通りだよねー、うらやましいよ」
ロリア
「いつも……通り?」 いぶかしげな顔でイーリスを見ます。
GM
さて、それでは1日目の行き先選択をする前に、まず城から出たところのクエスト処理しちゃいましょうかね!

- 最初の城 クスクルのクエスト

GM
ではここで城を出たのでクスクルのクエストがオープン! 
クスクルの行こうとするエリアの昼イベントは消滅しますのでご了承ください。

城を出てしばらくすると、いつのまにか1人の赤毛の女狩人が追ってきていました。こんな人です。
ロリア
真面目そう! あっ……。
クスクル
「誰だっけ?」
マリー
もしかして緑の団!?
 ※緑の団:原作に登場する、過激な動物保護団体。
クスクル
そうか、ボクは希少動物! そうだね世界でオンリーワンだね。
GM
残念ですが緑の団ではありませんね! その正体は……!?
クエスト 『弟子と共に』

・公開条件: 最初の城から出る直前に公開(昼イベント上書き) 【経験値】5

・イベント
 クスクルが城から逃げ出すと、若い赤毛の狩人が追ってきた。彼女の名はレイン。君が城に遊びにきたついでに、たまに狩りを教えていた弟子だ。彼女は事故で死んだと聞いたのだが……? アイテム【頑丈な狩人レイン】を得る。話をし、【魅力】で目標値7の判定に成功すればレインからの【好意】が1になる。
ジャッジ:レインと会話する

・クリア条件: レインからの【好意】を1以上にして世界の果てにたどりつく。
       【頑丈な狩人レイン】を失っていた場合でも【伝説P】のみ得ることができる。
・報酬: 【伝説P】50 + アイテム【魂の絆:狩人レイン】を得る
 
マリー
レイン……ですって……?!(ざわっ)

別の世界線なんだなあ(遠い目)。
GM
ということでクスクルさんは【経験値】+5してくださーい。

狩人「あれーもしかしてクスクル師匠ー!?」
クスクル
師匠と呼ばれて思い出した!
GM
では、「ジャッジ:レインと話す」開始です!

レイン「わたしわたし、ほら、弟子のレインですよ! ヴィクター王の城で召使いをやってた!」
クスクル
「そう、レインに弓矢の扱いを教えていたんだよね、ボク」

「たとえば、あそこにフリーダ王女の洗濯物が干されているよね。風が吹けばひらひらとはためくよね」

「これを弓矢で射落とす練習を日々積み重ねてきたからね。ふふーん」
GM
レイン「そのエロダヌキっぷり! やっぱり師匠だ!」
クスクル
「しかし、それがバレてフリーダ王女にずんばらりんとやられちゃったんだよね。違ったっけ?」
GM
レイン「私は師匠がフリーダ王女に頼まれてエッチな縛り方してたのを、後ろからかかと落とししたのを覚えてる」
マリー
この世界線のフリーダ王女はエッチなのか!!!
ロリア
ロリアとの面識はどうしましょうかね。顔見知り程度、かな?
GM
ロリアも、レインがクスクルと一緒にいたのは知ってるかもしれません。顔見知りでいいですよ。
ロリア
「あなたは……確かクスクルさんと一緒に居たのを見たことがありますね」
GM
レイン「はい、レインです、よろしくお願いします! ロリアさんのことも存じてます!」

でもクスクルやロリアは、前の世界で旅立ちのだいぶ前に「レインが事故で死んだ」という話を聞いています。一体どういうことでしょう。
クスクル
「まー、とりあえず、生きててよかったな、あっはっはっはー」レインの背中をバンバン叩きながら。
GM
「あっはっはー。フリーダ王女とデュークガルツさんと一緒に魔王をやっつけたんだけど、気付いたら闇に呑まれてここに来ちゃってたんですよね」
ロリア
まさかの(片道的な意味での)勇者の1人!
マリー
イーリスはレインにノーコメントなのだろうか(このあたりの話は、絶賛発売中の『片道勇者開発記』を読むとわかるよ!)。
GM
イーリスは「なんかあの子のしゃべり方気持ち悪い……」と言ってるくらいですね(宣伝ありがとうございます!)

レイン「魔王討伐に旅立ったとき、師匠も見送ってくれましたよねー? 覚えてない?」
クスクル
ボクはレインが魔王討伐に旅立ったことを記憶しているのかな?
GM
いいえ。クスクルには、そもそもレインが魔王討伐に出発した記憶がありません。というか、クスクルたちの世界ではレインは事故で1年前に死んでます!
マリー
完全に違う世界線っぽい。
GM
クスクルやロリアにとっては、レインは1年前、クマに襲われて死んだというのが最後の情報でした。
ロリア
ああ、やっぱりその情報持ってますよね。
GM
はい。つまるところ、「色々とつじつまが合わない」というくらいの認識で結構です!

レイン「うーん? なんかよくわからないけど、まあいっか」
クスクル
スカートをめくって下着を見てみよう。ボクの知っている下着かどうか調べるよ。
マリー
思わずクスクルを蹴り飛ばします。
GM
レインもそのままブーツでクスクルの頭を押さえます、むぎゅうう。

レイン「もうー、師匠ったらいつも通りなんだからー!」
クスクル
「ふぎゃぁ、この踏みつけ、これは」 記憶にありますか?

こう、いつも踏みつけられている感を覚えているとか。……なんだそれ?
GM
クスクルが弟子に対して普段からこういう振る舞いなら、きっと踏まれた感を覚えてるでしょう!
クスクル
「うん、この失礼な踏みつけはレインに違いない! 痛い、痛いってば、ああ、そこダメ……」
GM
レイン「うわあ、師匠ったらフリーダ王女みたい」
マリー
ドMでエッチなフリーダ王女だったのかあ……(顔を手で覆う)。

そしてレインのキャラがクスクルさんに汚染されている感がある!
GM
クスクルさんのせいでお茶目さが増してしまっている! レインはまじめな人の前だとまじめっ子です。

とにかくジャッジOKです! 目標値7→6へ! 【魅力】で判定に成功すればレインの【好意】が1になります。
◆このセッションでのジャッジ処理について

 「ジャッジ」成功時、厳密には判定+1の処理を行いますが、このキャンペーンではミスやPL負担を減らすためGM側が目標値−1して処理しています。
 
GM
クスクルの【魅力】は0ですが、ロリアの「協力」で+1されますね!
マリーは【魅力】0なので戦力外。
ロリア
やだ……このパーティ【魅力】なさすぎ……。
クスクル
2D6+0+1>=6 【魅力】判定!
   (コロコロ…) ダイス (6+4) + 1 11  +5成功!
GM
では成功! レインとの【好意】1になりますので記入しておいてください。

レイン「まあこの世界で1人旅は無茶みたいだし、師匠、一緒に行きまーす!」

ということでクスクルはアイテム【頑丈な狩人レイン】を取得します!
アイテム【頑丈な狩人レイン】 重さ0 売却不可

 破壊されない。クスクルの攻撃成功時、1D6だけダメージが増加する。「交流」可能。譲渡不可。次元倉庫には入れられない。
 ある危険な状況でこのアイテムの秘密効果が発動するが、その場合このアイテムは消滅し、クエスト報酬のアイテム【魂の絆:狩人レイン】が得られなくなる。
 
GM
レイン「他のお二人もよろしくお願いします!」
マリー
「レインといいますのね、わたくしはマリーですわ(このエロタヌキとよく普通に接することができるなあ……)」

- 最初の城 移動先選択

GM
ではだいぶ長くなりましたがいよいよ1日目の移動です!

あなたがたの手にはいつのまにか地図があり、そこには『1日目地点』に何があるか書かれてあります。

地図の端には、「まけないで」とシースの文字で書いてあります。
マリー
「(シース……)」
GM
さらにレインから詳しい情報を教えてもらったということで、詳しい内容もご紹介!
【1日目】 地形:荒野
 北:『闇』の罠 → 強い『闇』の触手が襲ってきます。【反撃ダメージ】15とか出ます。
 中央:集落 → ランダム村イベントです(オリジナル)
 南:伝説の鍛冶屋 → 来た人に武器付与を付けてもらえるイベントです。
 
GM
このうち、「『闇』の罠」は他の日にも最大で1日1回発生しますのでご注意ください。
ワイズマン
(うわー、すごく北にいってほしい)
ロリア
北の「『闇』の罠」はないな!
クスクル
北だよねー(いそいそ)。
ロリア
お1人でどうぞ! 完全に罠イベントじゃないですかやだーっ。
GM
クスクルさんはクエストが発生したので、昼イベントが上書きされたものとします。
 ※今思うと、移動前のクエスト発生なら上書きしなくていい気がします。
クスクル
ボクと一緒に行動すると昼イベントが潰れるから離れた方が良いよー。
ロリア
ああ、なるほど。
マリー
クスクルくんいってらっしゃい!!
GM
イーリス「でもその場合でも、次の日の偵察箇所とかふまえて行動するのがいいと思うよ」
マリー
南の「伝説の鍛冶屋」、いいなあ。マリーは武器がそこそこいいので、強化できるならしておきたい!
ロリア
オリジナル村イベントが気になるので中央行きたいかなー。こっちは既に武器付与されてる状態ですしね。上書きしてもいいけど、【火炎の】のままでいいかな。
マリー
となると、これで全員決定ですね!
GM
北:クスクル 中央:ロリア 南:マリー

ですね!

なお「伝説の鍛冶屋」の効果は、「出目以下の付与なら自由に付けられる」というものです。
ロリア
なんという自由度……マリーさんの出目1ゾロに期待。
マリー
やめて!!! 期待にこたえちゃうからやめて!!!!!

1日目 荒野

- 1日目 中央エリア 昼

GM
では北のクスクル分はクエストで消滅したので、中央ロリアさんから処理していきます! 自作の遭遇表が火を吹くぜー!

2D6 集落遭遇表   (コロコロ…) ダイス (1+1) 2  1ゾロ!
マリー
ブー! ロリアさん自ら1ゾロのフラグ回収に入るとは……。
ロリア
そ、遭遇表だし……。
GM
ワーオ!? ということで出目2! ロリアさんは1人、集落へやってきました……。

ですが人影がありません。あまりにも静かすぎます。
マリー
くるー、きっとくるー。
<襲われた集落>

 そこは襲われた直後の集落だった。住人の亡骸が散らばっており、辺りは血のにおいで充満している。生存者は期待できないだろう。役立てられるものを探そう。
判定:【知力】  ジャッジ:生存者を捜す描写
成功:【経験値】3獲得。ランダムドロップ表を1回振る。
失敗:【経験値】3獲得。同じエリアにいるPCと同じ数の【かつての住人】が現れて襲いかかってくる。
 
ロリア
「これは……」
GM
血の新しさから、すぐさっき、何者かによって全滅させられたのでろうとロリアは直感します。

集落に入ると、あたりには人の死体が散らばっていました。
マリー
片道勇者というかクトゥル○に心境が近いよお!! でもマリー的にはその惨事を知っておきたい……!

『あーあーもしもし、ロリアですの? イーリスを通して連絡できるのは変わってないですわね? そちらはどうなっていますの?』
ロリア
「その声は、マリーさん? ……こちらは酷い惨状、です、ね」
マリー
『酷い惨状……? 何があったんですの?』 歩きながら。
ロリア
えーと、GM、亡骸というか傷跡の特徴とかありますか!
GM
傷跡はことごとく刀傷であることが分かります。剣でバッサリ!
ロリア
「こちらは村が何者かに襲われた後のようです、生存者は今のところ確認できず、全て剣で斬られたような……」
マリー
『剣、で……? それは……』
GM
さて、そろそろ判定していきましょう。ジャッジは「生存者を捜す」です!
ロリア
辺りを見回します。血の臭いが濃い事から、まだ時間がそれほど経ってないのを感じ取ります。

「誰か! 誰かいませんか!!」

まだこの惨状を起こしたモノがいるかもしれない危険を承知で、大声をあげました。
GM
勇気ある行為! ジャッジOKです、判定は【知力】で目標値8→7へ!
ロリア
2D6+1+0>=7 【知力】判定!
   (コロコロ…) ダイス (1+3) + 1 5  -2失敗!
マリー
あっ。
GM
おおっと! 【覚醒】しますか?
ロリア
【覚醒】はこういう判定なら使えるんでしたっけ。
GM
はい、判定なので使えます! が、本当にいいですか? 後で使うかも知れないですよ?
マリー
GMがファイナルアンサー? みたいなこときいてくるよお!!
ロリア
おおっと、GMの温情だ!
そうですね、冷静に考えたらここは失敗しておいたほうがいいですね(棒)。
GM
では【覚醒】は使わないということで、このまま失敗でいきます。
失敗:【経験値】3獲得。同じエリアにいるPCと同じ数の【かつての住人】が現れて襲いかかってくる。
 
GM
それではロリアが見ている中の亡骸の1つが動き出します! もうアンデッド化しはじめています!

敵のスペックは以下の通り!
モンスター【かつての住人】
 【LIFE】物体10 【防御値】8 【反撃ダメージ】6  【経験値】4
 
GM
【かつての住人】が1体出てきました! でも今のロリアさんなら余裕っぽい。
ロリア
「ぐっ、アンデッド! マリーさんすみません、戦闘に入りますので会話はここまでで!」
マリー
『健闘を祈りますわ!』
GM
この【かつての住人】は死にたてほやほやでしょう。戦う? 逃げる?
ワイズマン
「物体」属性がついているのでナマの死体だと思ってたら骨なんですかね? と思ったけどナマっぽい。
GM
見た目はナマですが、結局、骨を砕くまで倒れないので物体属性です。
◆【LIFE】の「物体」属性って?

 肉より頑丈な物体で体が構成されていることを表します。「物体」属性持ちは【LIFE】の値が通常より高めに設定されています。代わりに、斧などで殴るとダメージが増加します。

 原作の宝箱や骨、ゴーレムの硬さを表現しているシステムです。
 
GM
せっかくだから、この【かつての住人】がどんな人だったか振りましょうか。人物表も作ったんですよ。

1D6 種族    (コロコロ…) ダイス 4 4  耳長人
1D6 年齢   (コロコロ…) ダイス 5 5  中年
1D2 性別   (コロコロ…) ダイス 2 2  女性

耳長人 の 中年 の 女性 でした!
マリー
心に刺さる!!
ワイズマン
耳長人の中年って何百歳なんだろう。
マリー
百歳でも見た目老けてないとかありそう。
GM
ということで、おばさん風の耳長人のアンデッドがロリアに襲ってきます!
ロリア
「こんな村で、アンデッド化が早過ぎる……!」
GM
しかもコアが骨だからという理由で物体属性LIFEです! さあバトル! 戦う?逃げる?
ロリア
戦いましょう。
GM
OK! 【防御値】は8です。攻撃判定を振ってください。
ロリア
「(このままアンデッドを放っておけば増える可能性が……放っておくわけには!)」

シルバーランスを構えて突撃!

2D6+3>=8 攻撃判定(筋力)!
   (コロコロ…) ダイス (1+6) + 3 10  +2成功!
GM
成功! ダメージ算出!
ロリア
3D6+3 【火炎のシルバーランス】で攻撃!  「でやあああああ!!」
   (コロコロ…) ダイス (6+3+2) + 3 14 ダメージ!
GM
うおおお行ったぁぁ!!

ロリアの【火炎のシルバーランス】が耳長人のおばさんアンデッドを貫きます! シュボォォーッ!
ロリア
更に燃えます。
GM
はい、簡易火葬されて彼女は動かなくなりました。

これで安らかに眠れるといいですね……。
ロリア
「故郷の土で眠りなさい……」
GM
では、勝利につき【経験値】4を入手しておいてください!
ロリア
【経験値】が3 → 7になりました。【レベル】4に。
マリー
れーべるあっぷーおめでとー♪
GM
ロリアはひとまず安全を確認し、集落を探します……するとそこには!

あ、イベント判定失敗だと何も出ないんだった。
ロリア
ズコー。
マリー
死体が!
GM
死体しかないですね、はい! ロリアはとぼとぼと集落を出ていきます……。
ロリア
「他のみんなはここを避けた……? やはり……」

なにやらブツブツ言いながら東へ歩いて行きます。
マリー
『剣の傷……村……人為的なもの……?』

ブツブツ言いながら歩いています。
ロリア
皆ブツブツ言い過ぎぃ!
GM
クエスト内容の謎がうまいこと交差してしまっている!

 
 
ちなみに、ロリアとマリーのプレイの横でクスクルさんはこんなことをやっていました。

 
 
クスクル
こっちは劇団クスクル小劇場やっておきますね。

「いいかー、レイン、弓で攻撃する時はー、絶対敵から目をそらすんじゃないぞー」

レイン「はい、ししょー」

「い、ちょ、ちょっとまって、ボクの方に矢を向けるんじゃない!」

レイン「はい、ししょー」

「返事する度にボクの方を向かなくていいから!」

レイン「はい、ししょー、あ、手が滑ったー」

「おおお、おぃーーーーっ!!」
マリー
(『ロリアさん? そちらはどうなっていますの?』)
ロリア
(「その声は、マリーさん? ……こちらは酷い惨状、です、ね」)
マリー
(『酷い状況……? 何があったんですの?』)
クスクル
「こっちも酷い状況だよ、弟子に撃たれたからね……」

レイン「ししょー、しっかりーーーーっ!!」
GM
凄惨な現場のシーンの脇ですごいほのぼの劇場やってる……!
クスクル
「このやろー、レイン、おまえ、さっきの手が滑ったとか言ってわざとだろー!」

レイン「本当に手が滑ったんですってばー、あ、また手が滑ったー」

「そっちがその気なら、こっちだって考えがあるからなー、こらー」

レイン「わ、また手が滑ったー」

きゃっきゃうふふしてる様子をイーリスで送りつけておきますね。

「レインめ、絶対わざとだよ、あれ」 ブツブツ言いながら……。

- 1日目 中央エリア 南

GM
さて次、南へ向かったマリーが着いたのは、伝説の鍛冶屋がいるという小屋です!
マリー
「たーのもー!」 バーンと扉を開けます。
GM
片足が義足の鍛冶屋が武器を鍛えています。彼は窓の外を見て、闇が迫ってきていることに気付いて叫びます!

鍛冶屋「くっそ、この周回も時間切れか!! だいぶ工程を合理化できたってのによ!」
<伝説の鍛冶屋>

 そこは「伝説の鍛冶屋ダグド」が住んでいる小屋だった。彼は必死で武器を打っているが、闇が近付いてきていて仕上げが間に合わないことに気付いて叫んだ。
判定:【筋力】  ジャッジ:自分たちの手で代わりに世界を救うと説明する
成功:【経験値】2獲得。ダグドはそれならと、君たちの1人1人の武器を鍛えて付与を付けてくれる。2D6を振り、武器付与表のその出目以下の範囲から好きな付与を1つ付けてくれる(ただし振った後のキャンセルはできない)
失敗:【経験値】2獲得。ダグドは納得せず、1つの武器を投げつけて早く出ていけと叫んだ。武器ドロップ表を1回振る。
 
GM
鍛冶屋「で、誰だ!」
マリー
「世界を救う勇者見参ですわ!」 バーン!
GM
マリーが剣士っぽいことに気付いて鍛冶屋は興味深い目で見ます。

ダグド「はあーん? 俺の名はダグドだ。おまえ、この世界を救えるか?」

鍛冶屋ダグドはいきなり変なことを聞いてきます!
ジャッジ:自分たちの手で代わりに世界を救うと説明する!
マリー
「当 た り 前 で す わ !」 ドドーン。

「わたくしに出来ないことなどなくってよ! おーほっほ!」
GM
ダグド「じゃああれ倒せるか? あのでかい触手だ、俺は何度も『周回』してるから見たことがあるんだが」
マリー
「シュウカイ? それはなんですの? シュウマイの仲間ですの?」
GM
ダグド「なんだ、おまえ『初めて』か……じゃあいい」
マリー
はじめて。

いけない、クスクルさんみたいな思考になりかけました。
GM
ダグド「ヤツを倒す算段があるなら聞かせてくれよ。なんか策があるなら手伝うぜ」

さあこの無茶振りにマリーさんはどう答えるのか!
マリー
「そうですわね……まだじっくりと試していないのですけれど、斬撃は効きますの? あなたはいくつかの情報を知っているのですわよね? まずそれを聞いてからですわ」
GM
ダグド「なるほど、情報を知って作戦を立てようとする姿勢は合格だな」
マリー
「『はじめて』のわたくしには、あなたほどの知識はおそらくありませんわ。だから、知っていることがあるなら、聞かせてほしいですわ。あいつは、絶対わたくしが倒します。……大事な友達の仇ですの」 真剣な顔で。
GM
ダグド「仇、ねえ……この世界じゃ『仇』なんて無駄な発想になっちまうんだが……」
マリー
「それでも、わたくし、やられっぱなしというのは好きじゃありませんの。絶対によこっつらはたいて、生きてることを後悔させてやりますのよ!」
GM
ジャッジOK! 【筋力】で目標値7を出してください。
マリー
2D6+3+0>=7 【筋力】判定!
   (コロコロ…) ダイス (4+6) + 3 13  +6成功!

イェーイ!!!
ロリア
大きいなー。
クスクル
おー、すげー、マリーの中の人が10なんて出したぞー、今日は祭りだー。酒もってこい、酒!
GM
成功!

ダグド「いいだろう、なら手を貸そう。ぶっちゃけ俺も敵の弱点をしらんのだが、とりあえずおまえの武器を鍛えてやる。出来具合はやってみてのお楽しみだがな」
成功:【経験値】2獲得。ダグドはそれならと、君たちの1人1人の武器を鍛えて付与を付けてくれる。2D6を振り、武器付与表のその出目以下の範囲から好きな付与を1つ付けてくれる(ただし振った後のキャンセルはできない)
 
GM
【経験値】+2してから、付与の2D6を振ってください。
マリー
2D6   (コロコロ…) ダイス (3+4) 7

普通だった、よかった、普通はスバラシイ、すばらしいんだ。
GM
7かー! 惜しい!
マリー
えっ。
GM
7までだと、付与できるのは【高価な】【壁壊の】【怒りの】【鋭い】のいずれかになりますね!

8なら【必中の】(攻撃判定+2)、9なら【混沌の】(出目6があれば【反撃ダメージ】0にできる)というすごいのが付けられたんですけれど。
マリー
ああん。
ロリア
【混沌の】はずるい!
GM
ダグド「さあ早く選べ! 闇が来ちまうぞ!」
マリー
えーっとえーっとじゃあ【怒りの】(攻撃判定−1、ダメージ+1D6)で! (状況的に)
GM
イーリス「【怒りの】は攻撃判定−1だよ!? いいの!? ますます当たらなくなるよ!」
マリー
「ますますっていわないでくださいましー!」

あっ【鋭い】(ダメージ+3)もいける! じゃあ鋭くします!!
GM
ダグド「いいぜ! うおおおおおカンカンカンカン!! できたぜ! もっていきな!」

ということで、マリーの剣は【鋭い耳長の細い剣】になります! ダメージ増やしておいてくださーい。
マリー
「ありがとうございますわ!」
ロリア
きっと針のような細さに。
マリー
おれちゃう!
GM
闇はもうすぐそばまで迫っています!
マリー
「さあ、逃げますわよ!」
GM
ダグド「俺の足は片方ねえんだよ見りゃ分かるだろ! おまえはなんとかヤツに勝つ手段を探すんだ!」

ダグド「じゃあな、頼んだぞー!!」

ダグドは小屋ごと闇に呑まれていきます……。
マリー
「わかりましたわ、必ずやー!! ありがとうございました!」と闇に向かって叫びます。
GM
さて、そんなこんなで1日目の昼、終了!

- 1日目北エリア 夜

GM
1日目の夜になりました! 遠くの空では雷がゴロゴロ言っています……。
マリー
「雨、ですかしら……」
クスクル
「もー、誰のお腹?」
GM
夜になっても真っ暗にはなりません。やっぱり赤黒いままの空です。
ロリア
「これで夜……?」
マリー
「時間の感覚がわからなくなりそうですわね」
GM
さて、夜行動! 夜行動は以下の4つから選択可能です!
【夜行動】
・「偵察」(【ST】−2・隣のエリアのイベント判明)
・「交流」(【ST】−2・仲間1人との【好意】を1アップ)
・「探索」(【ST】−2・そのエリアでランダムイベント発生)
・「進行」(実質的に夜行動をパスする選択肢)
 
GM
北のクスクルさんからどうぞー、宣言してください。
クスクル
ていさつー!
GM
OK! 【ST】−2! で偵察表ですね、えーと。

1D6 偵察表   (コロコロ…) ダイス 5 5
 5:迫る闇から恐怖のあまり目を離せない。 判定:【意志】 ジャッジ:勇者としての決意。

ということで迫る闇です! クスクルさん、勇者としての決意を語ってください!

イーリス「闇が近いよ、クスクル! なんか一発気合入れてこー!」
クスクル
「(ボクはとりあえずみんなの下着を安心して洗える世界にしたいんだ。こんな洗濯する暇もないような世界は嫌なんだ……)」 無言でレインの下着を洗いながら。
GM
ジャッジOK! レインのかかと落としがクスクルに突き刺さります。
クスクル
うっ、世界を救う前にボクが死んじゃうような気がするよー。
GM
【意志】で目標値は7+1日目−1で「7」! レインの【好意】1の分も足せます。
クスクル
2D6+2+1>=7 【意志】判定!
   (コロコロ…) ダイス (4+2) + 3 9  +2成功!
GM
成功! 次の日の北エリアが明らかになります!

北の2日目は……「小型ダンジョン」でした!
クスクル
小型ダンジョンであることをイーリスを通してみんなに伝えよう。

「あー、もしもし、オレオレ、オレだけどー。交通事故を起こしちゃってさー、示談金が必要なんだよねー」
GM
イーリス「伝えてないじゃん!? 北は小型ダンジョンだよ! 2日目にも『闇』の罠がどれかにあるかもよー」
マリー
「そう考えると、もう一箇所は偵察したほうがよさそうですわね」

でもマリーは【ST】を最後まで温存しておきたいんですよね……火力的に。

- 1日目中央エリア 夜

GM
では次は同じく中央エリアのロリアさんの夜行動! どうしますか?
ロリア
んーんー。「『闇』の罠」が1日に最大で1個あるんでしたっけ。
GM
です! もしかしたらないかもしれません。
ロリア
ここで「偵察」しておいたほうが確実かなー。
マリー
わー、ありがとうございます!
ロリア
弁当持ちなんで【ST】は余裕あるんですよね。では「偵察」行きましょう。
GM
OK! では「偵察」! 【ST】−2しておいてください。
ロリア
【ST】10→8に。
GM
1D6 偵察表   (コロコロ…) ダイス 5 5
 5:迫る闇から恐怖のあまり目を離せない。 判定:【意志】 ジャッジ:勇者としての決意。

またか! こればっかり出る気がする!

イーリス「ロリア、闇が迫ってるよ! ここは1つ勇者的決意で気合キメちゃおう!」(デジャブ)
マリー
イーリスも大変だなあ!
GM
しかしロリアは【意志】0だ! キツい!
ロリア
「勇者という在り方が今でも良くわかっていませんが、この空がこの世界の異常であり、人々の生活を脅かすのならば剣を取りましょう、私は騎士なのですから」

(※今持ってるのは槍です)
GM
イーリス「そうだね、騎士だもんね!」

ジャッジOK! 【意志】で目標値8→7を判定して下さい!
ロリア
2D6+0>=7 【意志】判定!
   (コロコロ…) ダイス (6+4) 10  +3成功!
おーたかい。
GM
普通に成功した! ではロリアが次のエリアを見に行くと……不自然なほど何もありません。

「あっ、これヤバい」と直感しました。
マリー
** おおっと **
GM
ということで、2日目中央は「『闇』の罠」でした! 当たりー!
ロリア
「これは……」

「さすがにこれは、危険、ですね……」

- 1日目 夜明けの進行

GM
南エリアのマリーさんの夜行動は?
マリー
「進行」で! 【ST】余裕ないからごべんなざい!
GM
ではこれで皆さん「進行」となります! ルート表だけ振りまーす。

1D6 クスクル   (コロコロ…) ダイス 2 2
 2:穏やかな地形が続く。【日数】から【敏捷】を引いただけ【ST】が減少する(最低0)

1D6 ロリア   (コロコロ…) ダイス 2 2
 2:穏やかな地形が続く。【日数】から【敏捷】を引いただけ【ST】が減少する(最低0)

1D6 マリー   (コロコロ…) ダイス 6 6
 6:広い川を船で渡る。【日数】に2を足して【魅力】を引いただけ【ST】が減少する(最低0)「水泳」

【日数】=1で計算して下さい。クスクルとロリアはたぶん被害0!
クスクル
やったー、【敏捷】は5もあるんだー。
GM
マリーさんは1+2−【魅力】0=3も減ります! 【ST】減らしておいてくださーい。
マリー
えぐい(プルプル)。【ST】10→7へ!

ごはん……ごはんたべたい……ウッウッ。
ロリア
マリーが「進行」でよかった……。

 
 
GM
では2日目の移動先を選択してください!
【2日目】 地形:山岳地帯
 クスクル  北:小型ダンジョン
 ロリア    中央:『闇』の罠
 マリー   南:???
 
ロリア
またきれいに道分かれたなぁ。
クスクル
えーと、ボクは北をそのまま進むよー。
GM
なお、南にいるマリーさんは中央か南にしか行けません!
中央にいるロリアさんは北・中央・南のどこへでも移動可です。
クスクル
中央は危険だから避けるとするとロリアがどっちに行くかだよねー。
ロリア
ですです、多分北にダンジョンがあるってことは南は安全、なのかなー。
マリー
こっちは南一択ですよね! 中央の「『闇』の罠」は無理!!
GM
ということであとはロリアさんの決断だけ!
マリー
南のほうが酷い可能性もなきにしもあらず……!
ロリア
んー戦闘力に不安があるのは……ってどっちも大概な強さしてるような。
GM
イーリス「いちおう、クスクルは【狩人の感覚】があるからダンジョンは2回振って選べるんだよね」
ロリア
ではマリーと同じ南に行きましょう、なんか上は大丈夫そうですし。
マリー
わーいありがとうございます!
GM
ではロリア・マリーは南へ! クスクルは北へ!

レイン「うわー! 師匠と2人っきりとかヤだー!!」
クスクル
「さっきも2人っきりだったんだけどなー」
GM
レイン「1日なら我慢できるけど2日はがまんできないんですー!」
クスクル
「だよねー、ボク、カワイイからねー、我慢できなくなるよねー」
GM
無言でレインのやさしいかかと落としがクスクルの頭をボンボンします。
クスクル
頭の中央がへこんじゃう!

 
 
GM
では全員、PC1人しかいないエリアから移動したのでここでみんな【経験値】+4です!
マリー
ヤッター。
GM
それぞれ個人で行動するって大きいなー。
クスクル
【経験値】5→9で【レベル】は4!
マリー
【経験値】2→6へ、【レベル】は4へ!
ロリア
【経験値】7 + 4 → 11で【レベル】は5に。【グレートウォール】覚えた、やったぜ。

2日目 山岳地帯

- 2日目北エリア 昼

GM
さて、皆さんは2日目エリアにやってきました! 空は赤く、やっぱりイヤな雰囲気です。
では北エリアのクスクルさんからいきまーす!

えー、クスクルが来たのは「小型ダンジョン」でした!

レイン「うああ、なんか出そう……」
クスクル
「むしろなんか出て欲しいくらいだよー」
GM
【狩人の感覚】はダンジョン遭遇表で有効なんでしたっけね。
スキル【狩人の感覚】 常駐
 自分が「ダンジョン遭遇表」を使用する場合、2D6を2回振り好きな結果を1つ選ぶことができる。

 効果があるのはダンジョンのみですが、原作での狩人の敵探知能力がうまく表現されている印象です。敵に会うことも、敵を避けることもできますからね。
 
GM
2D6を2回振り好きな結果を選べる! では振っちゃいますので選んでくださーい。

2D6 ダンジョン   (コロコロ…) ダイス (5+2) 7
2D6 ダンジョン   (コロコロ…) ダイス (6+4) 10
7:<死霊の騎士>

 【死霊の騎士】と遭遇した。鎧と剣を持つ姿は、いかにも強そうだ。
判定:【生命】 ジャッジ:敬意をこめた挨拶をかわす。
成功:【経験値】1獲得。【死霊の騎士】1体との戦闘が発生する。すべての死霊の騎士は若干人の心を取り戻し、【LIFE】が物体9になる。
失敗:【経験値】1獲得。【死霊の騎士】1体との戦闘が発生する。そのうち1体にランダムな特徴がつく。モンスター特徴表(156ページ)を使用する。
 
10:<竜人の騎士>

 【竜人の戦士】と遭遇した。ドラゴンの顔を持つ手ごわい相手だ。
判定:【知力】 ジャッジ:竜人の強さを褒める。
成功:【経験値】2獲得。【竜人の戦士】1体との戦闘が発生する。先制攻撃により、すべての竜人の戦士の【LIFE】が6になる。
失敗:【経験値】2獲得。【竜人の戦士】1体との戦闘が発生する。そのうち1体にランダムな特徴がつく。モンスター特徴表(156ページ)を使用する。
 
GM
どっちがいいですか? 敵の能力は以下の通りです。
モンスター【死霊の騎士】
 【LIFE】物体18(装甲5) 【防御値】10 【反撃ダメージ】7 【経験値】6
 【ドロップ】1D6×200シルバ(5/6)
 
モンスター【竜人の戦士】
 【LIFE】12(装甲5) 【防御値】10 【反撃ダメージ】5 【経験値】4
 【ドロップ】1D6×100シルバ(5/6)
 
ロリア
うわつっよい。
クスクル
どっちも強いよ!
マリー
無理無理ー!
GM
レイン「辛うじてマシなのは【竜人の騎士】かなあ……【LIFE】的に」
クスクル
10、【竜人の騎士】の方にしよう。
GM
レイン「オッケー師匠! わたしも援護します!」

 
 
GM
では、クスクルたちはダンジョンの中で【竜人の騎士】と出会います!

竜人「む……貴様らが勇者か。ここは通さんぞ!」

「ジャッジ:竜人の強さを褒める」です!
(ほめて先制攻撃ってこれだまし討ちなんじゃ……いや何も言うまい!)
クスクル
「いやぁー、さすが竜の名を持つ騎士様ですな、竜と言ったら我々の業界ではやっぱり最強の名を欲しいままにしてますからな、アライグマであるあっしなんてクソみたいなもんですよね。強そうだなー、実際お強いんでしょ? もう、わかってますよー、旦那ー、あっはっはっは!」

ひたすらゴマすり。
GM
竜人「う、うむ、もちろんだ!」

レイン「きゃー竜人の騎士さまー!」

竜人の騎士にちょっと油断が生まれました! ジャッジOK!
【知力】判定で、目標値は7+2【日目】−1で8! 「協力」でレインの【知力】も足せます!
クスクル
2D6+3+1>=8 【知力】判定!
   (コロコロ…) ダイス (6+1) + 4 11  +3成功!
GM
成功! では2人は【竜人の騎士】に先制攻撃!
クスクル
「しねやーーーーー」
GM
レイン「あっはっは! ごめんねー!」 矢を発射してドスドス!
マリー
(レインがひどい感じすごい)
GM
竜人の騎士「ぬおおおー貴様ら卑怯だぞーッ!!」
クスクル
「油断を見せた時点で貴様は最強ではないのだよ、あーーっはっはっは」
成功:【経験値】2獲得。【竜人の戦士】1体との戦闘が発生する。先制攻撃により、すべての竜人の戦士の【LIFE】が6になる。
 
GM
では【経験値】+2してくださーい。バトル開始!
モンスター【竜人の戦士】

 【LIFE】12→6(装甲5) 【防御値】10 【反撃ダメージ】5 【経験値】4
 【ドロップ】1D6×100シルバ(5/6)
 
GM
出すべきダメージは「装甲」分も加味して「11」! 【防御値】は10です! 攻撃? 逃走?
クスクル
こうげきしますー。
GM
OK! 攻撃判定振ってくださーい。
クスクル
2D6+6>=10 攻撃判定(【敏捷】・弓)!
   (コロコロ…) ダイス (2+5) + 6 13  +3成功!

当たる、当たる。
GM
普通に成功! すごいな、もう【敏捷】6って! 次、ダメージ算出お願いします。【好意】は1!
クスクル
2D6+5+1 【狩人の弓】で攻撃!
   (コロコロ…) ダイス (5+4) + 6 15 ダメージ!

レインの分も含めちゃいました。
GM
レイン「1D6分は私の攻撃!」

15ダメージ! あ、これレインの攻撃(4点分)はいらなかったですね。

竜人「ぐおああああああああ!」 (バタリ)

レイン「おーさすが師匠! わたしの攻撃いらなかったですね」

ということで完全勝利です! パカパーン。【経験値】4を足しておいてください! ドロップ出しますねー(コロコロコロ…)。
ドロップ処理を行った結果、クスクルは500シルバを入手しました。
 
GM
レイン「よーし、この調子でいきますよー師匠!」
クスクル
「レイン、お前の腕も上がったみたいだなー、これも風に舞うパンツを狙う特訓のおかげだなー、あっはっはっはー」
GM
レイン「かかと落としぃ!」

では、ほのぼのだまし討ち北エリアが終わり……。
ロリア
ほのぼの。
マリー
ほのぼのとは一体。
クスクル
ほのぼのだったよ。かかと落とし以外。

- 2日目南エリア 昼

GM
お待たせしました、次はロリアとマリーの南エリアでーす!
えーとクエスト発生の可能性があるんですが、クエストの前にイベントが発生します!

2人が南に歩いてくると、途中で懐かしい顔に出会いますね。
それはなんと……返り血だらけになっている勇者アレンでした!

勇者アレンはこの先の「集落」から出てきたばかりみたいで、うつろな目でつぶやいています。

アレン「魔王は……魔王はどこだ……早く来い……」
マリー
「な……あなたはアレン……?!」
GM
アレン「ああ……どこかで見た顔、何周目で会ったっけ……」
クスクル
(「誰だお前!」 と言いたかった!!! ぐぬぬっ!!)
ロリア
(こっちは初対面)
GM
アレン「ここにも魔王はいなかったよ……他の勇者に聞いて聖武器を闇に投げ込んだりもしてみたけど、ダメだった……」
マリー
「その返り血……どういうことですの!?」 くってかかります!
GM
アレン「『敵』を倒したんだよ……全ての『敵』を……」
マリー
胸ぐらつかんで問いただします。

「それは何の血なんですの!? 答えなさい、アレン!!」
GM
それならアレンはそのまま殴ってきますよ! バシッ!

アレン「君も敵になるのか……!」
クスクル
(いいなー、南組楽しそうー。あー、あれか、殴り合って友情を確かめ合うやつかー)
GM
アレン「僕は何にも負けない……! 魔王……魔王はどこだ……(ブツブツ)」 といいながら剣を抜き、ぼんやり去っていきます。

近付くと斬られそうで、ちょっと危険な雰囲気ですね。
マリー
「ええい、話を聞きなさい! アレン!! 魔王はわたくしがもう倒しました! いませんわ!!」

「もう、いないんですのよ!!」
GM
アレンは一瞬こちらを振り向きましたが、そのまま走り去ってしまいました……。
ロリア
「正気を失っていますね。……ところで彼とは知り合いなのですか?」
マリー
「……この場所に来る前に、出会ったことがあるのです。わたくしがいま着ている【チェインメイル】は、彼から譲り受けたものですわ」

「ただの爽やかイケメンで、殴りたくなる笑顔の持ち主でしたが……何があったんですの……?」

 
 
GM
では、せっかくなので施設に入ったあたりでクエスト起こしましょう。
お二人は勇者と別れて集落にやってきました!
なお、ここのイベントは「襲われた集落」です!

2人が入ったそこの集落もまた、何者かに襲われたばかりで、まだ真新しい血が散乱していました。地面には老若男女問わず死体が転がっています……その中には小さな子供まで。
マリー
「なんで……なんでこんなことを……するの……」

うつむきながら、座り込んで子供の死体の手をとります。
GM
マリーさんの目は死体に釘付けです。

ということでここでロリアさん、必要ならクエスト実行してもらっていいですよ!
ロリア
うーん……ここでやりますか。

というわけでマリーに「攻撃宣言」します!!!!!
マリー
ちょっ、
うええええええ?!
GM
では、ロリアのクエストオープン!
クエスト 『闇へのいざない』

・公開条件: 「2日目以降に他PCと同じエリアにいるとき」に「攻撃を宣言」する 【経験値】10

・イベント
 いま君といるクスクルは偽物で、マリーは実は敵の一味だということを君は“知っている”。実は君は今、『闇』に操られている。君は自然な顔でどこからともなく短剣を取り出し、無防備な仲間に向かって突き立てた。【強制的に同じエリアの他PC全員にそれぞれ2D6ダメージ(装甲無視)】を与えた後、君は正気に戻る。そしてそのとき、君は闇と繋がった記憶から『闇』の正体の一端を理解することができるだろう。このダメージの算出は【覚醒】で振り直してもよい。もし君の攻撃でPCが死亡した場合、君の『魂』ポイントが−2される。
ジャッジ:操られることに抵抗しようとする描写(他PCに与えるダメージ−1)

・クリア条件: イベントが終了する。
・報酬: 【伝説P】50 + この世界の闇、『ヨルムンガンド』の基本能力値だけ判明 + クエスト『決死の威力「偵察」』アンロック
 
GM
ということで、ロリア視点ではマリーやクスクルが敵の一味だと思っており、攻撃をしようとします!
クスクル
魂ポイント説明の「味方に殺される」ってこれかーーー!?
ロリア
クスクル狙うとレインを潰しちゃいそうなので、ここでやることにしました。
GM
あれ、「マリーのほうが【LIFE】に余裕があって殺さずに済むから」という意味で狙ってたんじゃないんですね。
ロリア
ええ、いっそ2人同時に斬ろうかなって(ゲス)。
GM
待って! 殺そうとするクエストですが実際に殺しちゃったら損するイベントですからー!

ということでまず【経験値】+10してくださーい。
ロリア
【経験値】11 + 10 → 21に、【レベル】7になりました! 【大激震】まできちゃったよ。
GM
では、ロリアはどこからともなく短剣を取り出し、無防備なマリーに近付きます。
マリー
殺される……(カタカタカタ)。
ロリア
マリーは背中向けてますよね。
マリー
完全に涙を流しながら子供に釘付けです。

「アレン……なんでこんなことを……ひっく……勇者って……言ってたじゃない……」
ロリア
「上手な芝居ですね」

それだけ言うとマリーに短剣を振り下ろします!
マリー
「しば、い……?」 え? とロリアを振り返ろうとした瞬間、短剣が!
GM
その短剣はマリーの鎧のない部位を的確に突き刺します! ドスッ!

ダメージ算出! ロリアさんは2D6振ってくださーい。
ロリア
2D6 短剣攻撃!   (コロコロ…) ダイス (3+3) 6 ダメージ!
マリー
「うあぅ!?」
ロリア
ちょっと大きいなー。クエスト文に書いてあるので、【覚醒】使えますよね?
GM
はい、今回は特別に使えます。また、ジャッジに成功すればダメージ−1できます。

ジャッジ:操られることに抵抗しようとする描写(他PCに与えるダメージ−1)
ロリア
【覚醒】使って抵抗描写しようかと!
GM
いいですね! では【覚醒】で1D6を振り直してくださーい、どっちかの3の目を振り直しです。でも2以下出るかなー?
ロリア
【覚醒】使用!
2D6 短剣攻撃!   (コロコロ…) ダイス 3 3  一緒!

ぶわ。
マリー
ロリアさんの殺意がよくわかりました!
ロリア
もう一回【覚醒】します!

1D6 二度目の振り直し   (コロコロ…) ダイス 5 5  6→8ダメージ!
GM
ブーッ! 増えた!!
ロリア
ぶふ。
マリー
あの。

殺気しかないですね??? 殺す気ですよね???
ロリア
これは殺意に溢れてますわ……。
クスクル
マリー絶対殺すマン。
マリー
完全に敵だと思われてるー!! やだー助けてー!! シースー! ワイズマーン!!
ワイズマン
(我輩はハイライトが消えた目のロリアをもっと見ていたい!!!)
マリー
(あ、味方だと思ってたズマンからも見捨てられてる)
GM
とにかく出目3を5に振り直したのでダメージ増加です! 3+5=8ダメージになります!

ではロリアさん、止めようとすればするほど気合が入ってしまうのを押さえようとする描写でジャッジをしていただきます。それでダメージ−1!
マリー
抑えようとした力がそのまま攻撃力にまわされちゃうんですね!
ロリア
「(待って、どうして私こんな……。そもそも今まで会話してた人をどうしてこんな無意識に敵だと……っ!? 何、これ、身体が言うことを……!、それどころか抵抗すればするほど力が……!?)」
GM
ジャッジOK! −1で7ダメージです。より気合を入れてマリーを刺してしまうロリア!
マリー
ぶふぁ。【LIFE】16→9ですね。やめてぇ!

太ももあたりかな刺されたの、とか勝手に思っています(甲冑ないし)。

「や、やめ……どうしたんですのロリア……?」 座り込んで涙ぐんだ姿勢で見上げます、剣は抜いていません。
ロリア
「――っ、私は、なに、を……あ……」
GM
そのあたりでロリアは正気に戻ります! きっと短剣をカラランと落とすのでしょう。
ロリア
「あ、ああ……あああああ!!!!」
マリー
「アレンも……ロリアも……どうしたんですの……?」
GM
イーリス「ちょ、ちょっとロリアー!? マリー大丈夫!?」
マリー
「ロリア?!」と足を引きずりながら近寄ります。

「大丈夫ですの!? しっかりして!」 ゆさぶり。
ロリア
「ダメですマリーさん、近づいてはいけません!! 多分、いえ確実に私は正常ではありませんっ!」
マリー
「どういうことですの!?」
ロリア
「城にいた時からずっと。そう、ずっと私はなぜかマリーさんを敵の一味、クスクルさんを偽物と認識していました」
マリー
「え……?」
ロリア
「これは疑うとかそういうレベルではなく、それがさも当然であるかのように……」
クスクル
『そうだったのかー、ボクがいつもロリアにボコボコにされていたのは、そういうことだったんだねー』
ロリア
「いえ、それはいつものことです」
クスクル
『あ、あれぇ!?』
GM
レイン「ですよねー」
マリー
「それで、いまは正気……なんですのね?」
ロリア
「ええ、意識がはっきりした今ならわかります。私は操られていた可能性が高いです」
マリー
「何か、きっかけが?」
GM
きっかけがあったとすれば闇の触手の目ににらまれた辺りではないかとロリアは思いました。
ロリア
「多分、あの沢山の目を凝視した時、でしょうか」
マリー
「……ゴクッ。わたくしは、そうか、ワイズマンのことに気をとられていて……しっかり見ていませんでしたわね」
ロリア
「ただ意識を乗っ取られたとかそういう感覚はなく、マリーさんやクスクルさんを見る目以外は自分の意志で行動できていました」
マリー
「となると、わたくしも、アライグマも、自分が正常だと思っていても、そうでないかもしれないんですのね……」
ロリア
「ええ、あの目を見ていなければ安全、とは言い切れません」
クスクル
『ポンッ』(手を打って)

『あー、ボクも操られてるー、スカートめくらなきゃー』
GM
レイン『ホアータァー!(かかと落とし)』
クスクル
『レインも操られてるよーーーーー助けてーーーーー』
マリー
「(アライグマは異常すぎて正常ですわね ええ)」

「それを話してくれたということは、わたくしにもう敵意はないのですのよね?」

「仲直りの握手をしてくれたら、チャラでいいですわ! はじめましてのときの握手は、あなたにとって『敵』とのものでしたでしょうし」と手を差し出します。
ロリア
「はい、と言いたいのですが……自分の意志という確証は私には判断できません……」

おっかなびっくりに手を出します。
マリー
「あらためてよろしくですわ、ロリア!」
ロリア
「ええ、こちらこそ改めてお願いします、マリーさん」
GM
おお! いい感じにまとまりましたね。
クスクル
『まぁ、本人も反省しているようですし今回は許してやってくだせぇ……』とイーリスを通して。
マリー
「別に最初から怒ってませんわよ!」
GM
ではこれでクエスト終了です!

ロリアは闇とひとときでも繋がっていた記憶から、『闇』の能力の一端を理解することができました。詳しいスペックは終了後に明らかにします。

 
 
GM
ではこれにて昼イベント終了!
ロリア
途中で傷の手当に弁当出してギャグにしようか考えましたけど、【ST】分がもったいないんですよね。でもとりあえずマリーさんに【おいしいお弁当】を渡しておきましょう。
GM
【おいしいお弁当】ってどちらかというと【ST】回復薬ですからねえ……。
マリー
あ、でも渡してくれるだけでもすごくすごくすごくありがたいです。いただきます。
クスクル
もしあそこでロリアが北にきてたら、ボクが刺されていたのかー怖い怖い。
GM
クスクルだと貫通2D6ダメージで即死する可能性が!
クスクル
さくっと一撃死。
ロリア
でも北に行ったらクスクルをかばってレインが刺されそうな……。
GM
レインのアイテム説明にもヤバいときには何か起きて消滅すると書いてありますからね! 何が起きるかは起きてからのお楽しみです。

- 2日目 夕暮れ

GM
さて! では2日目の日が暮れようとしているこのタイミングで……。

「ヴォォォォーン!!」

という遠吠えが聞こえます!
『闇』の霧の中から土煙を上げ、地響きを上げながら何かがこちらに走ってきました!

それは体高が人間何人分もありそうな、真っ黒な毛をした巨大な狼です!
クスクル
(なんていうか、見た事あるような気がする)
GM
どっちに出たか決めましょう!

1D2 1北 2南   (コロコロ…) ダイス 1 1  北!

では巨大なオオカミはクスクルの方にやってきました!

レイン「うげえっ、あれなんか城で聞いたやつだ……きっと【終末の狼】ですよ師匠!」
クスクル
「そうだね、金曜日だからねー」
GM
レイン「しゅうまつってそっちじゃなーい!」
クスクル
「じゃぁ、どっちだよーーーー」
マリー
(フェンリルがモチーフかな)
GM
【終末の狼】は城で殺し損ねた勇者……つまりクスクルたちを狙ってきます!

ということで、クスクル組は【終末の狼】との遭遇です! 全員で「戦闘」するか「逃走」するか選んでください!
ロリア
全員(1人+NPC)。
GM
クスクル組全員……ってクスクルだけだった!
クスクル
「ボク、通りすがりのアライグマだよ」
GM
終末の狼「ガルルル……!」

話は通じそうにありません! さあ戦闘? 逃走?
クスクル
「勇者ならあっちに行ったよー……うあーーーん、逃げるにゃーーーー」
GM
スペックは以下の通りです。
モンスター【終末の狼】(戦闘ルールは魔王戦と同じ)
 【LIFE】200 【防御値】10 【反撃ダメージ】8+火炎2 【経験値】10
 【ドロップ】ドロップアイテム表×2

・【LIFE】を半分削れば【伝説P】+15、全部削り切れれば+30。【LIFE】は出会うたびに回復する。
 
ロリア
魔王より強い?
マリー
えげつなぁ。
GM
魔王よりちょっと強いですよ。というか今の装備だと皆さん2日目の魔王でも楽勝じゃないですか!
ロリア
ですよねー。
マリー
テヘッ。
クスクル
「レインあれは手を出しちゃダメなタイプのやつだよ、逃げよう、うん、それがいい逃げよう」
GM
レイン「了解、師匠!」

逃走する場合は目標値10です! 逃走表を振りますねー。

1D6 逃走表   (コロコロ…) ダイス 1 1
 1:崖を登れば逃げられそうだ。【筋力】を使用する。

クスクルたちは崖を見つけました!あそこを登れば逃げられそうです!
判定は【筋力】で、目標値は7+2(日目)=9! レインの「協力」で+1できます!

レイン「師匠! 逃げよう! 早くー!」
クスクル
「うるせー、こっちだって必死なんだにょー」

2D6+3+1>=9 【筋力】判定!
   (コロコロ…) ダイス (1+5) + 4 10  +1成功!
GM
逃走成功! 【経験値】半分もらえるので、クスクルさん【経験値】5増やしておいてくださーい。
クスクル
レインの尻を崖の上に持ち上げつつ。
GM
レインのブーツで全力でクスクルが踏まれます。ムギュウ

イーリス「そういえば【ダッシュ】使えば? って言うの忘れちゃった……」
クスクル
いっつも【ダッシュ】のこと忘れてるんだよにゃー。
スキル【ダッシュ】 消費ST2
 攻撃判定以外の判定の前に使用できる。その判定では3D6を振り、判定に使用するサイコロを2つ選ぶ。

 攻撃以外の何にでも使えて便利な成功率アップスキル。「交流」でも使えます。
 
GM
では“しゅうまつ”の狼から逃げ切りました! 明日は月曜日だ!
マリー
もっと嫌なやつだ!!! 最強の敵だ!!
クスクル
月曜日の狼の方が強そうだよー。
ロリア
なに、週末なら明日は日曜日じゃないのか!
GM
あ、そうか日曜日か。そんな冗談はさておいて、夜行動いきまーす!

- 2日目北エリア 夜

GM
さて、2日目北エリアの夜、クスクルはただいま【終末の狼】に追われている最中です!
こいつはほぼ魔王と同じ扱いなので、夜行動前に追撃表を振ります。

つまり【ST】を消費する夜行動をすると追加で狼に追撃されてしまいます!
クスクル
知ってる、ここで「偵察」とか「探索」するとタクーシみたいに犠牲者が出るのよ。
GM
レイン「でもわたし頑丈だから壊れないですよ」
◆アイテム【頑丈な狩人レイン】について

 またタクーシみたいに壊れる気がしたのでレインは「破壊されない」ということにしています。
 なお次回からのNPCアイテムは、「破壊されそうになってもPCが1D6ダメージを受けることで破壊を回避できる」といった効果を付けるようになりました。
 
クスクル
は、そうか、タクーシの犠牲の上でレインに「頑丈な」が付加されたのかー。
じゃぁ「偵察」しよう。
GM
レイン「オッケー!」

というところで……お二人が「偵察」しようとすると後ろからまた【終末の狼】がやってきます!

レイン「来たよ、師匠!!」

でも追撃表は魔王よりちょっとだけゆるいです。アイテム破壊がGM指定からランダムになりました。
【『終末の狼』追撃表(1D6)】
 1:装備以外のアイテムのうちランダムで1つを失う
 2:装備のうちランダムで1つが壊れる
 3:2D6×100シルバ失う
 4:【LIFE】が1D6点減少
 5:【ST】が1D6点減少
 6:【LIFE】が2D6点減少
 
GM
1D6 追撃表   (コロコロ…) ダイス 5 5   5:【ST】が1D6点減少
クスクル
ぎゃーーー。

「このワンワン、なんてしつこいんだー」
GM
1D6 クスクル【ST】ダメージ   (コロコロ…) ダイス 1 1 減少!

【ST】減少、たったの1! クスクルはほぼ疲労なしに【終末の狼】を撒くことに成功しました!
クスクル
クスクル強いぃー、きゃー、素敵ー。
マリー
このタヌキ、できる……!
GM
レイン「さすが師匠! なんだかんだでやりますよねー」
クスクル
「だよねー、ボクもそう思うよー」

【ST】1点減らして、9→8になりましたー。
GM
では続けてクスクルさん「偵察」実行! まず【ST】−2しておいてくださーい。

1D6 偵察表   (コロコロ…) ダイス 1 1
 1:山に突き当たる。「登山」 判定:【筋力】 ジャッジ:山を登る描写。
クスクル
【筋力】で「偵察」だー。
GM
クスクルは山にやってきました! まあここ地形も「山岳地帯」ですしね。

レイン「ししょー! またロッククライミングだよ!」
クスクル
大丈夫、レインの尻を押しながら山を登れば大丈夫。まだ楽しみがあるから大丈夫。
GM
代わりにクスクルの頭にブーツの跡が増えます!
クスクル
「えー、これは仕方なくやってるんだよー、うへへ、うへへ」
GM
レイン「このエロダヌキー!! 早く他の人と合流したいよー!!」

ジャッジOK! ではレインにゲシゲシ踏まれながら山を登ってきました!
ロリア
クスクルさんハードモードか何かかな?
GM
判定は【筋力】で、目標値は7+2−1=8です!
クスクル
2D6+3>=8 【筋力】判定!
   (コロコロ…) ダイス (4+1) + 3 8  +0成功!
GM
ギリセーフ!
クスクル
あぶないけど成功、成功してるよー、クスクル優秀だにゃー。
GM
山を登って見えたのは何やら謎の施設。敵が強そうです!

3日目の北エリアにあったのは「牢獄ダンジョン」でした!
クスクル
「謎の施設、なにやら怪しげな雰囲気、エロい!」
GM
レイン「そういうのじゃないから!!」

- 2日目南エリア 夜

GM
では次、南組のロリアとマリーの夜行動!
ロリア
追われてないこっちは追撃発生しないんですよね。
GM
はい、安全です。
マリー
ダブルで「偵察」ですかねー。
GM
あ、「偵察」は自分の右エリアしか調べられません! 

なので「2日目南」にいるロリア組の「偵察」だと、「3日目の南」しか分かりません。
マリー
そうだったー!!
GM
わざわざPCが分散して動く利点としては、「偵察」で各地の情報を得やすくなるというのもあるんですよ。
ロリア
南に「『闇』の罠」が出ることを祈ろう。こちらは【ST】節約しないときつそうなので「進行」!
マリー
ではこちらが「偵察」します!
GM
OK! ロリアさん「進行」、マリーさん「偵察」!

イーリス「マリーはからっけつになるまで【ST】使ってお弁当タイムだね」
マリー
「餓死寸前にメシを食べろということですわね!!」
GM
ではマリーさんは【ST】を2減らして下さい。
マリー
はーい! 【ST】7→5!
GM
1D6 マリー偵察表   (コロコロ…) ダイス 5 5
 5:迫る闇から恐怖のあまり目を離せない。 判定:【意志】 ジャッジ:勇者としての決意。

イーリス「マリー! 闇が近いよ! ここは勇者としての決意を語って気合を入れよう!」(3回目)
ロリア
結局、全員決意表明するハメに……。
マリー
「この世界が、どういう仕組なのであれ……闇が、どういった作用を加えてくるのであれ……! わたくしは、絶対に元凶をぶちのめしてみせますわ! ……アレンも。絶対に、許しませんわ」 
GM
いいですね、ジャッジOK! 【意志】で目標値9→8を判定してください。

あれ? マリーの【意志】0。
マリー
\(^o^)/
GM
イーリス「ダメっぽい……」
ロリア
アッハッハッハ。
マリー
2D6+0>=8 【意志】判定! ウワアアアアァァァァァダイスの女神様ぁァァァァッァ!
   (コロコロ…) ダイス (1+5) 6  -2失敗!

まじかよ。
ロリア
何も見えない!
GM
失敗! まあしょうがないですね! でも片方1だから振り直しするなら目がありそうです。
マリー
1のほうを【覚醒】で!!
GM
OK!
クスクル
1が出る雰囲気。
マリー
1D6 ダイスの女神様、肩などおもみいたしましょうか?
   (コロコロ…) ダイス 4 4  +1成功!
GM
おおーおめでとうございます! これで4+5=合計9、成功!
マリー
よし!! やはり女神様はいるんだ……!
GM
ではマリーは闇に追いかけられながら東の様子を観察します。そこには……。

3日目南は「ランダムイベント」です! これは「『闇』の罠」の代わりですね。
ロリア
代わりとは。
マリー
ということは、3日目には「『闇』の罠」はない?
GM
そういうことです! 「ランダムイベント」の中身もこの時点で出しまーす。
ロリア
「偵察」って「ランダムイベント」の中身も見れたんでしたっけ?
GM
いいえ、「偵察に成功すればイベントの中身を見られる」というルールはありません。

が、「偵察」して見つかったのが「ランダムイベント」だと実質的にほぼ何の情報もなくてションボリなので、「偵察で見つけたランダムイベントはその時点で中身が固定される」という温情ハウスルールでやります!
ロリア
なるほどー。
GM
ということで「ランダムイベント」の中身を決定します。

1D6 ランダムイベント   (コロコロ…) ダイス 3 3  3:施設表
2D6 施設表   (コロコロ…) ダイス (6+1) 7  7:石の小屋
2D6 村遭遇表   (コロコロ…) ダイス (3+5) 8  8:防具屋
<防具屋>

 【防具屋】と遭遇した。ボウグゥー! ボウグゥー!
判定:【敏捷】 ジャッジ:「イェッハァー!」と返す。
成功:トゥルトゥルー! 【経験値】1獲得。防具ド
ロップ表(160ページ)を使用する。「防具」と「追
加装備:盾」の購入とアイテムの売却ができる。
失敗:【経験値】1獲得。「防具」と「追加装備:盾」の購入とアイテムの売却ができる。「倍額」
 
GM
が、南に見つかりました!
クスクル
道具屋が無いーーー。
GM
では、これにてひとまず夜行動は終わりです!

- 2日目 夜明けの進行

GM
ではいよいよ全員「進行」! の前に、クスクルさんの分だけ追撃表ふりまーす。

1D6 追撃表   (コロコロ…) ダイス 1 1
 1:装備以外のアイテムのうちランダムで1つを失う。
ロリア
ランダム。
クスクル
いやー、だめーーーー。
GM
クスクルさん、装備は色々持ってますが「装備以外のアイテム」は1個だけなんですよね。 ※レインを忘れてました。

ということで、【癒しのアンプル】が破壊されます! パリーン!
ロリア
こういう時に【旅人の服】とか持ってると抽選にかけられていいのかなー。
GM
あー、表に書いてあるのは「装備以外のアイテム」ですから、今回のケースでは【旅人の服】などは抽選にはかけられないものとします。
クスクル
とりあえず、【癒しのアンプル】消しておきますね、しくしく。
GM
はい、【終末の狼】はいやらしいことにクスクルの最後のアンプルを破壊してきます! ガブーッ!

終末の狼「ガルルル!(アンプルうめえ【LIFE】+10だー!)」
クスクル
ああ、【終末の狼】が元気になってしまう。
マリー
回復してしまったよっ。
GM
狼「(ってもう【LIFE】マックスだっての!)」

ではその攻撃を最後に、終末の狼は追撃をやめ、口惜しそうに闇の中に帰っていきます! よかったね……。

 
 
GM
では全員、3日目へ「進行」します! 移動前に「進行ルート」だけ振りますので各々【ST】処理してください。

1D6 ロリア   (コロコロ…) ダイス 1 1
 1:少し荒れた地形が続く。【日数】から【筋力】を引いただけ【ST】が減少する(最低0)

1D6 クスクル   (コロコロ…) ダイス 5 5
 5:川を泳ぐ。【日数】に1を足して【意志】を引いただけ【ST】が減少する(最低0)「水泳」

1D6 マリー   (コロコロ…) ダイス 5 5
 5:川を泳ぐ。【日数】に1を足して【意志】を引いただけ【ST】が減少する(最低0)「水泳」

【日数】=2 に、今回は「山岳地形」補正で消費ST+2、です!
ロリア
お、【筋力】かー。
クスクル
ボク、【意志】は3もあるんだよねー。
マリー
もおおおいやらしい!!! 能力値が0のとこばっか!!!
GM
ロリアさんは2+2−【筋力】、クスクル、マリーさんは2+2+1−【意志】だけ【ST】減らしてくださーい。
マリー
2+2+1−【意志】0で【ST】5減少、って切れたわ!! 【ST】切れたわ!! 【ST】5→0!
ロリア
【筋力】4あるので0かな。一回目のセッションとえらい違いだ……。
クスクル
2しか減らないかー、【ST】8→6。
GM
クスクルさん絶妙に運がいいというかなんというか。天然補正?
マリー
こっちは【ST】スッカラカンです! 辛い!
ロリア
すっからかんなら丁度いいから【おいしいお弁当】食べよう!
マリー
そしてロリアやクスクルと大きく【経験値】の差が……グスッ。
GM
マリーさんまだクエストやってませんからねー。

あとクスクルさん単独進行なので【経験値】+4です。足しておいてください!
ロリア
結構厳しい旅をしてるイメージあるけど、タフだな北……。
GM
北はポップで南がドロドロ感あります。なぜだ。

 
 
GM
では3日目、どこへ行きますか?
マリー
「牢獄ダンジョン」ってどんなとこだっけ えーっと(ルールぺらぺら)。
GM
「牢獄」遭遇表を見てください。正確には「牢獄つきダンジョン」という名前ぽいですがマップに文字が入らないので。

「牢獄ダンジョン」は普通の迷宮より難易度高いところですね。【狩人の感覚】は使えません。
クスクル
ボクはそのまま北の「牢獄ダンジョン」だよねー。
ロリア
南の「防具屋」に行くべきかなー。
マリー
「『闇』の罠」はないんです……よね……? ね?
GM
今回はないですね! 仕様的には、1日のイベントのどれか1つに「ランダムイベント」か「『闇』の罠』のどちらかが配置されるようになってます。
マリー
じゃあ勇気出して真ん中!
ロリア
ということはみんなバラバラに行って「世界の果て」で合流かな。果ては強制合流?
GM
はい、「世界の果て」は強制的に合流です。

では進行! クスクルさん北、マリーさん真ん中、ロリアさん南!
ロリア
イエス!

3日目 遺跡群

- 3日目北エリア 昼

GM
さて、3日目です! 山を越えるとそこは遺跡群でした。相変わらず空は赤い色で、イヤな雰囲気です。

北に向かったクスクルは「牢獄ダンジョン」に遭遇しました! 中には……!
クスクル
振っちゃう? ボク振っちゃう?

2D6   (コロコロ…) ダイス (2+6) 8
GM
OK! 8のイベントは、っと。
<死霊の騎士>

 【死霊の騎士】と遭遇した。鎧と剣を持つ姿は、いかにも強そうだ。
判定: 【生命】   ジャッジ:敬意をこめた挨拶をかわす。
成功: 【経験値】5獲得。 【死霊の騎士】1体との戦闘が発生する。すべての死霊の騎士 は若干人の心を取り戻し、 【LIFE】が物体9になる。
失敗: 【経験値】5獲得。 【死霊の騎士】1体との戦闘が発生する。そのうち1体にラン ダムな特徴がつく。モンスター特徴表(156ページ)を使用する。
 
マリー
なんかすごくどっかで見たような。
クスクル
さっき回避した奴きたー。
モンスター【死霊の騎士】
 【LIFE】物体18(装甲5) 【防御値】10 【反撃ダメージ】7 【経験値】6
 【ドロップ】1D6×200シルバ(5/6)
 
GM
レイン「イベント成功で【LIFE】9になっても14ダメージ与えないとダメですね」

【死霊の騎士】がこちらをにらみます。ジャッジは「敬意を込めたあいさつをかわす」です!
クスクル
「その剣、鎧、立派ですね。生前はさぞ高名な騎士だったことでしょう。死してなお戦場に姿を現すとは、なんと立派なお方なのでしょうか、どうも、通りすがりのアライグマです。はい」
GM
死霊の騎士「あいさつだけはなっておるようだな、ケモノ……」
クスクル
「(つうじたー!?)」
マリー
(気づいた、このへんの口で渡ってるテイスト……ワイズマンさんと……同じ……!)
GM
ジャッジはOKです! 判定は【生命】で目標値は7+3(日目)−1=9!
クスクル
2D6+1+1>=9 【生命】判定!
   (コロコロ…) ダイス (2+5) + 2 9  +0成功!
GM
ふううう! ギリギリ成功!
クスクル
失敗しないクスクル!!
マリー
クスクルくんほんとなんなの!
GM
そうだよほんとになんなの!
成功: 【経験値】5獲得。 【死霊の騎士】1体との戦闘が発生する。すべての死霊の騎士 は若干人の心を取り戻し、 【LIFE】が物体9になる。
 
GM
では【経験値】+5してください!
クスクル
【経験値】19→24 【レベル】7になりましたー、てってれー。
GM
【死霊の騎士】は生前のことを思い出し、少しだけ人の心を取り戻しました!
【LIFE】が18→9へ!
モンスター【死霊の騎士】(弱体)
 【LIFE】物体9(装甲5) 【防御値】10 【反撃ダメージ】7 【経験値】6
 【ドロップ】1D6×200シルバ(5/6)
 
GM
逃げるも戦うも【防御値】10です! さあ戦闘? それとも逃走!?
クスクル
「攻撃あるのみだよねぇ、レイン! 撃てー!!」

2D6+6>=10 攻撃判定(【敏捷】・弓)!
   (コロコロ…) ダイス (1+3) + 6 10  +0成功!

あぶねー。
マリー
またギリギリセーフだ……!
GM
攻撃成功! ダメージ算出お願いします。レインの【好意】とダメージ+1D6も増えます!

レイン「全力連射ー!!」
クスクル
2D6+7+1 狩人の弓で攻撃! レイン分含む
   (コロコロ…) ダイス (3+6) + 8 17 ダメージ!
ロリア
普通に倒してる……。
マリー
オーバーキル!!!
GM
レイン「フフン、今度はわたし6ダメージ出ましたよ! どう師匠?」  ※ダイスの2つ目が6だった。
クスクル
「よくやったねー、レインも1人前だなー、おっぱいは、まぁ、まだ成長するかもねー」
GM
レインは控えめです。

レイン「そっち担当はフリーダに任せてるもん!!! ……あ、TRPG版のフリーダ王女は平坦なんだった」
マリー
ひどい。
GM
ということで【死霊の騎士】を倒しました! 2人の矢の嵐で死霊の騎士は骨を砕かれ倒れます! バラバラバラ……。

取得できるのは、【経験値】6と【ドロップ】1D6×200シルバ(5/6)ですね、振ります。
1D6<=5 シルバ   (コロコロ…) ダイス 6 6  はずれ!

シルバの【ドロップ】はハズレです! 残念! 【経験値】6だけ受け取ってくださーい。
クスクル
【経験値】24→30 【レベル】8になりましたー(てってれー)。
マリー
クスクルくんがニョキニョキ成長してる!

5倍差がついてる……(マリー、いま【経験値】6)。
GM
クスクル組、強いコンビだなー。

レイン「やっぱり師匠も魔王倒しに来てくれればよかったのにー。まあ3人で楽勝だったんですけど」
クスクル
「だよねー……ん? あれ? ボク魔王と戦ったような、そして勝ったような、うん。だって、魔王の匂いクンカクンカした覚えがあるもんなぁ。うーーーん」

- 3日目中央エリア 昼

GM
というあたりで次、中央! マリーが山を越え、遺跡群を歩いていると……ひっそりと人が住んでいそうな「集落」を見つけました!
マリー
「(アレンに見つかってませんように、見つかってませんように……)」 祈りつつ。
GM
さて、集落にいるのは……!?

2D6 集落遭遇表   (コロコロ…) ダイス (5+3) 8
<旅の武具商人>

 旅の武具商人に出会った。武具を売るにふさわしい相手か見定めている。
判定:【筋力】  ジャッジ:自分の肉体をアピールする。
成功:【経験値】2獲得。認めてもらえ、「武器」「防具」「追加装備」の中から「2つ」まで購入できる。あらゆるアイテムの売却可。
失敗:【経験値】2獲得。信用してくれないが「武器」「防具」「追加装備」の中から「1つ」だけ購入できる。あらゆるアイテムの売却可。
 
マリー
武器かー!!! 道具がよかった……シュン。
GM
商人「おっと……そのいでたち、おまえ『勇者』か?」
ロリア
(勇者のいでたちとかあるんです?)
GM
(まあマリーさん剣とか持ってるしこの商人も転生してそうだし……)
マリー
「無論、勇者ですわ!」 ババーン!

「弱きを助け、強きをくじく、清く正しい勇者ですわ!」
GM
商人「おれは武具を売っている。おまえは俺の武器を扱うにふさわしい体をしてるのか……ちょっと見せてくれよ」

ってこのセリフアウトじゃないです!?
ロリア
セクハラかな?
マリー
先生、R18案件にしかなりません!!!!
GM
ジャッジ:自分の肉体をアピール(強さ的な意味で)、です! ほら硬さとか!
マリー
「ふっ……ごらんあそばせ!」と、近くにある石を、こう、剣で真っ二つにします! けんぜん!
GM
ドギャア! 石は割れます!

商人「ほう……」

商人は感心しました、ジャッジOK!
【筋力】で7+3(日目)−1=9を判定して下さい!
マリー
2D6+4>=9 【筋力】判定!
   (コロコロ…) ダイス (1+2) + 4 7  -2失敗!
GM
うーんさすがのマリーさん風味な出目ですね。味わい深い……。

失敗です。
マリー
ちょっとおおおおおおおおおお!!!!

いいもん……ぐすっ。
GM
商人「やっぱりその体じゃ満足できねえな……まあ売ってやらんことはないが、1つだけだ」
マリー
その、からだ、じゃ、まんぞく、できねえ、な。

いみしん。
失敗:【経験値】2獲得。信用してくれないが「武器」「防具」「追加装備」の中から「1つ」だけ購入できる。あらゆるアイテムの売却可。
 
GM
マリーさんは【経験値】+2してください。
マリー
【経験値】6から8に! 売却もOKかー。
クスクル
あの、あの、【耳長の細い剣】、どうせ増やせるんだから売って、お金分けてもらえれば【伝説P】が稼げるんですけど、どうでしょうかねー、ねー(揉み手)。
マリー
んー 道具が買えないなら売って【伝説P】にするのが最善かなあ。
GM
1000シルバあたり【伝説P】が+5点ですからねー。
マリー
あ、そうだ、【軍用剛弓】とか買いません?
クスクル
あー、攻撃判定−1が痛いけど、ボクなら当てられるよね(慢心)。
ロリア
クスクルは【敏捷】お化けだしへーきへーき。
GM
イーリス「だねー、狩人は武器2本持ちをおすすめするよ! マジで!」
マリー
じゃあ、【耳長の細い剣】を売り払って、【軍用剛弓】を購入します。

 【耳長の細い剣】売却 +2500 シルバ
 【軍用剛弓】購入 −1500 シルバ
 計      +1000 シルバ
 700→1700シルバへ
GM
OK!

- 3日目南エリア 昼

GM
次、南のロリアさん!

ではロリアさん! 遺跡を歩いていると「石の小屋」がありました! 中には防具屋がいるようです!
<防具屋>

 【防具屋】と遭遇した。ボウグゥー! ボウグゥー!
判定:【敏捷】 ジャッジ:「イェッハァー!」と返す。
成功:トゥルトゥルー! 【経験値】1獲得。防具ドロップ表(160ページ)を使用する。「防具」と「追加装備:盾」の購入とアイテムの売却ができる。
失敗:【経験値】1獲得。「防具」と「追加装備:盾」の購入とアイテムの売却ができる。「倍額」
 
GM
防具屋「ボウグゥーボウグゥー!」
ロリア
「イェッハァー!」
GM
ジャッジOKです! だからなんなんだこのジャッジは!
ロリア
トゥルトゥルー!
マリー
(ふいた)
成功:トゥルトゥルー! 【経験値】1獲得。防具ドロップ表(160ページ)を使用する。「防具」と「追加装備:盾」の購入とアイテムの売却ができる。
 
GM
【経験値】+1してくださーい。
ロリア
【経験値】22になりました。
GM
んで防具ドロップですね。えーと。

2D6 防具ドロップ(D66)  (コロコロ…) ダイス (4+5) → 45!
 45 【必殺の腕輪】!

【必殺の腕輪】は……出目11でもクリティカルヒットになる! ……誰もいらなさそう。
値段は1500シルバです。
ロリア
個人的にいらないので売って別の防具買うかな……買えるかな。
クスクル
【必殺の腕輪】って追加装備欄に書くんですよね……。
GM
そうです。弓を使う場合は装備不可能!
クスクル
むぅーーーー。
GM
ひとまずお買い物考えてくださーい。
ロリア
売ったとして750+200の950シルバでなんかあるかなー。ないか。

 【必殺の腕輪】売却 1500 ÷ 2 → 750シルバ
 200→950シルバになりました。
GM
OK!

- 3日目 夕暮れ

GM
それでは夕暮れになります! そのとき……ワオーン!
ロリア
まさか毎日来るのか!
GM
はい。またかよ! と思われるかもしれませんが、【終末の狼】は3日プレイの場合は、特に事件が起きなければ2日目と3日目に出ます。

1D3 誰のもとへ【終末の狼】が来たか
   (コロコロ…) ダイス 3 3  ロリア!
ロリア
こっちだー!?
GM
では日が暮れる頃、闇の中からロリアさんのもとへ【終末の狼】が走ってきます! 

終末の狼「ヴォォォォーーン!!」 ズドドドドド……。

さあ、ロリアさんは「戦闘」するか「逃走」するか選んでください!
ロリア
逃走逃走。
モンスター【終末の狼】(戦闘ルールは魔王戦と同じ)
 【LIFE】200 【防御値】10 【反撃ダメージ】8+火炎2 【経験値】10
 【ドロップ】ドロップアイテム表×2

・【LIFE】を半分削れば【伝説P】+15、全部削り切れれば+30。【LIFE】は出会うたびに回復する。
 
GM
逃走なら目標値は10!

1D6 逃走表   (コロコロ…) ダイス 6 6
 6:もう人徳しか頼れない。【魅力】を使用する。

ではロリアは石の小屋にいた防具屋に頼ることにしました!
クスクル
狼に人徳が通用するとは……あ、なるほど、防具屋に囮になってくださいって?

酷い!!!
ロリア
防具屋「ボウグゥゥゥゥゥゥゥ!!」
GM
【魅力】で目標値7+3−1=9を振ってくださーい。
ロリア
2D6+2>=9 【魅力】判定!
   (コロコロ…) ダイス (3+2) + 2 7  -2失敗!

むりでした。
GM
惜しくも失敗! 防具屋はさっさと逃げてしまい、ロリアは後ろから爪でズバーッと引っかかれます!

逃走失敗の処理は……【ST】−4! 【反撃ダメージ】を受ける! 
マリー
生きてる!
ロリア
「攻撃判定」がないから【グレートウォール】使えないのか!
GM
ああ、【グレートウォールは】攻撃判定の前だけ! でもこれは「逃走判定」!
ロリア
ですです、攻撃判定がない!
GM
まあ【グレートウォール】は原作でも動いてる最中は使えませんからね、しょうがないね。
ロリア
なので【LIFE】で受ける!
GM
はい、ではダメージも受けておいてください! 【反撃ダメージ】8+火炎2、あと【経験値】10なので逃走で半分の5ゲットできます!

装甲4とシルバーランス1で5防いで、3+火炎2の5ダメージ!
ロリア
【LIFE】17 →12、【ST】8 → 4!
【経験値】22 → 27。【レベル】は上がらず!

死神が見え始めてきた。

- 3日目 夜明けの進行

GM
では夜行動を宣言してください! 実は「世界の果て」でも何かあるので早く回していきましょうー。
クスクル
どうしようかなー、「偵察」する意味ないし、「進行」かなー。
ロリア
こっちは「進行」しかしないぞ!
マリー
「進行」ですね!
GM
OK、全員「進行」!
マリー
合流したらお金をこう、アレしましょう。配分。
GM
ではロリアだけ「進行」前に追撃されます!

終末の狼「ヴォォォォーン!」
ロリア
「しつこいですね!」
GM
1D6 追撃   (コロコロ…) ダイス 4 4
 4:【LIFE】が1D6点減少
ロリア
しぬかも。
GM
1D6 ダメージ   (コロコロ…) ダイス 1 1 ダメージ!

ジョリッ。
マリー
かすり傷だった!
GM
【終末の狼】の爪のさきっちょがかすったくらいでした。
ロリア
【LIFE】が12→11になりました。

「危なっ」
クスクル
月末の狼、意外と優しいかもー。
マリー
【半獣人】ですし、こう、ほら。
ロリア
【半獣人】の効果、使ったことないなぁ……。
GM
ですねー、【半獣人】の特徴がただの縛りプレイになってるので、次からちょっと配慮します。実質「犬小屋」専用スキルになってる!

終末の狼「ヴァウー!(今日はこのくらいで許してやる!)」

【終末の狼】は闇の中へ戻っていきました……。
クスクル
『おとといきやがれこんちくしょー』

 
 
GM
では全員、世界の果てへ「進行」します! 移動前に「進行ルート」だけ振りますので各々【ST】処理してください。

1D6 ロリア   (コロコロ…) ダイス 3 3
 3:険しい岩山だ。【日数】に1を足して【生命】を引いただけ【ST】が減少する(最低0)「登山」

1D6 クスクル   (コロコロ…) ダイス 1 1
 1:少し荒れた地形が続く。【日数】から【筋力】を引いただけ【ST】が減少する(最低0)

1D6 マリー   (コロコロ…) ダイス 1 1
 1:少し荒れた地形が続く。【日数】から【筋力】を引いただけ【ST】が減少する(最低0)

【日数】=3です!
マリー
やっと【ST】消費0がきたー!!
ロリア
【生命】5なので消費0ですね。
クスクル
【筋力】3だから【ST】減少ナシ。
GM
すばらしい、全員疲労なし!
クスクル
レインと漫才しながら世界の果てへー。

あ、みんな単独進行だから、【経験値】4足していいかなー。
GM
はい、全員【経験値】+4してください!
マリー
【経験値】8→12へ。
クスクル
【経験値】35→39 【レベル】9になっちゃった〜。
ロリア
【経験値】27→31、【レベル】8!

世界の果て

- 世界の果て 遭遇

GM
では各々の道をたどり、ついに3人は世界の果てにたどりつきます!!

そこには、人もまともな生き物も建物も存在しないない、さみしい世界が広がっていました。
マリー
ではまずお金の配分ですね!

「アライグマ、あなた狩人でしたわよね。こんなの買ってきてあげましてよ」
クスクル
「おお、これは【軍用剛弓】、ありがとうだよー、って、レイン、そいつの試し撃ちとかしなくていいから!」

レイン「ししょー、動くと危ないよー」

「いや、まず、撃たなくていいんだってば!」
GM
レイン「やっぱり動く的で狙わないと練習にならないよね!」

おっと、しかしクスクル重量オーバー! 【ロングブレイド】、誰かにあげる?
マリー
クスクルのいらない剣はマリーがひきとります。
クスクル
「じゃぁ、かわりに、これあげる」 【ロングブレイド】渡します。
GM
常に剣だらけな弁慶・ザ・マリー。
ロリア
お金の配分はどうなるのかな。
GM
1001以上を3人にすれば【伝説P】の配分的にはばっちりです。
マリー
お金は、ロリア1001、クスクル1001、マリー1001、残りの1147はこっちの耳長剣売却したのでこっちがもってていいですか? っていうかどのみち引き継ぎできないし!
クスクル
その1147シルバはマリーが持ってればいいんじゃないかな。
GM
ではそのようにしてくださーい。

なんというマンチキン分配。
ロリア
1001ってあたりが、はい。
マリー
マンチだなぁ……フフッ……。

 
 
GM
さて、皆さんは世界の果てにやってきました。そこには1人の男性が立っています。

勇者アレン「やあ、君かあ……さっきは悪かったね……」
マリー
あ、ちょっとまって  ごはんたべるから!!! お弁当先に食べておきます!!
GM
目の前でムシャムシャ。
ロリア
勇者の会話をさえぎって弁当食べだす人がいるらしい。
マリー
シリアスに入ってから食べるのはどうも!! ムシャムシャごくん!
クスクル
もしかしたら戦わないかもしれない!
GM
では回復させておいてください。
マリー
【LIFE】13に、【ST】10になりました!
クスクル
弁当つよいなー。
ロリア
次元倉庫に入れるだけの価値はある!
GM
ではマリーのクエスト、オープン!
クエスト 『マリーと勇者II』

・公開条件: 世界の果てに到達する 【経験値】10

・イベント
 マリーが「世界の果て」に来ると、返り血だらけの勇者アレンに出会った。アレンはこちらと戦うつもりだ。たとえマリーが望まなくても、仲間を守るためには彼と戦わねばならない! 真の勇者は一体誰か、相手に思い知らせよう! 戦闘は魔王戦と同じシステムで行われる。

・クリア条件: 世界の果ての決戦に勝利する
・報酬: 【伝説P】20 + クラス【勇者】をアンロック
 
ロリア
ああ、マリーさんのクエストどうなったんだろうって思ったらここかぁ。
クスクル
あー、戦うってもう書いてあるわー。
マリー
【経験値】足してきます! 【経験値】12→22!
GM
さて、急なお弁当タイムがあったのでもっかい!

アレン「やあ、君かあ……さっきは悪かったね……」
マリー
「アレン……」 憎しみのこもった目で見つめます(弁当などなかったのだ……)。
GM
アレン「それにしても、まさかそんなところに隠れてたなんてなあ……まさかのどんでん返しだよ……」

アレンは返り血まみれのまま言います。
マリー
「隠れてた……? 誰がですの?」

剣を抜きつつ。
GM
アレン「聞いたぞ、魔王は『金髪』で『耳長みたいな顔をした女』だって……すっかり騙されたよ……」
マリー
「……ッ!?」
GM
アレン「まさかこんな近くにいたなんてね、ずるいよ……!!」
マリー
「わ、わたくしは魔王ではありませんわ! アレン! お願い、話を聞いて!」
ロリア
「マリーさん気をつけてください、あれはもう……」
GM
アレン「これでやっと僕の悲願が達成できる……死ねえええ魔王!」

勇者は狂気の笑みをうかべると、剣を抜いて襲いかかってきます!

さてバトルです! 逃走はできません! 勇者アレンのスペックは以下の通りです!
NPC【勇者アレン】
 【LIFE】150 【防御値】10 【反撃ダメージ】8+理力2 【経験値】0
 【ドロップ】 【折れた聖剣】
 
マリー
「もう……もう、アレンは……あの時のアレンではありませんのね……」

一抹の迷いを吹き払うように、剣を横になぎ、構えます。

「アレン。あなたを、倒します。被害にあった村人たちの仇として。わたくしは、あなたを倒します!」
GM
アレン「フフハハハやってみろよ魔王ーッ!!」
マリー
「あなたが『勇者』だと呼ばれるものなら! わたくしは、『魔王』になろうと構わない! 世界の人々を、より多く救う! このことだけは変えませんわ!!」
GM
マリーさんのセリフが熱い!
ロリア
これは間違いなく主人公。
マリー
いやあ、おいしいイベントですね!
GM
アレン「うおおおお死ねぇぇぇ魔王ぉぉーッ!!」
マリー
「いきます!」
GM
さて、問答無用で全員攻撃判定! 目標値は10です!
マリー
【ベルセルク】を使います!
ロリア
んーんー、そんな持ちませんけど【グレートウォール】使います!
【ST】4 → 2 に。【火炎のシルバーランス】含めた実質的な装甲は5+4で9になりました。

ずしーん。
GM
OK! ではおのおの攻撃判定振ってくださーい。
マリー
2D6+5>=10 攻撃判定(筋力)!
   (コロコロ…) ダイス (5+4) + 5 14  +4成功!

【強打】を使います! 【ST】10→8へ。【大激震】も適用!
ロリア
2D6+4>=10 攻撃判定(筋力)!
   (コロコロ…) ダイス (1+6) + 4 11  +1成功!
クスクル
【貫通射】使用! 【ST】6→3だよー。

2D6+6>=10 攻撃判定(【敏捷】・弓)!
   (コロコロ…) ダイス (6+6) + 6 18  スペシャル!
GM
どぉぉーん!! クリティカル発生!
クスクル
すぺしゃるしたー。
マリー
おお!
ロリア
わーお。
◆攻撃判定時のスペシャル(6ゾロ)について

 攻撃判定時に6のゾロ目が出ると、その攻撃は「クリティカルヒット」扱いとなり、敵からの【反撃ダメージ】を受けなくなり、さらに与えるダメージが+2D6されます! でも滅多に出ません。
 
GM
クスクルはこの攻撃時、【反撃ダメージ】なし! ダメージ+2D6です! 【軍用剛弓】になってさらにダメージアップ!
マリー
買ってあげたかいがありましたわね!
ロリア
えぐいダメージになりそう。
GM
では全員攻撃に成功! ダメージを出してください!
マリー
3D6 【強打】   (コロコロ…) ダイス (3+2+6) 11 ダメージ!
2D6 【ベルセルク】分   (コロコロ…) ダイス (3+3) 6 ダメージ!
2D6+1+3+7+2+3 【鋭い耳長の細い剣】で攻撃+【大激震】!
   (コロコロ…) ダイス (4+2) + 13 22 ダメージ!
GM
マリーさん、11+6+22で39ダメージ! 激しい猛攻!
ロリア
3D6+8+2 「行きます!」
 【火炎のシルバーランス】で攻撃+【大激震】!
   (コロコロ…) ダイス (1+4+6) + 10 24 ダメージ!
GM
ロリアさん24ダメージ! 【火炎のシルバーランス】がアレンに突き刺さります!
クスクル
8D6+1+9+3 【軍用剛弓】で攻撃!
   (コロコロ…) ダイス (1+2+5+4+4+4+5+4) + 13 42 ダメージ!

こうか。間違ってないかな。
GM
えーとクスクルさんのはまず2D6とクリティカル+2D6とレイン+1D6と【貫通射】の+3D6で8D6? OK! えげつない!

クスクルとレインの強烈な矢の猛攻がズドドドドとアレンに突き刺さります! 42ダメージ!
ロリア
ずどどーん。
マリー
8D6って誤字かなって思うレベル!
GM
これで1ターンで105ダメージ! アレンの【LIFE】、残り45!
ロリア
ひどい攻撃だったね……。
マリー
「わたくしは絶対にあなたを許さない! あの『ドラゴン』と同じことをしたあなたを……! 弱いものを一方的に、惨殺したあなたを……!」

剣をふるい切りつけながら。
GM
アレン「ははは! 魔王が何か言ってるよ!」  ずばばばー!(やられてる)
ロリア
「狂ってますね」
マリー
「なんとでも言うがいいですわ! あなたが『善』だとされるなら! わたくしは『悪』と呼ばれようがなんだろうがかまいませんわ!」 切り返しつつ。
GM
アレン「僕が勇者だ!! 僕が正しいのさ! ハハハハ!」

さて、勇者アレンは聖剣を振るい、雷光を放って攻撃してきます!
ということでここで【反撃ダメージ】処理!

【反撃ダメージ】8+理力2、と、【ST】−1してください!
クリティカルが出たクスクルは【ST】−1のみです!

計算終わったら【LIFE】と【ST】をそれぞれ宣言してください。
クスクル
理力分も受けなくていいのか、ひゃっはー、クスクルつよーい。
ロリア
【LIFE】11→8、【ST】2→1、になりました!
マリー
えーっと【反撃ダメージ】は 装甲の6点があるから、合計で4ダメージかな
【LIFE】13→9、【ST】8→7へ!
クスクル
【LIFE】13そのまま、【ST】3→2、だよー、まだまだいけるよー。
マリー
「あなたの『正しさ』なんて! 絶対に認めない!! わたくしの『正しさ』は……絶対に曲げない!」 攻撃を受け流しつつ。

 
 
GM
では2攻撃目の前! 勇者アレンはここで詠唱を始めます!
ロリア
(黄昏よりも昏きもの?)
GM
アレン「原始の神よ、今こそあるがままの大自然の力をこの手に! ……ゼヌーラ!!」
ロリア
(ぶーっギャグシナリオだった!)
GM
そう叫んだ瞬間、アレンの体に雷光が降り注ぎ、鎧がはじけ飛びます!

光が止むと、そこには一糸まとわぬ姿の勇者アレンが!
マリー
「なっ……!」
ロリア
「に……!」
クスクル
「……は、二刀流になった!」
マリー
「……ふざけてるんですの?」 といいつつも、アレンの体から、力をひしひしと肌で感じます。
クスクル
「いきなりカメラアングルとかが不自然になったよ!?」
GM
アレン「これが勇者の真の力だぁァァァアアアアーッ!!」

これによりさっきよりスペックが上がります! ラスト1ターン!
NPC【勇者アレン 真の力】
 【LIFE】残り45 【防御値】11 【反撃ダメージ】10+理力3 【経験値】0
 【ドロップ】 【折れた聖剣】
 
GM
【防御値】や【反撃ダメージ】がちょっとだけ強くなりました!
マリー
女性陣の命中が如実に下がっちゃうよお!
ロリア
「見た目はアレですけど、気配がさっきまでと全然違い、ますね、ええ」
クスクル
「弱点はもう一本の短い剣の方に違いないよー!」
マリー
「……切り落としてやる!」(なにをとはいってない)
クスクル
「え? 何を?」
GM
アレン「ハハハハ、やってみろよぉ魔王ぉぉー!!」
マリー
(だめちょっと笑う助けて)
GM
(ブルンブルン!)
マリー
(ただのヘンタイの露出狂だよー!)
ロリア
(笑ってはいけない最終決戦)
クスクル
「これは酷い……」
マリー
ゼヌーラの真の力は相手に対するデバフな気がする!!
笑って【筋力】下がるし見たくなくて(なにをとはいってない)命中下がるしみたいな。

 
 
GM
では2攻撃目! 今度は【防御値】11です! 全員、攻撃判定! 目標値11!
ロリア
「人としての倫理さえも捨てましたか!」

2D6+4>=11 攻撃判定(筋力)!
   (コロコロ…) ダイス (4+1) + 4 9  -2失敗!

「かわされた!?」
マリー
ロリアー!
GM
失敗! 痛い! 【覚醒】もない!

すばやくなった勇者アレンはロリアの攻撃をかわし、雷をまとった聖剣で斬りつけてきます! ロリアさんは【反撃ダメージ】と【ST】−4を受けます!

まず【反撃ダメージ】は10+理力3! 装甲2+盾2+槍1+グレートウォール4で無属性分を9点防いで、計4ダメージ!
ロリア
【LIFE】8→4 になりました。

次に【ST】−4の処理で、【ST】1しかなかったので【ST】は0に、【ST】−3超過分で【LIFE】−6を受け、【LIFE】4→−2 になりました。

死亡!
◆【ST】超過時の処理について

 【ST】が0未満になった場合、超過した【ST】1あたり【LIFE】2減少してしまいます。ちなみに、【ST】が足りなくても【LIFE】を消費してスキルを使用することが可能です。
 
GM
ロリア、【LIFE】−2にてダウーーン!
ロリア
チーン。
GM
ロリアは勇者の激しい攻撃を受け、とうとう倒れてしまいました!
倒れ方は自由に演出してください。3回やってきて初の死者だ!
ロリア
「ぐぅ、腐っても勇者、でしたか……。すみませんみな、さん……」

パタン。槍の攻撃をかわされ、背中にもろに攻撃を受けて倒れます。

(【ST】減少で死ぬと、気力を振り絞って最後の言葉残せる感じがでていいですね)
マリー
「ロリア!? くっ、よくも……!」

倒れたロリアに今すぐ駆け寄りたいところですが、目の前のアレンがそれを許してはくれないでしょう。
GM
レイン「師匠!! ロリアさんがー!!」
クスクル
「ロリア!? おのれー、ボクの大事な親友をー!!」

【ST】2しかないけど、貫通射(【ST】−3)つかってもいいんですよね?
GM
はい! 足りない分は【ST】1あたり【LIFE】−2で支払えます。
クスクル
「ならば、貴様の大事なナニ(意味深)を狙い撃ってやるよー!」

【ST】2→0、【LIFE】13→11、【貫通射】使用!
2D6+6>=11 攻撃判定(【敏捷】・弓)!
   (コロコロ…) ダイス (6+6) + 6 18  スペシャル!
GM
ブーッ。
クスクル
「この主人公力!」
GM
クスクルさん、怒りのクリティカル!!
っていうか2回連続クリティカルとかなんなの!
ロリア
やだこのタヌキ、今日のダイス運すごい。圧巻だわ……。
マリー
なんなんだこれ……!
GM
次、マリーさんの攻撃どうぞ!
マリー
2D6+5>=11 攻撃判定(筋力)!
   (コロコロ…) ダイス (2+5) + 5 12  +1成功!
GM
お、攻撃判定、決めた! ここで足りたとはさすがです。
クスクル
(微妙に危なかったね……)
GM
ではマリーとクスクルはダメージを算出してください!
クスクル
8D6+1+9+3【軍用剛弓】で攻撃!
   (コロコロ…) ダイス (1+6+4+3+5+4+2+4) + 10 39 ダメージ!
GM
クスクルとレインとの同時攻撃で39ダメージ!

レイン「師匠ー! すごすぎるよ師匠−!!」
クスクル
ずががががががががー。
GM
アレンの体をクスクルたちの強烈な矢が貫きます!

アレン「ぐあああああああ!」
クスクル
体? いやいや、ある一部を強烈な矢が貫くよー!
GM
(どこかは聞かない)アレンの【LIFE】、残り6! 次、マリーさんのダメージ!
マリー
なんかもうもってかれる感すごいけど! ふります!

2D6 【ベルセルク】分   (コロコロ…) ダイス (5+1) 6 ダメージ!
2D6+1+3+7+2【鋭い耳長の細い剣】で攻撃!
   (コロコロ…) ダイス (1+2) + 11 14 ダメージ!

(最後で出目1+2とかオチがついてる!)
ロリア
(最後の最後で決心が少し鈍ったということで)
クスクル
(まだ、ちょっとだけアレンのことを信じてるマリーであった、みたいな)
GM
それでもマリーの最後の一撃がアレンに合計20ダメージを与えます!
マリー
「『強さ』があなたの『正しさ』だというのなら……! わたくしは、あなたより強いことを証明してみせる! わたくしが『正しい』ことを証明してさしあげますわ……!」

と、アレンの右腕を切り落とすように切り込みます。
GM
マリーの最後の一撃はアレンの右腕を斬り飛ばします! ズバァッ!
ロリア
最後の一撃は、せつない。
GM
これで撃破! アレンは14ダメージくらいオーバーキルされて倒されました!
勇者アレンはその最後の一撃を受けてひざをつきます!

戦闘終了! おめでとうございます、皆さんの勝利です!

切り落とされた右手が地面に落ちると同時に、その手にあった勇者アレンの剣はパキーンと折れてしまいます。それはカレドヴルフと呼ばれる聖剣でした。

 
 
マリー
「……なんで、あなたは、人をやめてしまったんですの、それだけの力がありながら……」
GM
アレン「分かっていたんだ……君が魔王じゃないことくらい……」
マリー
「……」(無言で聞いています)
GM
体中から血を流しながら、アレンは続けます。

アレン「でも、希望がなかったんだ……婚約者とは会えない……魔王もいない……倒すべき敵は強大すぎて何もできない……元の世界にも戻れない……」

アレン「最後に、君の名前を教えてくれないか……」
クスクル
「クスクルだよー、そしてそこに転がってるのがロリアだよー」(怒)
GM
アレン「そっちじゃないよー!」
クスクル
「えーーーー!?」
マリー
「……あなたも、苦しんだんですのね」

「わたくしは……わたくしの名前は、マリー。ローズマリー・アルタールランディカエル」
GM
アレン「そうか……いい名前だ、ありがとう……」

アレン「コリーナという女性に会ったら伝えてくれ……僕は別に愛する人を見つけたから……もう、かえらない、と……」
マリー
「(……アレン……)」
GM
ドサァッ……勇者アレンは地面に突っ伏して、動かなくなりました。
彼の周りに、血だまりが広がっていきます。
マリー
「コリーナ……わかりましたわ。あなたの苦しみが……これで終わりますよう」

最後のトドメをさします。
GM
もう死んでる! けどアレンはマリーのトドメで安らかに眠ります!
クスクル
死んでるけどトドメを刺す。
マリー
本当に死んでるかとか、ほら、実際はすごい調べないとわからないじゃないですか!!
GM
それが戦士たるマリーなりの優しさ! ドスッ。

 
 
GM
では、ドロップアイテム取得です! マリーさんは【折れた聖剣】をゲットします。
アイテム【折れた聖剣】

 折れた聖剣の一部。武器としては使えないが、腕のいい鍛冶屋に渡せば打ち直してくれるかもしれない。フラグアイテム。
 
クスクル
ナニを?
ロリア
ナニを。
GM
【折れた聖剣】ってそういう意味じゃないです。
マリー
流れがさっきから不健全な方向に突き進んでいるのですがー!?
GM
まあラスボスが全裸……だし……。
マリー
酷い……ほんとひどい……(顔を手で覆う)。

「形見……というには、少し感情が違いますけれど」

というわけで折れた聖剣を入手します!
GM
はい! ではこれで今回の冒険は終わりです!

今回ロリアという初犠牲者が出てしまいましたが、なんとか勝利です! お疲れ様でした!
マリー
ロリアちゃん守れなかった! ごめんなさいいいい!!

 
 
GM
さて、闇が迫ってきている中、急に空中からポンと袋が現れ、地面に落ちます。
袋にはシースと書かれています。
クスクル
「くっシースまでこんな姿になってしまったのか!」
マリー
「いや多分これに道具をしまいなさいとかそういうことなのではなくって?!」
GM
「これを飲んでください、そうすれば魂の痛みをやわらげられるはずです」と紙が一枚。

中にはなんかアンプルっぽいのが何本か入ってます。
クスクル
「知ってる、これあぶない薬だー」
GM
レイン「だよねー!?」

イーリス「うわあ」

飲みますか? 飲みますよね?
クスクル
「たぶん『闇に吹き飛ばされる痛みをやわらげる』の間違いだよね」
ロリア
一気に怪しい薬に。
マリー
一気にゴクゴク!!
ロリア
手に取ろうとしても、スカスカと手が空を切ります。ああー魂削れるぅぅぅぅ!
マリー
ロリアちゃんの口に注いであげたいところですが、もう離れちゃってますもんね。魂が削げたあとだー!
◆死亡について

 『片道勇者TRPG』ではPCの【LIFE】が0以下になると死亡してしまうものの、幽霊になってプレイを続行できます。ルール上はPCは他のPCの幽霊を知覚できますし、話も可能ということになっています。なるべく退屈しないための配慮ですね!

 せっかくなのでここでご紹介しておきますと、幽霊の特徴は以下の通りです。

 ・判定や攻撃、クエスト公開はできなくなります。
 ・生存者の判定に「協力」(【好意】分だけ能力値を加算)することができます。
 ・生前に持っていたアイテムと【所持金】を持ち続けることができ、他PCに渡すことができます。幽霊が新たに受け取ったり使うことはできません。
 ・昼イベントは無視されます。夜行動は「進行」(移動)のみ可能です。
 ・「交流」の目標になることができます。つまり、生存者側から幽霊と話をして【好意】を深められるのです!
 
GM
レイン「とりあえずよく分からないから飲む! グビッ」
マリー
「こういうのは怖がるから怖いのですわ! ゴクゴクッ」 一気飲み!
クスクル
「あれ? みんな飲んじゃうの? じゃぁ飲むー」
GM
飲むと、皆さんの魂は体と分離してしまいます。
ロリア
フワー。
マリー
これ簡単に言うと毒薬だー!
GM
では、皆さんは自分の体を眼下に眺めながら、闇は迫り……。

そして辺りは漆黒に包まれました。
マリー
「あれ、わたくし……これ、死……?」
クスクル
「やぁロリアの仇はとっておいたよー」
ロリア
「はい、皆さんの活躍は霊体になった状態で見ていました、ありがとうございます」
GM
その後、皆さんの体はあの巨大な何かにつぶされてしまったのでしょうけれど、おかげで魂への痛みは最小限で済みました。ロリア以外は……。
クスクル
たぶん、飲まないと魂ポイントが減っちゃうんだよね。怖い怖い。
ロリア
どちらにしても減るには減るけど、飲めば軽減される的な。
GM
そうですね。痛みで死んだりすると魂の気力が大幅に削がれて【魂P】が2点も減ります。

さて、こうして皆さんの体は、少しの間だけ魂の里へ帰ります。もっとも、すぐに『闇』によって同じ世界に引き戻されてしまうのでしょうけれど……。
ロリア
絶望しかない!
マリー
絶望だー!
GM
希望のない世界で、これからあなたがたは何を見るのか……それは次回のお楽しみです。

− 第3話 終 −

終わりに

GM
ということでお疲れ様でした!
一同
お疲れ様でしたー!
クスクル
クエスト達成、ぱっぱら〜♪
GM
皆さんは魂の世界に帰ってきました! ちょっとだけ後処理やりますねー。

まず【魂P】の減少値を算出します!
◆『魂』ポイントの減り方
 ・スタート地点で死ぬ → ±0P
 ・世界の果てでシースの助けを借りて死ぬ → −1P
 ・道中で死を迎える(シースの助けなし) → −2P
 ・味方に殺される → 追加で−1Pする。
 
GM
マリーさんとクスクルさんは世界の果てでシースの助けを借りて死んだので【魂P】が6→5点になります!

ロリアさんはシースの助けなしで死んじゃったので2点減って【魂P】は4点になりました。キャラシートのどこかに書いておいてください。
マリー
はーい!
GM
なんとか味方に殺されることもなく無事に終わりましたね。クスクルとか2D6ダメージ即死圏内だったし! (まあそのとき用のレインだったんですけれど)
ロリア
レインいなければ思いっきり合流時にふたりとも斬るつもりだったのになー(外道)。

今回のセッションだと果てまで合流しなかったけど!

 
 
GM
次にクエスト報酬! マリーからいきまーす。
マリー
わー!
マリー:【伝説P】20 + クラス【勇者】をアンロック + 【魂P】1点アップ
 
GM
アレン「名前の長かった耳長の君。僕の力、大事に使ってくれよ……」

マリーは壊れた勇者アレンの魂と一体となり、クラス【勇者】の力に目覚めます。

あとボーナスとして、【魂P】を+1してください! 勇者アレンの魂は破壊されてしまったので一部をマリーが吸収してしまいます。マリーの【魂P】は5→6に戻ります。
マリー
魂回復!

これでマリーはコリーナさんへの愛も継承してしまうんですね!?
GM
そこまでは言ってないですよ!? けれど、勇者アレンはもう転生できません、あれが【魂P】が0になった人の末路です。

 
 
GM
次、クスクルさん!
クスクル
はいはーい。
クスクル:【伝説P】50 + アイテム【魂の絆:狩人レイン】を得る (レインからの【好意】1以上なら)
 
GM
レイン「師匠、私の魂、あずけるね……たぶん決戦のときに手伝えるから!」

とのことです。この魂は次元倉庫に入れることができ、ストーリー進行のフラグになったり、後々特典があります。アイテム【魂の絆:狩人レイン】を獲得!
アイテム【魂の絆:狩人レイン】
 最終クエストを解放するためのフラグアイテム。次元倉庫に入れておくと決戦時に特典がある。このアイテムは次元倉庫の枠を消費しない。
 
GM
【魂の絆】アイテムは次元倉庫のカウント外とします! もう二度と出さないですからね、これ。
クスクル
ふむふむ、次元倉庫の枠を消費しないんだね。助かるー。
ロリア
伝説の武器が倉庫に眠る感じなのを想像してしまった……。

 
 
GM
最後、ロリアです!
ロリア:【伝説P】50 + この世界の闇、『ヨルムンガンド』の基本能力値だけ判明(攻撃方法は不明) + クエスト『決死の威力偵察』アンロック
 
GM
ロリアは『闇』と繋がったことにより、そのおおまかな基本能力と、それの名前を知ることができます。

『闇』の名はヨルムンガンド。どこぞの神話から、「世界を監視する者」的な感じで人々にそう呼ばれるようになりました。基本能力や設定は以下の通りです。
モンスター【ヨルムンガンド(闇)】
 【LIFE】500 装甲30 理力耐性25  ※攻撃方法や他の特徴は現段階では不明

・ヨルムンガンド自体も転生者で、ループの記憶は維持されている。PCたちの復活直後を的確に狙ってくるので、犠牲なしで出発するのは困難。

・半獣人など、闇の影響を色濃く受けている者を一時的に操れる。でも感覚的に1人あたり1回が限度っぽかったのでロリアは安心してよい。

・ヨルムンガンドは何らかの方法で異世界から勇者候補を見つけ出しているらしい。
 
ロリア
うわー。
マリー
スタート時にPCが1人減る理由も書いてる! なるほど!
GM
なお「理力耐性」には「火炎耐性」は含まれません。火炎属性の武器は本キャンペーンにおいて最終兵器になりえます。

ロリアさんなに第1話で決戦武器作ってるんですか!
マリー
いやーほんとですよね。
ロリア
「火炎」武器やったぜ、装甲も無視できるし! 壊れたら泣きそう。
GM
いちおう炎の聖剣なんかも用意されてますからね!

次、【伝説P】算出します!
【ロリアの伝説P】 計95P
 レベル:8 →20P
 所持金:1001シルバ →10P
 経過日数:3日 → 3P
 獲得好意:2P → 2P
 世界の果て:○ →10P
 終末の狼を倒した:× → 0P
 クエスト達成:○ →50P
 
【クスクルの伝説P】 計101P
 レベル:9 →25P
 所持金:1001シルバ → 10P
 経過日数:3日 →3P
 獲得好意:3P →3P
 世界の果て:○ →10P
 終末の狼を倒した:× → 0P
 クエスト達成:○ →50P
 
【マリーの伝説P】 計70P
 レベル:7 →20P
 所持金:2248シルバ →15P
 経過日数:3日 → 3P
 獲得好意:2P → 2P
 世界の果て:○ →10P
 終末の狼を倒した:× → 0P
 クエスト達成:○ →20P
 
GM
ということで、各々成長しておいてくださーい。
マリー
「次元倉庫4つ目」に拡張:40点消費 
 【伝説P】は80→40Pへ!

次元倉庫には、【鋭い耳長の細い剣】 【スケイルシールド】 【チェインクロス】 【折れた聖剣】 を投げ入れます。
クスクル
「特徴枠3つ」に拡張:80点消費
「次元倉庫3つ」に拡張:20点消費
 【伝説P】は137→37Pへ。

次元倉庫には【堅固な騎士のコート】【軍用剛弓】【狩人の弓】を入れます。
GM
おお、やっとクスクルさんの特徴枠がみんなに追いついた! というか特徴枠なくてもクスクルさん異常に強い!
クスクル
ダイス目が良かっただけですよ、慢心ダメ絶対。
マリー
ほとんどギリギリセーフでしたもんね あの運命力はすごい。
ロリア
「特徴枠4つ」に拡張:80点消費
 【伝説P】は131→51Pへ。

次元倉庫には【火炎のシルバーランス】と【騎士のコート】を放り込みます。特徴枠取り切ったぞー。

- 最後の話

GM
さて、今回最後の演出タイムです!
魂の世界にて、皆さんはシースと再会できます!

シースはいつのまにか何周もしたようで、再び次元倉庫にアイテムを入れてくれつつ、4人にいろいろ情報を教えてくれます。

シース 「皆さん、おかえりなさい……こちらはいろいろと大変でした……」
クスクル
「ふ、袋が喋ったぁぁぁー!」

おや? 袋じゃない? 袋じゃなかったよ。
GM
大丈夫です、人間です。というかあんまり心配されてないシース……。

シース「私が調べた様子では、この世界は人々から『監獄世界』と呼ばれているようです」

シース「記憶を残したまま何度も何度も絶望を与え、魂が壊れるまで、責め苦と絶望、そして不信を与えられ続ける場所、だそうです……」
クスクル
「ボクは通りすがりのアライグマなのになー」
GM
シース「この世界にいるのは、多くの人々が転生者です。そして、勇者として世界を救った人や、世界を救う大きな要因となった人が、この世界に集められているそうです……」
マリー
「なんでそんなことを……」
GM
シース「そうすることで、本来私たちがいた世界を誰かの望み通りにするため……じゃないでしょうか……」
マリー
「誰かの、望み……アレンなんて、結局魔王に出会えなかったのに……!」
GM
実際、原作ゲームでNPCが誰も世界を救えなかった背景の1つとしてこのTRPGワールドがあります!

でもアレンさんなんでこの世界に引っ張られたんだ!
ロリア
要因となったんだきっと……。
マリー
魔王以外の何かから世界を救ったんですね!!
GM
シース「何の脅威にもならない人でも……世界を救う可能性があればこの世界に引き寄せられてしまうはずです……そう、鍛冶屋さんも……」
ロリア
きれいに設定盛った瞬間。
マリー
「なるほど……アレンは確かに腕はたしかでしたし、鍛冶屋のおじさんもそうでしたわ」
クスクル
「それで、結局どうすればいいの?」
GM
シース「この世界に私たちを縛り付けているのはあの『闇』……ヨルムンガンドと呼ばれている存在です。力を合わせ、倒すことができればこの世界から脱出できるのではないでしょうか……たぶん」
ロリア
「しかしヨルムンガンドは強大です、今の私達ではとても……」
クスクル
「それで、どうしたら倒せるの?」
GM
シース「まだ分かりません……私も、なんとか探しているところです……すぐやられてしまっていますけれど」

ということで、それを探していくのが今後のミッションです!
マリー
「……『魂』が燃え続ける限り、戦いますわ。それがまだ『魂』の生きている、わたくしたちの義務ですわ」
GM
シース「はい、がんばってください、皆さん……魂が生き続ける限り……」
クスクル
「んー、まぁ、この人たちだけだと心もとないからなぁー」
GM
ちなみに、具体的には【魂の絆】アイテムを4つ以上集めると「倒す方法を探そうクエスト」が現れます!
マリー
わあ! 具体的!
GM
【魂の絆】は今回のレインで一個目です。ランダムで拾ったりもします。
マリー
ランダム。

また半獣のヒロインを拾うんですかロリアさん!
GM
出目次第ではそういう話もあるでしょう!

ということで、また倫理感やリソースをはかりにかけて人助けしていく展開も発生しますよ。お楽しみに!

 
 
GM
うーん今回もいいプレイでした。割とまじめだった(最後以外)。
マリー
ええ、そうですね(ゼヌーラから全力で目を逸らしつつ)。
クスクル
うん、かなり真面目だった!
どこから見ても真面目だった!
すごーく真面目だった!
GM
そうだね、真面目だったね……!

(おかしい、勇者が最善を尽くせばああならざるを得ないのに……)
クスクル
特徴【エッチな】を使ってないのに常にジャッジがエッチだった……どうしよう……。

もう要らないんじゃないかな……。
GM
う、うん……。
マリー
そして【勇者】より【剣士】のほうが強い気がしてしまっている現在。
GM
【剣士】は攻防共にバランス良く強いんですが、レベル8〜10まで行く場合は【勇者】の方が攻撃力的には強くなりそうですね。あと【勇者】は序盤から成長早いので、最初から最後までまんべんなく活躍できる点も強そう。
マリー
【ベルセルク】がないのが火力ダウンなのと。

あとなにより、【ゼヌーラ】を使った瞬間どんなシリアスシーンもギャグになるところがネックですね!
GM
出目に左右されないという意味では実はマリーさん的には【ゼヌーラ】も悪くないですよ!
マリー
でも、どんどん敵が強くなるにつれ装甲も大事になってくることを考えると【ゼヌーラ】の火力とデメリットが……ぬううう……!
GM
そうなんですよねー、鎧が着られなくなるのが痛い! いちおう、装甲1点分だけなら【盾の訓練】でカバーできますよ。【ゼヌーラ】を使っても追加装備は外れないですからね。
マリー
あ、【ゼヌーラ】しても盾はオッケーなのか! ならいけ……る……!

あとは成人女性が全裸っていうのはどうしてもウフンアハン要素が強くなりがちなので、それをどうカヴァーするか、ですね!
GM
女性ゼヌーラはヤバい! 髪がすごく伸びて「ヴィーナスの誕生」の絵みたいに色々隠せるとか? (あれあんまり隠せてない気もするけど)
マリー
あっ強い。触手みたいに要所要所隠せるゼヌーラ!

じゃあこうキリがいいので(?)、次から勇者でいってみます!
GM
はい、もしよろしければぜひ!

では皆さん、本日もありがとうございましたー!
一同
お疲れ様でしたー!
◆おまけ 人物ランダム表

 種族・年齢・性別、それぞれサイコロを振り、登場した人物をランダムで決定する表です。意外と使いどころがあります。

【種族】 1D6を振る
 1:人間  2:人間  3:人間  4:耳長人  5:半獣人  6:獣人

【年齢】 1D6を振る
 1:幼い子供  2:少年少女  3:青年  4:大人  5:中年  6:老人

【性別】 1D6の偶数、奇数で決める
 1・3・5(奇数):男性  2・4・6(偶数):女性
 

 
 
 『監獄世界』で繰り広げられる先の見えない戦い。それでも4人は戦い続けます……。

 次回はロリア、クスクル、ワイズマンの3人の冒険です。お楽しみに!

 
 
ワイズマンからCMコーナー

 ぬうう……大活躍するつもりが……。
 前回かわいらしい小動物が紹介していた「片道勇者プラス」を徹夜で遊んでいたら不覚をとってしまったが、次回こそはこうはいかんぞ。

 なに、なんだって?今回登場したレイン嬢は「片道勇者」の登場人物と深い因縁がある?
 それは「片道勇者開発記」に記されたエピソードを読めばわかるだと?
 それ以外にも片道勇者はどんな想いで生み出されたのかが細かく書かれている?
 更にはゲームのデータ1個1個に作者のコメントまで付いているだって!?

 わかったわかった。次回までに目を通しておこう。
 情報こそは最高の武器である! →

片道勇者開発記
 

 
 
もし面白かったら、ぜひこのリプレイを紹介してもらえるとうれしいです!→ ツイート

拍手だけでも大歓迎! → web拍手 by FC2
 

 
 
 
続きはこちらから! → 第4話『王女と獣』へ